ダイソー(Standard Products)のヒノキのまな板をオイルコーティングする

先日、ダイソーの新ブランドスタンダードプロダクツでヒノキのまな板を購入しました。商品説明には、一度洗剤で洗ってからご使用くださいと書いてありますが、木製まな板はオイルコーティングすると良いと聞いたので、今回はオイルでコーティングしてみます。

私と同じく木製まな板初心者さんは、今後のお手入れの参考にぜひご覧ください。

ダイソー(Standard Products)でヒノキのまな板を購入しました

先日、ダイソーの新ブランド「スタンダードプロダクツ」でヒノキのまな板を購入しました。

値段は550円とかなりお手頃で、十分な大きさと厚みがあります。

木製まな板を使うのが初めてなので、まずは勉強と思い購入してみました。お手入れなどを学んでいこうと思います。

手始めに、まず使い始めはオイルコーティングをします。

木製まな板の使い始めはオイルフィニッシュを

オイルフィニッシュ とは、木製製品が長持ちするようにオイルで仕上げること。木製のまな板は、そのまま使うと水が染み込みやすく傷みやすいので、オイルを染み込ませることで長持ちさせるらしいです。

ダイソーのヒノキのまな板の商品説明には、このように書いてありました。

初めて使用する際は、食器用洗剤などで水洗いしてください。

オイルについては特に何も書かれていませんでした。しかし木製まな板を使っている人たちの多くが、オイルフィニッシュすべきと言っているのでやっていきましょう。

オイルフィニッシュの手順

手順はとても簡単で、オイルとキッチンペーパーやウエスを用意して、オイルをまな板に垂らし、キッチンペーパーでなじませるだけ。

オイルとキッチンペーパーを用意します。汚れないようにラップを敷きました。

オイルを垂らして、ふきふき…。

立てかけておきます。室内の風通しの良い場所に置きしっかりと乾燥させましょう。

※注意※ オイルは不乾性油を使おう

私はこのときオリーブオイルを使ったのですが、これはあまりおすすめできないそうです。そもそもオイルには、乾性油、不乾性油、半乾性油の3つの特性があります。

乾性油とは空気中に放っておくと酸化して固まるもの、不乾性油とはその反対で空気に触れさせても乾燥しないものです。半乾性油は、中間の乾燥性をもつものです。

木製製品のオイルフィニッシュ には、乾性油が向いているらしく、不乾性油は不向きとのこと。オリーブオイルは不乾性油だそうです。

乾性油と不乾性油の区分は以下のようになっています。

乾性油

クルミ油、アマニ油、エゴマ油、桐油、グレープシードオイル

不乾性油

オリーブ油、ヒマシ油、椿油

半乾性油

大豆油、ナタネ油、サラダ油、ゴマ油

エゴマ油やアマニ油などはなかなか常備している油ではないと思いますが、健康や美容に良いそうなのでこの機会に購入しておくのも良いですよね。私も次回からは乾性油でメンテナンスしようと思います。

まだ用意されていない方は、評判の良いアマニ油のリンクを貼っておくので、もしよければ詳細を見てみてください。

木製まな板の日常のお手入れについて

使う前に一度水洗いし、清潔な布巾で拭きます。

使い終わったら、たわしと水で洗います。たわしで洗うことで、木目の汚れを綺麗にします。

洗剤を使っても良いけれど、軽く野菜を切るくらいだったらこの方法で問題ないそうです。

まずは水で洗い、ちょっと匂いや汚れが気になるときに洗剤を使うくらいがちょうど良いみたいです。

定期的なお手入れについて

月に1度くらいの頻度で定期的なお手入れをします。

サンドペーパーで包丁の後や角の黒ずみなど気になるところをこすり、綺麗にします。木の削り粉を払いながら、両面しっかりと磨きます。磨き上げたら軽く布巾で拭きます。

そのあとは、水洗い。重曹とたわしでゴシゴシ。

乾いた付近で水気を拭いて、完全に乾くまで風通しの良い室内で干します。直射日光は木が割れや歪みがでる恐れがあるので控えたようが良いそうです。

まとめ

というわけで、木製まな板のお手入れについてご紹介しました。

ダイソーの新ブランド「スタンダードプロダクツ」で購入したヒノキのまな板にオイルコーティングしてみたのですが、オイルを垂らして拭くだけなのでとっても簡単です。

これでまな板を長持ちさせることができるのなら嬉しいですよね。ただ、オイルを間違えてしまったので大丈夫かな?という心配はありますが、今の所は問題なく使用できています。

初めての木製まな板としてこれから勉強していこうと思います。

それでは、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。この記事がどなたかの役に立てば嬉しいです。