amazon primeで見られる!無料のおすすめ映画(洋画)【ヒューマンドラマまとめ】

みなさん、amazon prime生活楽しんでますか?

amazon prime videoを使っている方々はきっと、お家時間がはかどってしまって仕方がないですよね。

ですが、アマゾンプライムに加入してみたはいいものの、「どんな映画を見たらいいんだろう?」と思われている方もいるのではないでしょうか?

そんな方に向けて、おすすめのヒューマンドラマをまとめてみました。どれもアマゾンプライム会員なら無料で見られるものなので安心してくださいね。

ジャンルは、人間ドラマ、恋愛もの、感動・感涙系で、いずれもamazon primeでの評価が4つ星以上です。「雨の日のお家時間をしっとり過ごしたい」なんてときにおすすめの感動の名作洋画を厳選しました。ぜひ参考にしてみてください。

ビューティフル・マインド(2001)星4

全世界から絶賛された2001年度最高傑作!2001年度アカデミー賞主要4部門を受賞した『ビューティフル・マインド』。監督のロン・ハワード(『アポロ13』『身代金』)は監督賞を獲得し、彼と長くパートナーを組んできた製作のブライアン・グレイザーとともに見事作品賞も受賞した。天才数学者ジョン・ナッシュを演じるのはラッセル・クロウ(『グラディエーター』『インサイダー』)。天才であるがゆえに国際的な諜報活動に巻き込まれ、その先に待つ衝撃の真実に立ち向かう姿を圧倒的演技力で表現。献身的な愛でただ一人夫を支える妻アリシアを演じたジェニファー・コネリーも、本作品で見事アカデミー賞助演女優賞に輝いた。全世界でだ絶賛された勇気と情熱の感動傑作。(amazon prime作品紹介より)

「ゲーム理論」「囚人のジレンマ」のナッシュ均衡を生み出した学者についての物語です。

「ゲーム理論」とはなにか?というと、人が意思決定をするときに考え得る結果を数学的・理論的に計算しようというものです。経済学では、人は合理的で常に自分の利益を最大化するという前提があり、その考えに基づけば自ずと客観的に最適解が求められるという理論です。

ジョン・ナッシュはこの理論によりノーベル賞を受賞するのですが、外から見れば世界でも有数の成功者ですよね。きっと学生時代から天才で、トップクラスの成績であり、みんなからも賞賛され、先生からも認められ、黄金コースを歩んできたのだろうな〜と想像してしまいます。

ですが、ビューティフル・マインドを見ると、彼の歩んできた人生はおおよそ成功者と言えるようなものではなく、こんなにも紆余曲折した人生だったのかと知ることができるんです。

物語の中では様々な苦難が彼を襲います。それにより生活に支障がでるのですが、それでも側を離れなかった妻や、周囲にうとまれ蔑まれながらも自分の人生を歩むことをやめなかったナッシュの姿には、きっと感銘を受けることでしょう。誰もが羨む成功者にだって、見えない辛さや苦しさを抱えているのかもしれないと学べる映画でした。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2015)星4.5

第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。世界の運命は、解読不可能と言われた暗号に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。英国政府が50年以上隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは(amazon prime作品紹介より)

みなさんはエニグマをご存知でしょうか?私は恥ずかしながら知らなかったのですが、ユヴァル・ノア・ハラリ先生の「ホモ・デウス」を読んでいたところ、アラン・チューリングという英国の数学者を知り、チューリング博士について調べたことをきっかけにしてエニグマのことを知りました。

エニグマとは、ドイツ軍が使っていた暗号システムです。紹介文にもあるのですが、ドイツ軍が当時使用していたエニグマは絶対に解読不可能と言われていました。そんなものを生み出したドイツ軍もすごいなと思ったのですが、それを解読するコンピューターを作ったアラン・チューリングもすごいですよね。まさに天才です。

イミテーションゲームは、このアラン・チューリングの人生を描いた映画です。人類史上、類を見ない偉業を成し遂げた彼ですが、その人生はとても数奇なものでした。エニグマの解読を成し遂げたものの、その事実は50年もの間、徹底して秘密にされました。彼の偉業はなかったこととされ、多くの人から賞賛を受けることもなく、さらには彼のセクシャリティを罪に問われ有罪となり(当時のイギリスでは同性愛者は有罪とされました)、ホルモン治療を強制的に受けさせられた上に、自殺して最期を迎えます。

偉業を成した人の人生とは思えないほどの、寂しい終わりではないでしょうか。この映画では、アラン・チューリングがどんな姿勢でエニグマと向き合ったのかを描いています。ちなみに、イギリス政府は2013年、彼に死後恩赦を与え、功績をたたえました。

キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン(2002)星4.5

1960年代のアメリカ。両親の離婚にショックを受けた16歳のフランク・アバグネイルJr.は、単身ニューヨークへ。やがて、お金に困って”小切手詐欺”を思い付く。その天才的な頭脳とチャーミングな威力で、巧みにパイロットになりすました彼は、偽造小切手を切っては全米各地を豪遊。ところが、FBIの敏腕捜査官カール・ハンラティが犯人逮捕に乗り出し、世界を股にかけた二人の長い”追いかけっこ”が始まった!(amazon prime作品紹介より)

この映画の何がいいかと言えば、まずは主演のレオナルド・ディカプリオですね。もうとにかくかっこいい、魅力が溢れまくっています。甘いマスクと、知的さと、母性本能をくすぐるかわいげと…、なにもかもが揃った俳優さんですが、そのディカプリオが自分の天才性を余すことなく人を騙すことに使っているところが、この作品の魅力なのかなと思います。詐欺があまりにもうまいんですよね。作品中多くの登場人物がコロっと騙されてしまうのですが、全く違和感がありません。

しかも、スティーブン・スピルバーグの監督作品。この方の作品は、どれもがスカッとして、映画を見終わった後に前向きな気持ちになれるものが多いと思います。そして、FBIのカール役にはトム・ハンクス。役者は揃ったという感じではないでしょうか。無料見放題の対象ではないのですが、トムハンクス主演のスティーブン・スピルバーグ監督作品『ターミナル』もおすすめです。

『キャッチ・ミー・イ・ユー・キャン』は、逃げる詐欺師のディカプリオと、追うFBIのカールの掛け合いというか、関係性が素晴らしいなと思いました。追う人と追われる人という関係ではあるのですが、お互いに信頼しているし尊敬の想いが感じられるんです。例えるのなら、ルパンと銭形警部のような関係です。事実に基づく映画なのですが、非常にドラマチックです。

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜(2014)星4.5

21歳を迎えたティム・レイク(ドーナル・グリーソン)は、自分にタイムトラベル能力があることを知る…。新年のパーティーを満足できないまま終えた夜、ティムは父親(ビル・ナイ)から、レイク家の男たちは代々タイムトラベル能力があることを告げられる。歴史を変えることはできないが、自分の人生の起きる事や起きてしまった事を変えることができるのだ。ティムは彼女を作り、より良い人生を送ることを心に決める。(amazon prime作品紹介より)

舞台はイギリス。海が見える田舎に家をもつティム一家は、そこで穏やかな日常を過ごしています。主人公のティムは、弁護士になるためにロンドンにでるのですが、そこで運命の相手と出会います。その後、結婚して子供を授かり、幸せな日々を過ごす…、というなんでもない毎日を描く映画です。勧善懲悪のスカッとしたストーリーではないのですが、ささやかな幸せの愛おしさを教訓として教えてくれます。

物語の軸ともなっているタイムトラベル能力ですが、ティムがタイムトラベル能力をなにに使っているのかが、この作品をより良いものにしていると思います。

想像していただきたいのですが、タイムトラベルの能力があれば自分の人生をどうにでもできますよね。ティムは億万長者になることもできるし、たくさんの女性と関係を持つことだってできるんです。映画の中でも語られますが、ティムは最初、能力を使ってお金を得ることを願いますが、父はそれを諭します。「お前のおじいちゃんはお金で人生を壊した」と。そこでティムが望んだことは、一人の愛すべき人を見つけ、家族を持つことでした。

この映画の中で、とてもいい味を出しているのが父親です。父親もまたタイムトラベルを使えるのですが、その能力をどう使っているのかで、彼がいかに妻を、息子を、娘を、兄弟を愛したのかを、いろんな場面で感じることができます。とても感動する映画だと思います。

ホリデイ(2007)星4.5

ロサンゼルスで映画の予告編制作会社を経営するアマンダは恋人に浮気され、彼を家から追い出した。ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、元恋人に婚約発表をされて失意のどん底に。傷心の2人はインターネットの”ホーム・エクスチェンジ”というサイトに出会い。お互いの家を交換して相手の家具や屋車を自由に使えるという休暇を過ごすことにした。(amazon prime作品紹介より)

こちらは恋愛ものの映画です。アメリカとイギリスに住む女性が家を交換する中で、それぞれ人生を変えるきっかけを見つけるという物語です。仕事に恋に、充実した人生を送りたい女性は共感する部分が多いような気がします。

キャメロン・ディアス主演ということで、彼女の可愛さ、チャーミングさが際立つ映画でした。

ホリデイは、「マイインターン」という映画と同じ監督さんの作品です。「マイインターン」とは、アン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロがダブル主演をしたもので、ネット通販会社を経営する女性社長の元に、インターン生として年配の男性が入社するという物語です。「プラダを着た悪魔」の続編のようだとも言われています。同じ監督さんということもあり、テイストが似ているので「マイインターン」が好きな人は、外さない映画だと思います。(今のところ、マイインターンは有料です!)

映画ライフ楽しみましょう!

ということで、amazon primeでみられる洋画をご紹介しました。よければこちらでご紹介したものをみてみてください。口コミの評価が星4以上のものだとハズレはないかと思います。映画ライフ楽しみましょう!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です