30歳夫婦がしたいことリストを書いて共有した結果

やりたいことリストとは、各々が自分がやりたいこと、やってみたいと思うことを箇条書きにして書き出していくものです。

やりたいことリストを書くことで自分の価値観が鮮明になってくるというメリットがあります。

今回、30歳の同い年夫婦がお互いやりたいことリストを100個書き出してみました。その後、お互いのやりたいことリストを共有してみたのですが、相手の将来やりたいことを知る機会になってすごくよかったので、おすすめしたいと思います。

やりたいことリストとは?

まずはやりたいことリストについてご紹介します。

英語では、バケットリスト、あるいはウィッシュリストとも呼ばれています。

映画「最高の人生の見つけ方」「死ぬまでにしたい10のこと」などで、やりたいことリストがメインのテーマとして取り上げられたので、それで知ったという人もいるかもしれません。

どちらの映画も、残りの自分の人生をよりよく生きたいという気持ちを原動力として、やりたいことリストを書き出し、それをどんどん実現していくというストーリーです。

やりたいことに気づくきっかけに

忙しい現代社会、私たちは日々時間に追われる中で、なかなか自分と向き合う時間が取れないですよね。

ふと立ち止まってみると、自分はそもそも何がやりたかったのか?今やっていることは本当にやりたいことなのか?と疑問を抱いたり、やりたかったことや人生の目的などをすっかり見失ってしまっている、ということも少なくありません。

もしこちらをご覧の方が、少し迷いがあるのなら、やりたいことリストを書き出すことで自分の気持ちに気づくきっかけになるかもしれません。

30歳夫婦が人生でやりたいことリストを書いてみた

私自身は、3年前からやりたいことリストをノートに書いています。

この歳でやりたいことリストを書くことは、じつはちょっとこっぱずかしいところがあるんですよね。20歳とか若い時期ならまだしも三十路でやるのはちょっと青臭いかなーという気持ちもあったのですが、誰に見せるわけでもないですし、書くことで何か困ったことが起こるということでもないので書きました。

私の書いたやりたいことリストは、ものすごくざっくりしたことから細かいことまで、すごくばらつきがあるのですが、特にルールはないので好きに書いてきました。

結果としては、2年くらいが経ち、意外と書いたことが実現していました。正直、書いたことすら忘れているようなものもありましたが、いつの間にか脳が覚えていたのか、しっかりとやっていたんです。もちろん、すべてではないものの、実現できていたことはちょっと不思議でした。

そんな姿に影響を受けたのか、夫も「俺も書いてみようかな」と言ってくれました。こういうことをするのは柄じゃないので珍しいなと思ったんですが、嬉しい気持ちの方が大きかったです。

私はノートに、夫はパソコンで

私は、紙とボールペンを使っています。表紙に「やりたいことリスト」と書いたお気に入りのノートを使い、中に1つ1つ、やりたいことをナンバリングしながら書いています。今は130個くらいになりました。

夫はスプレッドシートのほうが管理がしやすいということでパソコンに向かって黙々と書き連ねていました。ただ、30個くらい書いたところで行き詰まってしまったようでした。なかなか100個書くのって難しいんですよね。

でも、思いつかなくなったくらいから、自分が本当にやりたかったことが出てきたりするので、こちらをご覧の方もぜひ振り絞って100個を目標に書いてみてください。

お互いのやりたいことリストを見てみた

人によりますが、やりたいことリストは基本的には自分しか見ません。しかし、今回はせっかくなので夫婦でお互いのやりたいことリストを見せっこしてみました。

これが結構よかったです。何がいいかっていうと、相手の素直な気持ちを知ることができたことです。

普段、夫婦で真剣に将来の話をすることはなかなかないと思いますし、話し合いとなるとどうしても、言いたいことをストレートに言うことをためらってしまったり、相手の様子を見て言葉を変えてしまったりします。

でも、今回は自分のために書いた自分だけのやりたいことリストだったので、それを見せてもらって「日頃はこう言っているけど、実際にはこういうふうに考えてたんだなぁ」などと知ることができました。

夫が将来やりたいことがすごくダイレクトに伝わってきたし、中には「夫婦一緒に100歳まで生きる」とか(笑)、嬉しくなるようなことも書いてあって気持ちがほっこりしました。

共有するのもいいかも

やりたいことリストを誰かと見せあったりすることって、あまりないと思うので、ちょっと勇気がいると思うんですが、もしできるなら家族や恋人と、やりたいことリストを見せ合うことはすごく良いなと思いました。

夫婦は毎日一緒に暮らしていても、率直に話し合う機会はなかなかないですし、やりたいことリストを共有することで改めて2人がどんな人生を歩んでいきたいのかを知ることができます。将来の見通しをすり合わせできるので、おすすめしたいなと思いました。

やりたいことリストについて、もし興味を持った方はぜひやってみてくださいね。

【名作映画を無料で観よう】

前半でご紹介した、バケットリストをテーマにした映画

  • 「最高の人生の見つけ方」
  • 「死ぬまでにしたい10のこと」

は名作中の名作で、休みの日にご夫婦でまったりと観たい映画です。余命わずかの主人公たちの人生をなぞることで、自分たちの人生をどう生きたいのか?改めて考えさせられる作品だと思います。

ちなみにご紹介した2本はアマゾンプライム会員の人は無料で観ることができます。アマゾンプライムについて少し説明すると、月額500円で翌日配送のお急ぎ便が使えたり、対象の映画やドラマ、書籍を観たり読んだりできる快適で便利なサービスです。

Amazonレンタルする場合は1本300円〜400円なので、1本だけならレンタルの方が良いですが、もし2本観るなら月額500円の会員になった方がお得です。

まだ会員でない方は30日間無料体験のリンクを貼っておくので、もしよければ詳細を見てみてくださいね。

アマゾンプライム30日間無料体験の詳細はこちら

今回も最後までご覧いただきありがとございました。こちらの記事が誰かの役に立てば嬉しいです。