1泊2食で1万円台「ザファーム」体験レポ【関東の安いグランピング施設】

関東近郊で安いグランピング施設、千葉県にあるザファームに行ってきました。快適で、おしゃれで、本当に最高でした。しかも、1泊2食で1万円台という格安っぷり。満足度の高さにも頷けます。関東の安いグランピング施設をお探しの方は、ぜひご覧ください!では、体験レポートにいきましょう。

THE FARM(ザファーム)とは?

ザファームとは、千葉県香取市にある農園リゾート。グランピングのほか、キャンプ場やコテージ、貸し農園、日帰りバーベキュー場、多種多様なアクティビティ、カフェなどがあります。施設内には「かりんの湯」という温泉施設もあり、露天風呂やサウナなども楽しめます。さらに東京駅から90分というアクセスの良さも魅力です。

アクセス方法は?

アクセス方法は、車か高速バスをおすすめします。電車や路線バスだと本数が少なく(1日に3本とかです)、結局タクシーを使うことになります。最寄のバス停からでもタクシーで3500円くらいかかりました。

公共交通機関でTHE FARMご来訪の場合

東京駅からの高速バスが便利です。千葉交通バス 銚子~東京駅・浜松町線ページ
THE FARM最寄りのバス停(栗源バス停)まで、THE FARMから無料のシャトル便が 運行しています。ご予約は不要です。

行き(THE FARM行き):
栗源(くりもと)バス停まで、下記の時刻表で、シャトル便が運行しています。
① 栗源バス停着10:25 (浜松町駅発8:50 / 東京駅八重洲口発9:10)
② 栗源バス停着12:25 (浜松町駅発10:50 / 東京駅八重洲口発11:10)
③ 栗源バス停着14:35 (浜松町駅発13:00 / 東京駅八重洲口発13:20)
の3便に合わせてお迎えに行き、THE FARMまでまいります。

引用:ザファーム アクセス

チェックインの時間が15:00からなので、

③ 栗源バス停着14:35 (浜松町駅発13:00 / 東京駅八重洲口発13:20)

こちらを利用してください。栗源バス停からはシャトルバスで15分ほどです。このバスに乗ればちょうど15:00前に到着できます。

ザファームは、ブランコや温泉など楽しめるものが多いので、全然退屈しません。むしろ時間が足りないくらいです。ぜひチェックインの15:00から楽しんでください。

木の枝に固定されたハイジが乗ってそうなブランコがあったり、このほか、フリスビーやバトミントンなどがあり、自由に使えます。テント内やハンモックでくつろいだり、薪ストーブで温まったり、様々な遊び方があります。

グランピングの種類は7つ

グランピングは7タイプ。(すべて1室2名料金、朝夕2食付き)

グランピングのプラン
  • リバーサイド…大人2名26,600円~
  • アスレチック…大人2名28,600円~
  • ファミリースイート…大人2名28,600円~
  • クリフスイート…大人2名30,600円~
  • ヴィラ…大人2名32,400円~
  • フォレスト…大人2名32,400円~
  • グランテラス…大人2名44,000円~

一番安いプランだと、1名13,300円で宿泊できます。高いものだと、1名22,000円。もっともグレードが高い部屋でもかなり格安です。

参考:ザファーム公式サイト

グランピングは、1泊3万円という施設も少なくありません。値段が高いために躊躇している人も多いかもしれませんが、ザファームなら1泊2食付きで、一人1万円台で泊まれます。今回宿泊したプランはリバーサイド。もっとも安いプランです。




グランピング施設

ザファームキャンプ リバーサイドの様子

川の側にずらりとテントが並んでいます。

川と言っても、水遊び場のような感じです。子供も安心して遊べます。親子連れのお客さんもたくさんいました。

トトロに出てくる手押しポンプ。リバーサイドに3箇所あり、大人、子供問わず、楽しそうに水を汲み出してました。

隣のテントが近いかな?と思ったのですが、しっかり区切られていたのであまり気になりませんでした。




ザファーム リバーサイドラウンジ

到着したらまず受付をします。リバーサイドラウンジへ。

おしゃれな室内。

テントを装飾するグッズの貸し出しがあります。ガーランドや電球など。こういう装飾があれば、雰囲気が盛り上がりますよね。

十数名が座れるくらいのソファやチェアがあります。到着したゲストらは、ここで宿泊に関する説明を受けます。

ウェルカムドリンクは、アルコールなしのホットサングリア。ほっこりと温まりました。




トイレ、シャワールームは24時間使用可能

リバーサイドラウンジには、トイレとシャワールーム、パウダールーム(女性のみ)があります。24時間利用可能です。

パウダールーム。鏡、ティッシュ、ドライヤーなどがあります。

清潔な手洗い場。

トイレと、奥にシャワールームがあります。

シャワールーム。ここにも鏡と小物置きがあります。とても清潔でした。




リバーサイド テントの様子

受付と案内が済んだら、テントへ向かいます。リバーサイドは全部で16棟あり、番号が割り振られています。

テントは南京錠で施錠する形になっています。テントのジッパーを閉めて、引き手金具の穴に通し鍵を閉めます。

バーベキューや食事を楽しめる場所。石油ストーブと薪ストーブがあります。ビニールで覆われているので結構暖かいです。

ラウンジにある薪コーナーから1カゴ持って行きます。着火剤も入っているので、チャッカマンで火をつけるだけでOK。簡単に薪ストーブに点火できます。

薪ストーブから出る煙はこの煙突から排出されます。夕方頃になると、各テントからもくもくと煙がたち、その光景が素敵でした。

炊事場があります。ハンドソープもあり。下に使い終わったお皿を片付けるケースやゴミ袋があります。

リバーサイドのテントには、1台ずつハンモックがあります。夜はここでくつろぎながら、星空を満喫しました。




テント内の様子と備品

テントの中はこんな感じ。広々としたベッドとリラックスチェアがあります。分厚いブランケットも完備。

エアコンがあるので、夜でも暖かです。電気が通っているので、照明があり、充電できるコンセントもあります。ここがキャンプと違う点ですよね。

消臭スプレーもあります。バーベキューで洋服に臭いがついてしまったときはこれを活用できます。

敷きマットと寝袋。キャンプらしさを感じたい人は、寝袋で寝るのもおすすめです。

タオル掛け、湯沸かしポット、ボミ箱、スタンド鏡、コーヒー、マグカップ、歯ブラシなどが完備されています。まるでホテルのような設備。

バスタオルとタオル。入浴時はこれを持って行きます。

電気ランタン。食事するスペースを照らしたり、入浴施設に行くときに持ち歩いたりします。




料理の様子

ザファームは料理がどれも美味しかったです。満足度が高い理由の1つだと思います。おしゃれだし、味も抜群だし、言うことなしでした。

夕食のバーベキュー

こちらが夕食セット。内容は

  • サラダ
  • お肉(ソース付き)
  • 野菜(カット済み)、バーニャカウダソース
  • バケット
  • マシュマロ、チョコソース

あとは焼くだけ、という状態で準備されています。作り方を書いた説明書もあります。バーベキューコンロに火をつけて、それぞれ焼いていきます。

分厚いお肉。牛肉と豚肉が入ってました。火加減に気をつけながら、ジュウジュウ焼きましょう。

盛り付けたものがこちら。別でアルコールを注文することもできます。(私たちはドイツビールのハイネケンを注文しました。)

牛肉がこちら。この木製のまな板やナイフ、フォーク、お箸なども用意されています。簡単におしゃれな雰囲気を味わえます。

食後のデザートは焼きマシュマロ。直火でマシュマロを焼くと、外はカリカリ、中はトロトロ、さらにその中はふわふわ、という味わいになります。3つの食感を味わえるので、かなり美味しいです。まだやったことがない人はぜひバーベキューで試してみてください。




朝食

通常、朝食はTHE FARMカフェ又はかりんの湯お食事処でのブッフェとなっていますが、この日はコロナウイルス対策としてランチボックスが配布されました。(2020年3月時点)

キャンプラウンジへ朝食を取りに行きます。

ランチボックスの内容はこちら。

  • 五穀ご飯
  • 2種のパン(マーガリン付き)
  • サラダ(ソース付き)
  • ソーセージ、鶏肉のグリル
  • グレープフルーツ、オレンジ
  • スープ
  • 牛乳

男性には足りないかな?とも思ったのですが、十分なようでした。お腹いっぱいになる量です。

テントの中で食べても良かったのですが、天気が良かったので、ウッドデッキで。バーベキュー用のコンロセットはスタッフさんが片付けてくれていました。風や水の音を感じながら、ゆったり朝食を食べます。

朝食後はコーヒーを淹れました。

ハンモックに揺られながら、コーヒーを片手に二人でおしゃべり。爽快な空でした。




温泉施設「かりんの湯」

ザファームには、24時間利用可能なシャワールームと、露天風呂やサウナがある温泉施設「かりんの湯」があります。

バーベキュー後、お風呂へ向かいます。夜道は最低限の照明はありますが、ランタンを持っていくと便利です。

テントから歩いて4〜5分ほどで到着します。

宿泊者には、アメニティをプレゼントしてくれました。化粧水や乳液、メイク落とし、洗顔フォームなどがあります。

お風呂は、内風呂と露天風呂、サウナ、水風呂があります。備え付けのシャンプrー、リンス、ボディソープがあり、100円ロッカー、ドライヤーもあります。

お食事処や休憩処、お土産屋さんなどがあり、設備が充実しています。一般利用は、平日800円、土日1000円ほど。

グランピング宿泊者は、温泉パスカードをもらえます。7:00〜23:00まで利用でき、チェックアウト後も15時まで利用できます。夜入って、翌朝入るのがおすすめ。

収穫体験ができます。その様子についてはこちらで。

関連:ザファームの野菜収穫体験レポ!手ぶらOK、動物園でのエサやり体験も




ザファームの予約方法

カレンダーで希望の宿泊施設の空き状況を確認して、ご予約してください。人気の施設なのでお早めに!

ザファームの感想・口コミ

東京駅からバスで90分のザファーム。格安なのに非常に充実しており、めちゃくちゃ楽しめました。グランピングをお得に楽しみたい人におすすめです。ぜひ行ってみてください!

今回の旅のオトモ:Canonのデジタル一眼レフカメラ

【中古】美品 キャノン Canon EOS Kiss X7 ダブルズームキット 小型軽量モデルで持ち運び便利

Canonのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」。初心者でも使いやすいシンプルなカメラです。本格的な1枚を撮影してみたい人におすすめ。一眼レフデビューとしても最適です。

*旅行シリーズ*





お問い合わせはこちらから



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です