オートファジー断食を実践して3ヶ月。体調良好も体重2kg増

最近、16時間断食が話題ですよね。オートファジー ダイエットや8時間食事法、プチ断食などとも言われます。

聞いたことはあるんだけど、実際どうなの?と気になっている人も多いはず。

私自身は約3ヶ月前から16時間断食を実践してきました。そして体調が良くなったり、体重が減ったりと、とても良い効果を実感しています。

今回は、3ヶ月が経過した結果をご紹介します。それではいきましょう。

空腹こそ最強のクスリについて

元になっているのは「空腹こそ最強のクスリ」というベストセラーです。

本書で紹介されているのは、オートファジーという人間本来の機能を用いた健康法です。食事と食事の間を16時間空ける(プチ断食する)ことで、人間本来の自浄作用(オートファジー )が働き、不要なタンパク質を除去し、自分で必要な栄養を作るというものです。

本書では、この食事法により

  • 血圧、血糖値、コレステロール値が正常に戻る
  • クスリを使わず、ガン・認知症・糖尿病を予防・改善できる
  • アレルギーや花粉症からラクになる
  • 慢性的な疲れやだるさが解消される
  • 集中力が伸び、仕事のパフォーマンスが上がる
  • 肌荒れ、便秘、生理不順、PMSが改善する
  • おいしく食べながら、ダイエットに成功できる

これらの効果があるとされています。

私自身は、大幅な体重減少とPMSの改善、慢性的な疲れやだるさが解消されるという効果がありました。

現代人の1日3食は食べ過ぎ?

1食抜くだけでそんなに効果あるの?と思っている方に少し説明しますと、これまで私たちは「1日3食しっかり食べなさい」「朝食をちゃんと食べよう」と教育されてきましたよね。1日3食食べることこそ、健康の秘訣だと。

しかし、実際には現代人はあまりにも生活習慣病など様々な病気に悩まされていると思いませんか?

そもそも、歴史的にみれば日本に1日3食という習慣が持ち込まれたのはつい最近と言えます。江戸時代以前は1日1.5食、江戸時代になっても日本人は朝食を食べず1日2食という生活を送っていたそうです。

食べ過ぎることは、食べなさ過ぎるのと同じくらい負担だと言えます。実際私自身3ヶ月継続していますが、1日2食でちょうど良いと感じています。

断食中はナッツとヨーグルトを食べてOK

16時間断食のやり方は、非常にシンプルです。食事と食事の間を16時間空けるだけ。

例えば、夕食を8時までにとったら、翌朝は朝食を抜き、お昼12時にランチを食べればOK。このように毎日のルーティンに組み込めます。

ちなみに、断食中はヨーグルトとナッツは食べても良いとされています。あとコーヒーなど、カロリーのない飲み物なども摂取して大丈夫です。

つまり、朝食はコーヒーとヨーグルトとナッツに置き換えればOK。これなら続けやすいですよね。お腹が空いたらナッツをつまめば良いのです。

素焼きアーモンド

1つ注意点があって、食べていいナッツは素焼きのものだけです。コンビニなどで売られているおつまみ用のナッツは、塩や油、砂糖が多分に使われているので、これらは断食中に食べることはできません。オートファジー ダイエットの失敗に繋がるので気をつけてくださいね。

我が家ではアーモンド、くるみ、カシューナッツの3種の素焼きナッツを大量にストックしています。リンクを貼っておくので、もしよければ参考にしてみてください。

ちなみに、なぜナッツは断食中でも食べていいのか?についてはこちらで解説しています。もしよければ見てみてください。

オートファジー&16時間断食はなぜナッツOK?量や種類、タイミングについて解説

種菌で無限ヨールグルト

また、ヨーグルトについても同様です。断食中に食べていいのは、プレーンヨーグルトのみ。砂糖やジャム、はちみつなどは使用できないので注意してください。我が家では、種菌を購入して牛乳パックでヨーグルトを大量生産しています。夫婦で16時間断食をやると、ナッツもヨーグルトも大量に消費するので、これなら家計にも優しいですよ。

ちなみにヨーグルトについてはこちらで詳しく書いたので、気になる人はもしよければ読んでみてください。

オートファジー断食はヨーグルトOK?16時間断食のルールとヨーグルトの食べ方

空腹こそ最強のクスリを実践して3ヶ月が経った結果

では、16時間断食を実践して3ヶ月が経った結果をご紹介します。主な変化はこちらの通りです。

  • 1日2食生活&空腹感に慣れてきた
  • 引き続き体調が調子良い
  • 体重が微増しました

1日2食&空腹感に慣れてきた

1日2食の生活をずっと続けていると、だんだん空腹感に慣れてきます。以前は、お腹がぐぅっと鳴ると…いや、鳴らなくても、何か口に含みたいという衝動があったのですが、最近はなくなりました。

今考えれば無駄に常に何か食べてたなぁと思います。お菓子とかね。プレーンヨーグルトの酸味とか、ナッツの食感とかも、空腹感を落ち着けるのに効いている気がします。

引き続き体調良好

また、16時間断食で体調がかなり良好になりました。これまでは体のだるさとか、慢性的な疲れ、重いPMSなんかがあったのですが、最近は感じてないです。

原因がよくわからない体の「だるおも」がなくなったのは非常に嬉しい結果でした。

この食事法を始めて2週間〜1ヶ月くらいで体調の良さは実感していたんですが、それは今でも継続しています。

体重が2kg増加した

問題はこの点です。体重が微増しました。これまで、順調に減少傾向にあり、最初の1ヶ月くらいで5kg減り、その後も一時期はトータルで7kg減というところまでいったのですが、この1ヶ月でなぜか2kg増加という状態になりました。

理由について振り返ってみたのですが、暴飲暴食をした日があったんですよね。その日にどかっと体重が増え、そこから落ちづらくなったのでこれが原因かなと…。いくら断食時間があるとはいえ、暴飲暴食は避けるべきみたいです。

今後は16時間断食を継続しつつ、体に負荷をかけるような運動を取り入れていきたいなと思います。断食+運動でどこまで落ちるのか楽しみです。

まとめ

空腹こそ最強のクスリという書籍以外にも、様々な研究や書籍で現代人は食べ過ぎであることが指摘されています。多くの人が健康に意識を向けていることもありますし、今後は世間一般的にも1日2食がスタンダードになるかもなと思っています。

もし気になった人がいれば、書籍のリンクを貼っておくのでもしよければ詳細を見てみてください。

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。この記事がどなたかの役に立てば嬉しいです。

この記事を読んだ方におすすめの記事

「空腹こそ最強のクスリ」を紹介。最近体重増加が気になる人に

半日断食を1ヶ月続けた結果、体重減&体調改善を実感

“「空腹」こそ最強のクスリ”を2ヶ月実践した結果

オートファジー断食はコーヒーOK?豆乳は?バターコーヒーは?飲み物情報まとめ