オートファジー断食生活4ヶ月目はトータル8.3kg減!運動後のプロテインは飲んでもOK?

「空腹こそ最強のクスリ」という本を読んでから、16時間断食する食事方法を継続して4ヶ月目になります。これまで継続力に自信がなかった私ですが、この食事法はなんとなーく継続しています。ダイエットやスポーツが苦手な人でも無理なく継続できる方法ですし、体調も良くなったし体重も減りました。

オートファジーという作用を用いたこの食事法ですが、気になっている人も多いと思いますので、今回は4ヶ月継続した結果やプロテインについてご紹介します。参考になれば嬉しいです!

※最後に、5ヶ月目の記録も追記しました!

「空腹こそ最強のクスリ」について

「空腹こそ最強のクスリ」は医学博士の青木厚さんが書かれた食事法についての書籍です。2019年に初版が出版されました。

健康に関する書籍としては新しい情報かもしれません。この食事法は、ひそかに実践している人もいたようですが最近になって著名人が「これ良いよ!」と勧めるようになり、それで知ったという人も多いと思います。

私自身、実践して4ヶ月目になりますが体調の改善や体重減少を実感しています。

オートファジーの作用を活用する食事法

この食事法の特徴は、オートファジーという人間が本来持つ作用を活用していること。オートファジーとはギリシャ語で、オートは自己、ファジーは食べるを意味します。ものすごく簡単に言うと、人間は自分が必要な栄養を体内の不要になった物質から作り出せるというものです。

まだ詳しいことがわかっておらず研究段階にある作用ですが、おそらく飢餓状態で活性化するのではないかと言われています。一定時間飲食しないことで飢餓状態を作り出し、オートファジー作用を活性化させるのがこの食事法の狙いです。

16時間断食のルール

こちらをご覧の方はおそらくすでにご存知かと思いますが、念のためルールをおさらいしておきます。基本的なルールはこちらの通り。

  • 食事と食事の間を16時間あける
  • 断食中は睡眠OK
  • ナッツ、ヨーグルト、生野菜、チーズは食べてもOK

まとめるとこれだけです。とってもシンプルなルールですよね。断食と言っていますが、実際には食べていいものも多いんです。水やコーヒー、紅茶などもOKなので、めちゃくちゃゆるいルールです。

飲み物のルールはこちらにまとめました。気になる方はもしよければご覧ください。

半日(16時間)断食で期待できる結果は?

空腹こそ最強のクスリの書籍紹介には、以下のような効果が期待できると書かれています。

・血圧、血糖値、コレステロール値が正常に戻る
・クスリを使わず、ガン・認知症・糖尿病を予防・改善できる
・アレルギーや花粉症からラクになる
・慢性的な疲れやだるさが解消される
・集中力が伸び、仕事のパフォーマンスが上がる
・肌荒れ、便秘、生理不順、PMSが改善する
・おいしく食べながら、ダイエットに成功できる

引用:amazon 書籍紹介より

私たち夫婦は数ヶ月間この食事法を実践しているのですが、ここで紹介されているもののうち、

  • 慢性的な疲れやだるさが解消される
  • 集中力が上がる
  • 便秘、PMSが改善
  • 美味しく食べながら、ダイエットに成功

これらを実感できました。血圧やコレステロール値にはもともと異常がなく、認知症やガン、糖尿病などもありません。ちなみに主人は花粉症を持っていますが、これは改善が見られませんでした。肌は改善したような、していないような微妙なところです。

とはいえ紹介されている「期待できる効果」のうち、多くの項目で効果を実感できたということになります。(※あくまでも個人の感想となります。)

オートファジー断食を実践して4ヶ月目の結果

それでは16時間断食を実践して4ヶ月目の結果をご紹介します。これまでは食事法がメインで運動はかなりおろそかになっていましたが、今月は1日に10分〜30分程度ヨガをするようにしました。たまに忘れてしまったりもしていたので、かなりズボラな感じです。笑

体重トータル8.3kg減少となりました

結果的には体重がトータルで8.3kg減となり嬉しかったです。

これまでの体重についてまとめると、16時間断食を始めて2週間くらいで一気に体重が落ちて、1ヶ月、2ヶ月と続けるうちにトータルで7kg減少しました。しかし3ヶ月目に2kgくらい増えてしまいました。それから3kg減ったことになります。

4ヶ月目は、おうちで10分程度のヨガを、朝やったり夜やったり昼にやったりしました。1日に10分だけのこともあれば、30分のときもあり、たまに忘れてしまうこともありました。こんな感じでゆるく続けて、柔軟性も上がったかなと思います。

16時間断食は筋トレをセットで

じつは書籍にも書かれていますが、16時間断食は必ず筋トレとセットでやるように推奨されています。食事法ばかりがフォーカスされますが、食事を抜くだけだと筋肉量が減っちゃうので、筋トレをすることで補わないといけないそうです。

とはいえ、筋トレなんて続かないし、疲れるなと思っていたので、ヨガはぴったりでした。柔軟性も上がるし、しっかりやると汗をかくくらいの運動量もあります。気分転換にもなってスッキリしますから、明日もやるぞという気持ちになり継続できます。

運動後のプロテインは飲んでもOK?

ちなみに、筋トレしている人の中には運動後30分以内にプロテインを飲むことを習慣にしている人も多いと思います。私自身はやっていないのですが、主人がこれを続けています。

16時間断食の食事法も継続しつつ、毎日お風呂後に筋トレをして、その後プロテインを飲んでいます。これを聞くと「え、プロテイン飲んでもいいの?」と思いますよね。

じつは書籍の中ではプロテインについての言及はありません。飲んでいいとも、飲んではいけないとも、特に書かれていないんです。

ただ主人によると、プロテインを飲むことで何か変わったことがあるかと言えば、ないそうです。もともと細身の主人は体重減少はありませんが、私から見てもお腹周りがスッキリしたなと思います。

追記)5ヶ月目の現在は?

その後さらに1ヶ月がたち、オートファジー断食生活は5ヶ月目となりました。結果としては、体重が4ヶ月目とほぼ変わらず、トータル約8kg減をキープしています。

さらに減ったらいいなと思いましたが現状キープでした。この1ヶ月の間、1、2kgほど増減を繰り返していましたが月末に体重測定すると前月と同じ体重に落ち着きました。

やったこととしてはいつもと変わらず、夜8時以降から翌日12時までを断食し、運動は2日に1度くらいの頻度でヨガをやっています。さらなる体重減とはなりませんでしたが、今のところはリバウンドはなさそうです。

食事は基本的に特にこだわりなく、食べたいものを食べていますし、おやつもよく食べています。糖質制限とか、甘いものはNGといった制限がなく、特にストレスなく継続できているのがこの食事法のありがたいところですね。

16時間断食を試してみよう

まとめると、4ヶ月目の結果としては、引き続き体調良好を実感しており、体重も少しずつ減少しています。筋トレをセットでやることが推奨されていますので、ヨガなど軽い運動を日々の習慣に取り入れるのがおすすめです。

16時間断食については他の記事でもご紹介しています。気になった方はもしよければ読んでみてください。オートファジー、断食についての記事はこちら。

断食・オートファジー記事一覧