インターコンチネンタルホテル東京クラブラウンジ・ハイフロア宿泊レポ【お部屋編】

みなさんこんにちは!

先日、ANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブラウンジ付きフロアに宿泊してきました。

上質な空間で、最高に贅沢な過ごし方をさせていただき本当に楽しかったです。

今回は、そんなホテルのお部屋について詳細にレポートしていきたいと思います。

これからインターコンチネンタルホテル東京に泊まってみようかとお考え中の方は、ぜひ参考にされてみてください。

それではいきましょう!

*こちらもどうぞ*

〈2022〉インターコンチネンタルホテル東京クラブラウンジのカクテルタイムをレポ!

インターコンチネンタルホテル東京クラブラウンジ・アフタヌーンティー編

ANAインターコンチネンタルホテル東京について

ANAインターコンチネンタルホテル東京は、赤坂、六本木エリアにある5つ星ホテルです。

すぐそばに皇居や国会議事堂があるような東京のど真ん中にあります。

主にビジネス利用の客層がメインで周囲には5つ星ホテルが立ち並びます。

東京タワーや銀座へのアクセスも良いので観光目的での利用にも便利。

テレビ局も近いので芸能人がよく利用するホテルとしても知られています。噂によるとモデルさんやジャニーズ系の人や政治関係の人とか女優さんとか、ここに行けば誰かには会えるのだとか。笑

私たちは芸能関係に疎いので有名な方は見つけられませんでした。残念!

クラブラウンジについて

クラブラウンジとは、紅茶やコーヒーなどのドリンクや、アルコールを振る舞っていただけるフロアのことです。

基本的には、ホテルの高層階やスイートルームなど限られた部屋に宿泊する人のみがアクセスできます。

インターコンチネンタル東京でクラブラウンジにアクセスできるのは

  • クラブルーム
  • クラブスイート

のお部屋に限定されています。

宿泊したお部屋を隅々までレビュー

今回私たちが宿泊したのは「クラブラウンジアクセス付き クラシック / プレミアム」でした。

32階〜35階の高層階。キングベッドが1つ、バスタブなしのシャワーブースのみのお部屋です。おそらく、クラブラウンジへのアクセス権があるお部屋の中で最もリーズナブルなタイプのお部屋です。

日本の伝統技能である金継ぎをモチーフにデザインされたお部屋で、こだわりが感じられて素敵な空間でした。居心地がとっても良かったです。

隅々までレビューしていきますね。

お部屋全体

お部屋の全体はこんな感じです。

この日は曇りだったので、お部屋の間接照明がオレンジ色に照らされて入った瞬間からすごく雰囲気がありました。

奥はピクチャーウィンドウになっていて、その手前に壁に沿うようにカーブしたソファがあります。

キングサイズのベッドがどどんと置かれています。このベッドが気持ちよかったですね。シーツの肌触りも、ベッドの硬さも、枕の柔らかさも完璧でした。

ちなみに、枕は数種類から好きなものを選べます。そばがらや低反発クッションなどお好きな枕があると思いますので、お部屋に置かれたものが好みじゃなかったらフロントにコールしてみてください。

ベッドの向かい側はこんな感じです。49インチの4Kテレビが壁に埋め込まれてました。

テレビの前には軽く作業ができる丸テーブルにキャスター付きのレザーのワークチェアがあります。その奥のキャビネットには、ホテルのインフォメーションのタブレットが設置されています。インルームダイニングなどはこちらを使用します。

窓際のソファがこんな感じです。金継ぎがテーマなので、それをイメージしたアートが飾られていました。フロアランプのようなかわいいシェードの間接照明は左右に動かすことができます。

部屋の入り口を入ってすぐ右手に荷物置きと全身鏡のついたクローゼット、そしてミニバーがあり、左手に洗面台、お手洗い、シャワーブースがあります。

フロアカーペットはこんな感じ。ここにも金継ぎのモチーフが。随所に金継ぎのモチーフが散りばめられていて素敵でした。

シャワーブース・洗面

高級感のある洗面台。ハンドウォッシュとボディーローションが置いてありました。どちらもナチュラルスキンケアブランドTHANN(タン)のものです。リゾートのような香りがすごくよかった*

どこもピカピカに磨き上げられています。ガラスのコップの隣には、ゴミなどを入れるための陶器がありました。

手前側にトイレです。壁にかけられた絵画にも金継ぎのモチーフがありました。

シャワーブースは広めです。レインシャワーがあるのがよかったです。

私はこれで十分でしたが、主人は「バスタブがあればな」とポツリと言ってましたね。笑

バスタブが欲しい方はもうワンランク上のスイートのお部屋になります。

ベッドサイドから見たらこんな感じです。

曇りガラスになっているので、外からは中の様子ははっきりとは見えません。

事前に情報収集していたときに見つけた画像では透け透けガラスだったんですが、曇りガラスで安心しました。笑

引用:一休

アメニティ

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、どれもTHANNで揃えてありました。

ハンドウォッシュも同じブランドだったので、香りがよくてめちゃくちゃ気分が上がりました。笑

洗面台の引き出しには各種アメニティが揃えてありました。

歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、マウスウォッシュ、綿棒、シャワーキャップなど、 必要なものは一通りあります。

もし他に必要なものがあれば、貸出品にないか確認してみると良いと思います。

私たちは利用しませんでしたが、爪切りや女性用スキンケアセット、ヘアージェルなども貸し出してくれるようですよ。

インターコンチネンタル東京 貸出品

ミニバー

お部屋のテレビの隣にミニバーがあります。

有料にはなりますが、ワインやリキュールなどお酒も充実しています。料金はメニュー表に書いてあるので、お財布と相談ですね。

フリードリンクとしては、ペットボトルのお水のほか、紅茶や烏龍茶、ネスプレッソがあります。

ナルミのティーカップ、こちらも金継ぎをモチーフにしていますよね。オーダーしたんでしょうか、かわいいです。

ネスプレッソのコーヒーメーカー 「イニッシア」があるので、こちらにカプセルを入れてエスプレッソを抽出できます。コーヒーフレッシュやシュガーも完備してありました。

眺望

お部屋からは国会議事堂や皇居が見えました。こちらの写真は翌日の朝撮影したものです。快晴だったので遠くまで見渡すことができました。

お部屋によっては東京タワーが見えるようです。

金庫

クローゼットの中にある引き出し上段に、金庫が備え付けてあります。貴重品はこちらに入れてロックしておけば安心ですね。

ターンダウンでスタッフさんが入室するので、気になる方は活用すると良いと思います。

自動スクリーン

デイブラインドと、ナイトブラインドの2種類があります。

デイブラインドは薄い素材のロールスクリーンで、ナイトブラインドはシャッターのような厚手のものです。

どちらもベッド脇のボタンから自動で操作できます。夜寝る前や朝起きてすぐに、ブラインドを自動で開け閉めできるわけです。便利!

暖房が効いているとはいえ、冬の夜は冷えるので窓から冷気が伝わります。ナイトブラインドがあることで、しっかり冷気がカットされて快適に過ごせました。

まとめ

今回、色々なお祝いを兼ねてANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブフロアに宿泊してきましたが、最高の体験になりました。

クラブラウンジでアフタヌーンティーやカクテルタイムを楽しんだ後、清潔でおしゃれなお部屋でゆっくりと過ごす時間はこれ以上ないくらいに贅沢でした。

日頃頑張っているんですから、たまにはこうした贅沢をするのも良いものですよね。

みなさんも自分へのご褒美にいかがでしょうか?

インターコンチネンタルホテル東京のクラブフロアが気になっているという方は、こちらの情報を参考にしていただけたら嬉しいです。

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた次の記事でお会いしましょう〜。

クラブラウンジ・アフタヌーンティー・カクテルタイムの記事はこちら

自宅でホテル気分を味わいたい方へ

ご自宅で手軽にホテル気分を味わいたい方におすすめしたいのがこちら。

ナチュラルスキンケアブランドTHANN(タン)のボディミルクです。

ANAインターコンチネンタルのクラブフロアにも採用されているものです。

みずみずしく、スパイスの効いた柑橘系のフワッとした香りは、なかなか忘れられないと思います。

香りだけで心が安らぐので、おうち時間のリフレッシュにもなるかと思います。

いくつか香りの種類があるのでもしよければ詳細を見てみてくださいね。


お得に観光・旅行予約するならExpedia!

お得に旅行や観光を楽しむなら

エクスペディア【Expedia】がおすすめです。

国内外のホテルや航空券の予約ができます。

キャンセル無料の施設も多く、頻繁にセールも開催しているので賢く使ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA