500 Internal Server Errorが出た!さくらサーバーエラーの対処法

さくらレンタルサーバーは月額500円という低料金ながら、私たちに十分なサービスを提供してくれます。ブログやサイトを運営している人の間でも人気が高いですよね。私も数年前からスタンダードプランを愛用させていただいています。

しかし、今回WordPressでテーマをストークからNeveに変更したところ、500 Internal Server Errorに直面しました。ひえ、と思いながらもなんとか対処したのでシェアしたいと思います。同じく困っている人の参考になれば嬉しいです。

500 Internal Server Errorとは?

そもそも、500 Internal Server Errorとはなに?ということですが、公式サイトにはこのように説明されています。

Webサーバに何らかの問題が発生した場合に表示されるエラーです。

引用元:さくらインターネット ウェブページのエラーメッセージ

ブログサイト側の問題ではなくサーバーで何かしらの不具合が起きている、ということです。まずはさくらのレンタルサーバーのどこに不具合があるのかを確認していきましょう。

手順1 原因を特定する

サーバーエラーになる原因はいくつかあります。公式サイトの説明はこちらの通り。

[ .htaccess ] の「 記述 」「 書式 」「 文字コード ・ 改行 コード 」 に問題がある
PHPに関する設定を [ php.ini ] にせず、[ .htaccess ] に 「 PHP_Flag 」 や 「 PHP_Value 」 などを記述している
CGI・PHPのパーミッション等、設定に誤りがある ( 705 または 755 に設定していない )
CGI・PHPプログラムが正しく動作していない

引用元:さくらインターネット ウェブページのエラーメッセージ

まずは、サーバーエラーがこれらのうちのどれに当たるのかを探ります。手順はこちらの通り。

  1. さくらのレンタルサーバ コントロールパネルにログイン
  2. サーバステータス>アクセスログ
  3. エラーログの「本日のエラーログ」を確認

今回のケースでは、index.phpのパーミッションに誤りがあるみたいでした。

手順2 index.phpのパーミッションを705に変更する

ということで、inex.phpのパーミッションを変更していきます。手順はこちらの通り。

  1. コントロールパネルのホーム>ファイルマネジャー
  2. サイトのindex.phpを選択
  3. 操作>プロパティ

ファイルマネジャーでindex.phpを選択して「操作」から「プロパティ」を選択。

するとファイルのプロパティが表示されるので、「属性」の「値で指定」のところを、705に変更し、「OK」を押します。

これでパーミッションを変更できました。

この後、いつも通りワードプレスにログインでき、サイトも表示されました。めでたしめでたし。

ちなみに公式の説明では705もしくは755にするように、となっています。今回私は705に設定しましたが、755でも良いかと思います。

まとめ

ワードプレスにログインできなくなると、びっくりしますよね。私自身、どうしよう…とかなり戸惑いましたが、わからないながらも調べてなんとか復旧できました。phpのパーミッションが原因の場合はこのように対処できるかと思います。

誰かの助けになったら嬉しいです。

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。この記事がどなたかの参考になれば嬉しいです。