インターコンチネンタルホテル東京クラブラウンジのアフタヌーンティーを体験してきました!

みなさんこんにちは!

先日、ANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブフロアに宿泊してきました。

クラブラウンジの評判が良いことで知られる5つ星ホテルですが、期待通りの素晴らしい体験となりました。

今回は、アフタヌーンティーについてレポートしたいと思います。

これからインターコンチネンタル東京のクラブラウンジに行こうかなと検討されている方は、ぜひ参考にされてみてください!

それでは早速参りましょう〜。

*こちらもどうぞ!*

〈2022〉インターコンチネンタルホテル東京クラブラウンジのカクテルタイムをレポ!

インターコンチネンタルホテル東京クラブラウンジ・ハイフロア宿泊レポ【お部屋編】

インターコンチネンタルホテル東京のクラブラウンジとは?

ANAインターコンチネンタルホテル東京は、赤坂・六本木エリアにある5つ星ホテルです。

高級ホテルとして名高いですが、600平方メートルと都内でも有数の広さを誇るクラブラウンジはかなりの評判。

接客レベルも高く、提供されるお酒やお料理もクオリティが高い、との口コミが多数上がっています。

そんなクラブラウンジで今回、アフタヌーンティーとカクテルタイムを体験してきました。

実際のところどうだったのか?ご紹介します。

クラブラウンジのタイムスケジュール

タイムスケジュールはこちらの通り。

クラブラウンジ営業時間
6:30~21:30

朝食
7:00~11:00

アフタヌーンティー
14:00~16:00

イブニングカクテル
17:30~19:30

※時間は変更される場合がありますので、事前に公式サイトでご確認ください。

アフタヌーンティーを体験してきました!詳細レポ

この日は、15時にチェックインだったので、ホテルに到着してお部屋で少しくつろいだ後、そのままアフタヌーンティーへと向かいました。

スタッフの方の接客も素晴らしく、美味しいスイーツとドリンクを味わえて最高の体験でした。

詳細をレポートします!

クラブラウンジの様子

まずは35階にあるクラブラウンジへとエレベーターで向かいます。

クラブフロアに宿泊している人は、カードキーをかざすと35階のボタンを押せるようになっています。

エレベーターは4基あったので、混雑時でもスムーズに移動できますね。

このエレベーター、高層階への移動もめちゃくちゃ速かったです。

インターコンチネンタルホテルのラウンジ入り口です。消毒液と検温機があります。

入室するとスタッフの方から部屋番号と名前を尋ねられ、確認が済むと席へと案内してくれます。

「ダイニング側の席もありますが、半個室もございます」

とのご案内だったので、半個室を選びました。

こちらからは唯一スカイツリーが見えるとのことで嬉しいサービスでした。

私の席からの眺望はこんな感じでした。地上35階なので景色がひらけていて気持ちが良いですね。都内のど真ん中でこの眺望はなかなか体験できないと思います。

奥にあるピラミッドのようなものは国会議事堂、その奥にある緑の一帯が皇居です。

ドリンクメニュー

席に着いたらまずはドリンクを選びます。

こちらがオールデイビバレッジのメニュー。

クラブラウンジの営業時間中なら、いつでもオーダーできる飲み物ということですね。

コーヒーや紅茶、ソフトドリンクなど30種類以上の中から好きなものをいただけます。

ラウンジにいつ行ってもこれだけの飲み物をサーブしてくれるのだからすごいです。

私はホットチョコレートを、主人はロンネフェルト社のアールグレイをストレートでオーダーしました。

軽食&スイーツプレート

ドリンクと同じくらいのタイミングで、スイーツと軽食のプレートが運ばれてきました。

内容はこちらの通り。

  • いちごとホワイトチョコレートのスコーン
  • 3種のサンドイッチ(ツナサンド、ワカモーレ、ハムとトマト)
  • ブラウニー
  • フルーツのタルト
  • イチゴのシュークリーム
  • チョコレート
  • 和菓子(笹団子)

どれもすごく美味しかったです。

それぞれは小さくて可愛らしいサイズですが、全部を食べ終わる頃には結構お腹に溜まっていました。

私たちは食べ過ぎてしまったのですが、この後カクテルタイムがあることを考えると、抑えめにしておくことをおすすめします。笑

そのほかのラインナップ

提供されるスイーツのプレート以外にも、簡単なお菓子が用意されています。こちらはセルフなのでご自由に取って行って構いません。

  • チョコクッキー
  • プレーンクッキー
  • チョコ
  • クラッカー
  • 金平糖

などがありました。

お茶をメインに楽しむ場所なので、お茶菓子は控えめなラインナップですね。

また、写真の右サイドには冷蔵庫があり、その中に常時ソフトドリンクが用意されています。

ジュースや炭酸水など冷えた飲み物が入っており、自由に取っていってOKなので、もしゆっくり過ごされるのであれば、ドリンクやお菓子をセルフで用意すると良いと思います。

まとめ

国会議事堂を見ながらアフタヌーンティー、なんて数年前までは想像もしていなかったので、こんな状況になっていることが本当に贅沢で幸せでした。

インターコンチネンタルホテル東京のクラブラウンジのアフタヌーンティーでは、スイーツのクオリティも高く、飲み物も数十種類用意されていて充実しています。

スタッフさんの接客もレベルが高いと感じました。細かな心遣いに感謝です。

みなさんも、もし行こうか迷われているのであればぜひおすすめしたいです。

とても素敵な時間を過ごせると思いますよ。

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事がどなたかの役に立てば嬉しいです。

また次の記事でお会いしましょう!

インターコンチネンタルホテル東京の他の記事はこちら

自宅でホテル気分を味わいたい方へ

ANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブラウンジでも採用されているロンネフェルト社の紅茶をご紹介いたします。

ロンネフェルト(Ronnefeldt)は1823年に設立された歴史あるドイツの紅茶メーカーです。高級ホテルにも採用され、また、ヨーロッパの多くの人たちに愛されているブランドです。

私もアッサムを頂きましたが、香りが豊かでとても美味しかったです。

リンクを貼っておくので、気になった方は詳細を見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA