未経験から独立したフリーWebライターの悩みと幸福とは?生活スタイルや勉強方法まで

こんにちは、ウェブライター歴3年、フリーランス1年目の里佳です。

独立直後は

「ウェブライター として仕事ができるなんて!フリーランスってなんて最高なんだ!」

と思っていました。ですが、だんだんとフリーランスのデメリットも見えてきたので、こちらにまとめてみたいと思います。

悩みや幸せについて赤裸々に語ってみました。

生活スタイルやウェブライティングの勉強方法なども合わせてご紹介しているので、ウェブライター として稼いでみたいフリーランスとして独立したいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

どうやって未経験からフリーのウェブライター として独立したのか?

まずは、「あなたは誰?」という声にお応えして(笑)、未経験からどんな感じでフリーのウェブライター として独立するに至ったのかをご紹介しますね。

転妻がスキル0からWebライターで独立して月収20万円になるまで

1、クラウドソーシングで1件数百円で執筆
2、並行して自サイトを運営
3、10万PVになるころ企業に応募
4、正社員登用でコンテンツ制作
5、転勤。転職。
6、これまでの仕事関係先から案件をもらいフリーで独立
→月収20万に

ライティングを始めた当初は、クラウドソーシングでお仕事を探して受注していました。それから企業に勤めたり、転職したりしながら勉強し、今はフリーとして独立しています。

ライティング案件が充実しているクラウドソーシングサイトは、

の3社がありますが、このうち私が利用していたのはクラウドワークスでした。

里佳
この3つは稼ぎやすいので、すべて登録しておくことをおすすめします。詳しくはこちらから。

未経験だけどクラウドワークスで10万稼いだよ!失敗から学んだコツをまとめてみる

2018.08.29




フリーのウェブライター として独立してみて…悩みもあるし、幸せも感じる

フリーのウェブライター として独立して半年がたち、生活がガラリと変わりました。

これまで会社員だったのが、フリーになったことで自由になりましたし、責任を重く感じるようになりました。

結論から言うと、「フリーランスになれば幸せ!悩みはなくなる!」とはなりませんでした。

それなりに悩みもありますし、この働き方が合わない人にとっては苦痛にも感じるかもしれないなと思います。

とはいえ、わたしにとってはどれだけ悩みがあったとしてもそれを上回るほどのメリットがありました

関連:一人好きが語る「一人好き」に向いてる仕事とストレスフリーで幸福に生きるコツ

人の幸せを決める要素とは?

橘玲先生の著書『幸福の資本論』によると、

「いつどれだけ働くか」と「誰と働くか」を選べると人の幸福感はグッと上がるそうです。

職業別の幸福度を調べると、多くの研究で、自営業と公務員の幸福度が高いことが知られています。

収入が少なくても、会社員より自営業の方が人生の満足度が高くなるのは、自分の好きなことをして自己実現できるからだけではありません。

時間(いつどれだけ働くか)お人間関係(誰と働くか)が選べれば、それだけで幸福感は大きく上がります。

引用元:幸福の資本論

橘玲先生『幸福の「資本」論』からみる幸せになるためのヒント

2019.01.08

実際にわたし自身そう感じる部分が多くあったように思います。起きる時間は自由だし、寝る時間も自由。苦手な人と毎日顔を合わせることもありません。

同じように、フリーランスとして働く人の多くは「そこそこ悩みもあるけど全体的に幸せだな」と感じているのではないでしょうか。

では、どんなメリット・デメリットがあるのか、また生活スタイルや勉強方法はどうしているのか、などをご紹介します。

フリーウェブライター のメリットとデメリット

メリット、デメリットがこちら。

メリット
  1. スケジュールがある程度自由なので旅行に行きやすい
  2. 満員電車で通勤しなくていい
  3. 自由な時間が増えた
  4. 人間関係に疲弊しない
デメリット
  1. 作業を淡々と進めることがむずかしい
  2. モチベーションの維持がむずかしい
  3. 生活が乱れに乱れた
  4. 自己投資は必須!常に勉強が必要
こんな感じでした。

フリーランスWebライターのメリット

まずはメリットから。それぞれ、こちらの通りです。

スケジュールがある程度自由なので旅行に行きやすい

共働き夫婦だと長期休みを合わせることって難しいですよね。

しかし、どちらかがフリーだと旅行しやすくなります。

旦那さんのスケジュールに合わせて旅行できたので、フリーになって以降、香川旅行、四国の夏フェス、佐賀の温泉、鎌倉など、いろんなところに行けました。

納期をクライアント様ときちんと話し合って相談していれば、自分の好きなように予定を調整できます。本当にありがたいですよね。

満員電車で通勤しなくていい

フリーランスになれば、満員電車に乗ることはほとんどなくなります。

毎日満員電車で消耗している方は、「乗らなくていい」という1点だけで十分メリットになるはずです。

自由な時間が増えた

フリーランスになった今は、通勤往復2時間がなくなったので時間にゆとりができました。

通勤に2〜3時間かけている人も多いと思うのですが、その時間分、家でまったりできます。

Webライターの場合、成果物の納品なので、自分なりに時間をやりくりできれば問題ありません。

人間関係に疲弊しない

フリーランスになることのメリットに「人間関係が楽になる」というものがあります。

私自身は現在フリーランスとして働いており、人間関係で悩むことはほぼなくなりました。

同じ職場で働く人みんなが仲良しであればいいのですが、なかなかそういう訳にもいかないですよね。

上手に受け流せる性格なら良いのですが、いちいち真に受けてしまうタチだと困るところです。職場の人間関係や雰囲気に悩みがち、という人にとっては大きなメリットになるはずです。

関連:捨てるべき人間関係の見極め方〜メンタリストDaiGo〜文字起こし

[/aside]




フリーランスWebライターのデメリット

次はデメリットについて。

作業を淡々と進めることがむずかしい

これは人によるかもしれませんが、毎日淡々と作業を進めることは意外と難しいです。

極論、仕事をしなくても誰にも怒られません。

しかし、進捗が後ろ倒しになれば自分が困りますし、クライアントさんにも迷惑がかかります。

スケジュールは自由でも、きちんと毎日コツコツと執筆を進めることが大事です。

私の場合、パソコンの前に座ってはみたものの、どうしても手が動かないというときはしばしばありました。そういうときは、思い切ってリフレッシュするのがおすすめです。自分なりの対策を見つけていきましょう。

モチベーションの維持がむずかしい

会社員であれば、どんなにやる気がなくても、会社に行けば仕事があるのでやるしかありません。

黙々と手を動かし、気づけば1日が終わっている、という感じです。

ですが、自宅で仕事をしていると、スマホを触ってしまうし、動画を見てしまうんですよね。誘惑対策も大事です。

とはいえ、自分を律することができる人にとっては、とても向いているワークスタイルです。

生活が乱れに乱れた

会社員だった頃は、始業時間に遅刻してないけないという思いがあるので、眠気を振り切って起きていました。

しかし今は朝起きなくても誰にも怒られないので、ついつい遅起きに…。

また、夜通し作業することも多く、規則正しい生活がどこかにいきました…(笑えない)。

「朝、眠かったらまだ寝てもいいんだよ〜」という自分の中の悪魔の甘いささやきに負けないことが大事。きっちり起きて準備して作業して、お風呂に入って決まった時間に寝る、ということができる方はフリーランスがおすすめです。

自己投資は必須!常に勉強が必要

フリーランスになると、誰も教育してくれないですし、情報が勝手に入ってくるわけでもありません。

だから、自分から学びにいき、情報を取りにいく必要があります。

常に新しい情報や技術を勉強していかないと市場においていかれるというプレッシャーがあります。

自己投資し、クライアント様の業績に還元できるように努めていきたいですよね。

フリーランスWebライターの勉強方法は?本でインプット、ブログでアウトプット

フリーランスのWebライターが、普段どのように勉強しているのか?というと、わたしは

本でインプットし、ブログで実践しアウトプットする

という方法をとっています。

手を動かしてみないとわからないことが多いので、インプットしたら即実践して手応えをみる、という方法がもっとも効率がいいです。

おすすめ本▼

これだけ読んどこ!現役Webライターがおすすめするライティングに役立つ本15選

2018.08.26

時間がない人はこちらの3冊を▼

え、たった3冊で!?稼ぐライターに変身する【ライティングおすすめ本】

2019.04.29

Webライターの1日の生活スタイルとスケジュール

在宅仕事の1日のスケジュールがこちら。

時間スケジュール
10:00起床・家事・洗濯
11:00執筆、作業
12:00昼食
13:00執筆、作業
18:00夕食準備
19:00ブログ執筆
20:00お風呂・だらだら
21:00執筆
26:00就寝

作業が捗っているときは、そのまま一気に書いてしまうこともあり、就寝時間はこれよりも後ろに倒れることがあります。

私の場合、8時間以上しっかり寝ないとダメな性質なので、毎日気持ちよく睡眠をとっています。執筆の合間でクライアントさんと連絡をとったり、本を読んだりします。執筆するか遊んでいるか、というような生活です。とてもまったりとしています。




まずは副業から始めてみてください

メリット・デメリットやスケジュールをご紹介しました。

人には向き不向きがあるので、「フリーランス最高!みんなフリーになるべき!」とは思いません。

ただ、副業として何か始めてみるのはおすすめです。会社員と並行すればノーリスクですし。

少しやってみて肌に合うようであれば、フリーランスとしての働き方を考えてみてはいかがでしょうか?

最後に、おすすめのクラウドソーシングを3つご紹介しますね。もしライティングで稼ぎたい人がいれば、ぜひ無料会員登録をしてみてください。

こちらの3つは大手企業がコンテンツ制作を発注しており、高単価の案件が多く、安心して稼げると思います。

里佳
特にサグーワークス の【プラチナライター】 に受かれば、未経験者でも高単価案件のチャンスがあります。

合格率1%?サグーワークス「プラチナライター」に最短合格した5つの方法【無料公開】

2019.05.01

以上、ウェブライター の生活についてご紹介しました!参考になれば嬉しいです。

里佳
ノマドワでは、未経験からフリーライターになる方法を紹介しています。合わせて読んでみてください。

参考図書▼









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

夫の転勤がきっかけで未経験からウェブライティングを始め起業。現在は、複数のクライアント様と共に様々なウェブサイトの記事執筆、構成づくりなどを行なっています。主要ジャンルは女性向けメディア、ウェディング、ライフスタイル関連です。