転勤族の妻は在宅フリーランスがおすすめ。魅力と仕事の見つけ方

転勤族になったけど、転勤するたびに環境が変わって大変…。仕事も続けるのが難しくて悩みが多いよ。転勤先で仕事を見つけられるか心配…。

私自身は、転勤族の妻となったことがきっかけでクラウドソーシングサイトを利用し、在宅ワークを始めました。

そして現在はフリーランスとして活動しています。会社員として夫婦共働きしている時に比べ、とても生活が楽になりましたし、ゆとりもでました。本当にこの働き方にシフトして良かったと思っています。

今悩んでいる人も、もし在宅で稼ぐスキルがあれば、生活がちょっと豊かになるかもしれません。

おすすめクラウドソーシング

クラウドソーシングサイトを使うことで、在宅でも仕事をすることができます。おすすめはこの3社。

大手企業が利用しており、高単価案件も多く、システムも整っているので安心して利用できます。もし迷ったら参考にしてみてください!

【転妻の悩み】急な転勤辞令、お仕事どうしよう?

わたし自身、一番困ったのは仕事でした。夫の転勤に合わせて退職となれば、周りにも迷惑がかかりますし、ご挨拶もしなきゃいけなくて。転勤の度に、こんな想いをしなくてはいけないのかとクヨクヨ悩んだりしました。

そんな日々を超えて、いろいろと試行錯誤した結果、現在は在宅フリーランスでWebライティングを仕事にしています。今はとても生活が楽です。




妻は仕事を辞めたくないから、夫は単身赴任?

転勤族の転勤のスパンは3年〜5年。しかもいつ辞令がおりるかわからないので、妻のキャリアは夫の都合に左右されてしまいがちです。例えば、こんな支障が出てきます。

  • いつ転勤するかわからず、長期的な仕事に就けない(または責任ある仕事ができない)
  • 転勤する度に環境も仕事内容もメンバーもガラリと変わる
  • 夫婦どちらともが急激に環境が変わり余裕がなくなる

環境が変われば人間関係も変わりますし、大きなプロジェクトを任せてもらうことも難しくなります。責任持ってバリバリ仕事をしたい人にとって、これはしんどいですよね。

仕事を続けたいなら、夫に単身赴任してもらうしかありません。




夫の転勤により単身赴任を選ぶ人は多い

総務省統計局「就業構造基本調査」によると、

1992 年の男子単身赴任者数は約 48 万人で、年齢では 40 歳代、50 歳代が多く、職業別では管理的職業従事者、保安的職業従事者が多いことを確認している。

とあります。夫の転勤はまだまだ多く、40・50代の単身赴任者は48万人もいるのです。

さらに独立行政法人 労働政策研究・研修機構 の「企業における転勤の実態に関するヒアリング調査」によると、

単身赴任を選択した理由を見ると、「子供の教育・受験」、「持ち家の管理」、「家族が生活 の変化を望まなかった」、「老親や病人の世話」、「赴任地での住宅事情」、「妻の仕事」などが 多い。これに対して、帯同転勤者については、単身赴任者より年齢層が若く、家族人数も少 なく、子供の年齢も低い。

とのこと(太字は筆者によるもの)。

理由は他にもあるかもしれませんが、多くの人は奥さんが仕事を続けるために単身赴任を選んでいるのです。

ではもし夫が転勤となれば

  • 仕事を辞めて夫についていくか
  • 仕事を続けて夫に単身赴任してもらうのか

の2択しかないのでしょうか?

一昔前はそうだったかもしれません。ですが今はそんなことはありません。誰でもオンラインで仕事ができるからです。




転勤族の妻さんに在宅フリーランスをおすすめしたい理由

正直、転妻のキャリアについては、周囲への影響も考えるとバリバリ働きたくても難しい現状があると思います。ですが、現在私は、在宅フリーランスとしてオンラインで仕事をしており、多くのメリットを感じています。

メリット
  • 場所に縛られない
  • 内容もメンバーも変わらない
  • 長期的なスパンで仕事ができる
  • 通勤、満員電車などがない
  • 家事の時間を確保できる
  • 生活にゆとりができる

オンラインで仕事をするので、いつ辞令がおりて転勤することになっても、転勤先で同じように仕事ができます。

また、納品ができておけばスケジュールは自由。夫の帰宅に合わせて夕食を準備しつつ、記事を執筆することもできます。生活にゆとりができ、疲れて帰ってきた旦那さんを労う余裕も生まれました。




出社も通勤もない。時間も自由で共働きでも疲弊しない

在宅フリーランスだと、生活に余裕が生まれます。朝早く起きて通勤することもなければ、毎日出社する必要もありません。

通勤時間がないのでその分家事や料理に時間を割けます。プライベートな用事を入れてもOK。共働き夫婦の場合、どちらもが仕事で疲弊していると家庭内の雰囲気も悪くなりがちですよね。家に帰ったら夕食を作って、洗濯物を回して干して、アイロンがけをして食器を洗って…。

ほとんどの家事が回っておらず生活の質も低くなっていたように思います。家事分担をしっかり決めていてもやることは山ほどあり「外でも家でもなんだか休めない」となりがちです。

一方で在宅フリーランスなら、パソコン1台あれば全国どこでも仕事ができます。しっかりと収入を得つつ、精神的な余裕も確保できるんです。




転職となると環境に慣れるまでが大変

また、仕事の内容やメンバーも変わること大変ですよね。

転勤すれば、またその土地で仕事を探すことになります。運よくいいところが見つかったとしても、そこはこれまでとはまったく違う文化を持った場所。

職場の環境に慣れるのも大変なのに、さらに仕事も1から覚えなければいけない、となれば本当に大変だと思います。

転勤先では、言葉も違えば慣習も違います。良かれと思ってやったことが、受け入れられなかった…なんてこともあるかもしれません。

妻は環境も変わるうえに、会社も変わるのだから、その大変さは旦那さんの比じゃありません(よね?)。

だからこそ、転勤しても「仕事とメンバーが変わらない仕事」は魅力があると思います。オンラインで仕事をすれば、転勤になったとしてもいつもとなにも変わらず仕事ができるんです。気持ちはかなり楽になるはずです。




どうやって在宅フリーランスになる?

「在宅フリーランスになるなんて、スキルもないし…」と思っている人もいるかもしれません。ですが、ライティングなら初心者でも始めやすいです。

私自身、なんのスキルもない状態でクラウドソーシングを始めました。それでも2ヶ月後に10万円の収入を得ました。そして今は、フリーランスとして仕事を任せていただいています。

クラウドソーシングサイトでは、誰でも簡単に自分の能力を試すことができます。もし肌に合うのであれば、その時は本格的に始めることを考えてみてはいかがでしょうか?

クラウドソーシングはたくさんありますが、初心者、未経験者におすすめなのはクラウドワークス。案件が豊富で、システムもわかりすいです。

在宅ワークのきっかけになるかもしれません。ぜひ無料登録してみてください▼


在宅ワークで生活にゆとりをもとう

現在、夫婦共働きで、かつ夫は転勤族、という状況にある人は、精神的にもかなり大変な思いをしていることだと思います。少しでも負担を和らげるためにも、在宅ワークは1つの選択肢になるはず。クラウドソーシングサービスは、在宅ワークでもしっかり稼ぐことを可能にしました。こういったサービスをフル活用して、現状をよりよくしていきたいですよね。

クラウドワークスも含め、こちらのページでおすすめしている3社は大手企業が利用しており、高単価案件も多く、システムも整っているので安心して利用できます。もし迷ったら参考にしてみてください。





お問い合わせはこちらから



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です