テレビに横線が入ったのでハイセンスに修理を依頼。対応まとめ【保証期間内】

最近、テレビの液晶画面に謎の横線が入るようになりました。映像の乱れかと思いましたが、映像コンテンツに関係なく横線が入るのでどうやらテレビ本体の問題らしいです。

テレビのメーカーであるハイセンスに連絡したところ、気持ちよく対応してもらえたのでご紹介します。

サポートセンターに言われた簡単な対処法や、新品交換までの流れ、必要なものなどについてまとめます。もしよければご参考にしてみてください。

壊れたテレビについて

私たちは、約2年半前ハイセンスというメーカーの安価な大型テレビを購入しました。2018年に発売された「50A6800」。50V型の大型液晶テレビです。

映像も綺麗なので満足していましたが、最近液晶画面に横線が入るようになりました。

一時的な問題の可能性もあったので数日放置しましたが、特に変化がありませんでした。自分でネットで横線の原因を調べてみましたが、よくわからず…。

映像を切り替えても変わらず横線が入るため、テレビ本体の問題なのだろうと考えました。

ハイセンスのサポートセンターに連絡

まずは、メーカーであるハイセンス ジャパンのサポートセンターに連絡しました。番号はこちら。

フリーダイヤル 0120-835-111

手元には、保証書と納品書を用意しておきました。型番や製造番号、購入日の確認などが必要なためです。

コールすると、音声ダイヤルになるので「テレビについて」を選びます。コールセンターのスタッフさんが出てくれて、トラブルの詳細について聞かれます。

  • いつからか
  • 画面に入った線は縦か、横か
  • 入力切替をしても線は入ったままか

このような内容をヒアリングしたら、まずは試して欲しいという簡単な対処法を伝えられました。一度試してみて、それでも変化がないときには修理対応になります。

対処法1:電源を抜いて20分以上放電する

まず試してくださいと言われた方法が、放電です。

テレビの電源を抜いて、20分以上放電します。

これで改善することがあるそうなのですが、我が家のテレビは改善しませんでした。電源を抜く他にも、繋いでいるすべてのコードの抜き差しもやってみましたがダメでした。

このことをサポートセンターに伝えたところ、修理対応になりました。

対処法2:新品交換

製品にもよりますが、ハイセンスのテレビは購入から3年間は保証がききます。今回は保証期間内だったので無料で対応してもらえることになりました。

今回の50A6800という製品の場合、おそらく新品の同じ大きさのテレビと交換することになるだろうとのこと。

新品交換までの流れ

サポートセンターから来訪する日取りの調整連絡がきます。修理対応当日の午前11時までに何時に来訪するのか、スタッフさんから連絡が来ると伝えられました。

修理当日

10:30頃に、本日昼過ぎに到着する予定であると連絡が入りました。

お昼過ぎ頃に、担当者さんが2名でご到着。

軽くテレビの様子を確認した後、パネル部品の生産が終了しており交換ができないため、新品交換の対応となることを改めて伝えられました。

その後は、テキパキとコードを外し、新しいテレビを設置。地デジの設定やインターネットのコネクションなど一通りの設定を終え、壊れたテレビを回収して終了となりました。

床が傷つかないように、毛布を敷いての作業だったので安心できましたし、とてもスムーズで丁寧な対応をしていただいて満足でした。

50V型「50U7F」に交換

50A6800 から50U7Fに交換されました。50U7Fは、2020年発売の50V型テレビです。

映像の綺麗さや音質の使用感はほとんど変わらないです。リモコンのボタンに、Netflix、アマゾンプライム、YouTube、hulu、Abema、U-NEXTのボタンがあり、ワンタッチでネットの映像コンテンツに飛べるようになったことが嬉しい点でした。

以前のモデルも飛べましたが、ボタンの数が少なく若干不便だったのでFire TV stickを使っていました。今は必要なくなったのでFire TV Stickは手放すかもしれないです。

まとめ

ハイセンスは安価な製品が魅力のメーカーです。テレビを購入して2年半でトラブルが生じるというのは少し戸惑いましたが、これだけ保証がしっかりしていれば安心です。対応は丁寧でとても親切でした。

もしハイセンスのテレビに横線が入るというトラブルがあっても、保証期間内ならサポートしてもらえるのでまずはサポートセンターに連絡してみてください。

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。こちらの記事がどなたかの役にたてば嬉しいです。