半日断食を1ヶ月続けた結果、体重減&体調改善を実感

半日断食というものをご存知でしょうか?

断食とは、一定期間飲まず食わずで過ごすことですよね。半日断食では、それを半日だけやります。私が実践しているのは、食事と食事の間を16時間空けるというものです。

これだけですが、かなり体調の改善を実感できました。運動する機会がめっきり減ったという方、在宅ワークで運動不足気味という方は、食事を見直すことで減量や体調改善できるかもしれません。

それでは、半日断食についてご紹介します。

半日断食について解説

そもそも半日断食ってなに?というところからご説明すると、オートファジーという人間の作用を利用したものです。「空腹」こそ最強のクスリという本で紹介されました。

オートファジーについてものすごく簡単に説明すると、飢餓状態になったとき自分自身のタンパク質を取り崩して必要な栄養を取る仕組みのことです。

もし食べ物がまったく食べられず、身体機能を維持するための栄養素を得られないとき、体内に蓄えていたものを分解して、それを栄養にしてしまうということです。

「そんなすごい機能があるなんて!」と驚く人も多いんじゃないかなと思います。私はかなり新鮮な驚きがありました。面白いですよね。

人にこういった現象があることは40年以上も前に知られていたそうですが、具体的に何がどうなってそうなるのかまでは解明されていませんでした。現在は研究が活発に進められており、2016年東京工業大学の大隈良典教授がノーベル生理学賞・医学賞を受賞したことで、さらに注目が集まっています。

そしてこのオートファジー を活用したのが、半日断食という食事法です。

半日断食のやり方

半日断食のルールはいたってシンプルです。守るべきことは以下の点だけ。

  • 食事と食事の間を16時間空ける
  • 睡眠時間も含めてOK
  • 水分はいくらとってもOK
  • ナッツ類だったら食べてもOK

著者は、8時間睡眠+8時間空腹の習慣を推奨しています。夜8時に夕食をとったら、翌日は朝食を抜き、12時ごろランチを取るだけです。このようにして空腹を感じることでオートファジー が活性化されます。

複雑な仕組みではなく、とってもシンプルなので非常に継続しやすく誰でも実践できます。こちらをご覧のあなたも「これならできそう」と思ったのではないでしょうか?

ちなみに、このオートファジー による半日断食は、週に1日だけの実践でもリセット効果があるそうです。

1ヶ月間継続した結果、起きた変化は?

では、1ヶ月間オートファジー の仕組みを活用した半日断食を継続した結果、私自身にどんな変化があったのかをご紹介したいと思います。

体重マイナス5キロ

オートファジーによる半日断食を始めて、2週間ぐらいで-5 kg 体重が減少しました。

食べる量が減っているので「そりゃそうやん」とは思うんですけど、これだけ目に見えて体重が減少したのが久々だったのでちょっとびっくりしました。

ただ、2週間で-5kg にはなったんですがその後1ヶ月ぐらいはずっと下がることはなくずっと維持でした。最初はぐっと下がるけど、その後の体重減少は難しいんだなと感じています。

半日断食とともに、ヨガや水泳などなんらかの運動をやることでより体重を減らすことができると思います。

だるさが軽減された

次の効果ですが、だるさがかなり軽減されました。

断食をやる前は結構身体全体のだるさを感じていたんですが、 断食をやり始めてからはだいぶスッキリした状態を保てるようになりました。

今の時期は在宅ワークの時間が増えたり、外出を自粛されていたりする方も多いと思います。家にこもりがちになるので、意識的に気分転換しないと「ちょっと今日調子悪いな」とか「ちょっとだるいなあ」と感じる日が出てくるかなと思います。

空腹をしっかり感じることで、脳や身体が活性化する感覚を得られると私自身は思っています。脳や身体を冴えた状態にしたい方にも半日断食はおすすめです。

PMSが改善した

最後に PMSについてです。これは女性特有の生理現象で、生理が来る前に頭が痛くなったり、お腹がゆるくなったり、倦怠感を感じたりと体の不調が出てくる現象です。悩んでいる方も多いと思うのですが、半日断食によりこちらもかなり改善しました。

私自身以前は薬を服用するほどに、頭痛や腹痛があり、ひどいときには動けない日もあったのですが、今は薬の出番はほぼありません。

「最強のクスリ」と銘打っているだけあって、体重減少の効果もありつつ、精神的にも肉体的にも健康を保つ上で影響があったのかなと思っています。もちろん専門家じゃないのであくまで実体験にはなるんですが、もし同じようなことで悩んでる方がいたらおすすめしたいなと思っています。

まとめ

今回オートファジー活用した半日断食という食事法を実践してみて、 現代に生きる私たちは空腹をあまり感じずに過ごしているなと改めて思いました。

お菓子を手元に常備している方も多いですし、すぐそこにコンビニやスーパーがあるので好きな食材が好きなだけ簡単に手に入ります。そういう環境だと、お腹が空いていないのに何か食べたくなったりしがちです。

だからこそ、意識的にあえて「食べない」という習慣を続けることが、健康に繋がるのだと思いました。忙しい現代人にぴったりの食事法です。ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか?

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。この記事が誰かの役に立てば嬉しいです。