転勤族の妻は在宅仕事がおすすめ!転妻が語る仕事の見つけ方とは

「転勤族の妻になったけど、転勤するたびに環境が変わって大変」という人は多いと思います。こちらをご覧の方も、なかなか仕事を見つけられず悩んでいるのではないでしょうか?

私自身も転勤族の妻になって数年がたちます。これまでに2回夫の転勤のために引越しをして、仕事を辞めたり、新しく始めたりしました。環境が変わると何かと大変ですよね。

そしてなんやかんやありまして、現在は在宅仕事に落ち着きました。会社員として夫婦共働きしている時に比べ、とても生活が楽になりましたし、ゆとりもできました。ストレスフリーに働けているなと感じています。

今回は、転勤族の妻として仕事をどうしよう?と悩む方に向けて、少しでも参考になればと思いながら書いています。もしよければご覧ください。


転勤族妻の仕事あるある

まずはみなさんと「あるある」を共有したいと思います。わかる〜と共感してもらえると嬉しいです。笑

  • 2週間前とかに辞令が下りる
  • 長期的な仕事、責任ある仕事に就くのが難しい
  • 急な環境変化にあたふた
  • 転勤後すぐは夫婦どちらも余裕がなくなる
  • 夫婦ともに総合職は厳しすぎる

転勤族の妻を取り巻く環境ってこんな感じではないでしょうか?

一般的に転勤族の転勤のスパンは3年〜5年。いつ辞令がおりるかわからないので、妻の仕事は夫の都合に左右されてしまいがちですよね。働きたくても、なかなか制約も多い環境だと思います。

転勤族の妻さんに在宅仕事をおすすめする理由

正直、転妻の仕事については周囲への影響も考えるとなかなか難しい状況だと思います。

でもやっぱり、仕事は生活する上で必要ですし、社会的に貢献できることや、人に感謝されることで得られる喜びは何にも代え難いものがあります。

そこでおすすめしたいのが在宅仕事です。実際私自身は現在、完全にオンラインで仕事をしており、在宅仕事によるメリットを多く感じています。例えばこちら。

  • 場所に縛られずに働ける
  • 内容もメンバーも変わらない
  • 長期的なスパンで仕事ができる
  • 通勤、満員電車などがない
  • 家事の時間を確保できる
  • 生活にゆとりができる

オンラインで仕事をするので、いつ転勤することになっても、これまでと変わらず同じように仕事ができます。

また一緒にお仕事をさせていただいている方々の居住地もバラバラです。関東地方はもちろん、四国、近畿、九州、南は沖縄まで、本当に幅広いです。一時期はアメリカ在住の方ともやり取りしていました。

在宅仕事の場合、基本的にやり取りはチャットですみますし、緊急もしくは重要なお話は電話やウェブ会議にて行います。こうした働き方はコロナ禍の今、非常に一般的になってきたかもしれないですね。珍しい光景でもなくなったように思います。

また、ウェブ会議などを除けばスケジュールは基本自由。打ち合わせ通りに仕事を進められれば、夫の帰宅時間に合わせて夕食を準備したり、洗濯物をたたみつつ、合間を縫って仕事ができます。おかげさまで格段に生活にゆとりができました。

在宅仕事で時間と気持ちに余裕が生まれる

共働き夫婦の場合、お互い仕事をしつつ、家事もありますよね。掃除をして、夕食を作って、洗濯物を回して干して、アイロンがけをして、食器を洗って…。こう書き出してみると、結構な量です。

私たちの場合、転勤後すぐの時期は、二人とも疲れて余裕がなく、ほとんどの家事が回らなくなっていました。生活の質も低くなっていたように思います。

しかし私が在宅仕事をやるようになってからは、家事をやるための余裕が生まれました。朝早く起きて通勤することもなければ、毎日出社する必要もありません。通勤時間がないのでその分家事や料理に時間を割けます。これが精神的な余裕にも繋がり、家庭円満にも繋がりました。


在宅仕事の見つけ方

「在宅で仕事をすることのメリットはわかったけど、じゃあどうやって在宅仕事を見つければいいの?」と思いますよね。

これについては、私はクラウドソーシングをおすすめします。クラウドソーシングとは、仕事を発注したい企業と、仕事を受注したい個人を繋げるマッチングプラットフォームです。

私自身、なんのスキルもない状態でクラウドソーシングでライティングを始め、2ヶ月後に10万円の収入を得ました。そして今は、フリーランスとして仕事をさせていただいています。

そのときの体験談についてはこちらに書いたので、もしよければ見てみてください。

未経験だけどクラウドワークスで10万稼いだよ!失敗から学んだコツをまとめてみる

クラウドソーシングサイトには、大手企業も案件を発注しており、ライティングやデザイン、簡単なアンケート調査までさまざまな仕事があります。ちょっとしたお小遣い稼ぎから、フリーランスとして仕事を受注している人もいます。あなたに合わせた働き方を模索することが可能です。

まずは少し始めてみて、もし面白いなと感じたら、その際は本格的に始めることを考えてみてはいかがでしょうか?

クラウドソーシングは複数ありますが、初心者、未経験者におすすめなのはクラウドワークス。現在、大手企業や政府機関などから年間570万件の発注があり、仕事の種類は200以上と多岐に渡ります。流れもわかりやすいので初心者向けです。

気になる人は、リンクを貼っておくので、もしよければ詳細を見てみてください。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

在宅仕事で生活にゆとりをもとう

こちらをご覧の方が、夫婦共働きで夫は転勤族、という状況なら、在宅仕事は最適な選択肢のうちの1つになるのではないでしょうか。

今はクラウドソーシングのような非常に便利なサービスもあります。そうしたサービスをフル活用して今の暮らしをより充実したものにしていきたいですね。あなたにぴったりの仕事が見つかりますように。

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。この記事がどなたかの役に立てば嬉しいです。