“Webライター”という働き方の魅力は社員・フリーとして仕事ができる柔軟さ

ウェブライター は、正社員としてもフリーランスとしても働き口がある非常に珍しい職種です。

世の中には、さまざまなお仕事がありますが、いろんな形態で仕事ができる職というのは多くはありませんよね。

私はこれまで社員としてフリーとしてウェブライター をやってきました。ウェブライターという働き方の柔軟さの恩恵を受けてきたと言えます。

もし、

  • 今後の働き方に悩んでいる
  • 自由な働き方を模索している

という方がいれば、ぜひご覧ください。

書くことが好きなら、ウェブライターという働き方はあなたの人生の選択肢を広げてくれるはずです。

現代を生きる女性が頭を抱える働き方の問題点

女性向けのファッション雑誌をひらけば、キラキラとした「働く女性像」が描かれる今、実際にその女性像を実現する人はどれだけいるのでしょうか。

  • 働くことが好き
  • 仕事と子育てを両立したい

と思う一方で、保育園の待機児童問題や、家事は女性がするものといったステレオタイプの世間の価値観もあるのが事実。

育休・産休という制度は整っているものの、正社員としてバリバリ働きつつ子育てもしっかり行うという女性は、エネルギッシュなほんの一握りの方に限られているように思います。

明治安田生活福祉研究所の調査によると、女性が妊娠・出産を機に仕事を辞めた理由は、「子育てをしながら仕事を続けるのは難しかったから」という回答が5割を占めました。

さらに、末子が中学生以降になったとき、正社員でフルタイム勤務を希望するという女性は4〜5割だったのに対し、現実にフルタイム勤務をしている人は2割という結果にとどまりました。

気になったのは、「育児休業を取得したくない理由」です。男女ともにもっとも多かったのが、「収入が減り家計が苦しくなるから」という回答でした。

これらの結果から以下のことが読み取れます。

  • 育児休業の制度はあるものの、収入面での不安がある
  • 子育てをしながらフルタイム勤務をすることは現実的に難しい

働き方改革が進んでいるように思えますが、実際にはまだまだ女性が働きやすい環境になっているとは言えないのかもしれません。

そんな中、フリーランスとして働き出す人は確実に増えています。



2018年フリーランスの経済規模は20兆円を突破

フリーランスという働き方は、数年前に比べるとそう珍しいものではなくなりました。

働きたい個人と、働き手が欲しい企業を結びつけるクラウドソーシングが普及してきたこともその要因の1つ。

フリーランス実態調査2018年版」によると、フリーランスの経済規模は20兆円を突破したそうです。これは日本の総給与支払い額の1割に当たる額。

いかにフリーランスの仕事が増えてきているかがわかります。

フリーランス人口の増加は前年に比べて横ばいだったものの、「アメリカの調査では、2027年にはフリーランス人口がノンフリーランスの人口を超えるという結果」が出ており、日本でもフリーランスという働き方はさらに浸透し、人口が増加していくことが考えられます。

女性の働き方を考えるうえでも、

  • 育児休業の制度はあるものの、収入面での不安がある
  • 未就学児を育てながらフルタイム勤務をすることは現実的に難しい

この2点の解決策として「時間に縛られず成果物で働ける」「能力をしっかりと報酬に反映できる」フリーランスという働き方は理にかなっています。

独立系のフリーランスとして、あるいは副業として、フリーランスという働き方がよりポピュラーになっていくことは想像に難くありません。



フリーでも社員でも需要があるライターという働き方

フリーランスという働き方が、一般的になっていく流れの中、今経験を積んでおくべき職種としておすすめしたいのがウェブライター です。

未経験者でも参入でき、経験を積むことで仕事の幅はどんどん広がります。

私はCrowdWorks(クラウドワークス)というクラウドソーシングサイトでウェブライティングをはじめ、これまでに正社員、フリーとして渡り歩いてきました。

今の時代、ウェブライターはどんな形態でも需要があります。

このように、正社員としてでも、フリーとしてでも、自在に働き方を変えられる職業は非常に稀有なものではないでしょうか。

会社員として勤めつつ副業として収入を得ることができる

ウェブライター は、時間給ではなく成果物でのお仕事です。そのため、自分なりに時間をやりくりすることで、会社員として勤めつつ、副業として収入を得ることができます。

実際に、私は正社員として勤めつつ、個人事業主としても収入を得ていました。

スキマ時間で作業するだけでも十分です。月収プラス2万円ほどなら、収入を増やすことは比較的容易にできます。会社員としての収入以外に、数万円の余裕があるだけで生活にゆとりがでますよね。

会社員として昇格し、月2万円プラスにするのにどのくらい時間がかかるのかと考えれば、副業という形がいかに効率的で現実的かがわかります。

地方でも、転勤をしながらでも仕事ができる

また、ウェブライティングはパソコン1台とネット環境さえあれば仕事ができます。地方に移住することになったときに、このメリットを実感するのではないでしょうか。

というのも、地方移住を考えたとき、私たちの目の前には雇用の問題が大きくたちはだかります。働き口がなければ、生計を立てられません。生活することがままならないために、多くの人にとって地方移住は現実的な選択肢から外れてしまいます。

働く場所を選ばないウェブライティングという働き方は、雇用の問題を解決することができます。

また、転勤族の妻にとっても、自分の時間を自由に使うことができるウェブライター という働き方は1つの手段として考えられます。

未経験者でも参入できる

最後に、未経験者でも参入できることは大きな魅力です。

これまでライターになれるのは、出版業界に精通する限られた人だけでした。

それが今では、個人が発信者となり、メディアとなれるのです。

ブログで発信することもできますし、クラウドソーシングを使えば未経験者でも十分ウェブライティングの世界に参入できます。

特別なスキルは必要なく、文章を書くことが好きな人ならば誰もが挑戦できる仕事です。イラストレーターやデザイナー、エンジニアのように、専門学校に通う必要もありません。

さらに、クラウドソーシングを使えば、いろんな案件に挑戦することができます。評価がどんどん蓄積していくシステムなので、培われた実績により仕事の幅を広げることも可能です。




ウェブライターは、今後スタンダードな働き方になる

おそらく、10年、20年も経てば、ライターという職業はスタンダードな働き方になっていることでしょう。ウェブ媒体が普及していけばライターはどんどん不足していきます。需要は増すばかりだと考えられます。

ウェブライター は、

  • 働く場所を選ばず
  • 社員としてもフリーとしても活動でき
  • 成果物での仕事なので時間をやりくりしやすい

というメリットがあります。

今後の働き方を模索する女性にとって、1つの解決策となり得るのではないでしょうか。

もし書くことが好きなら、ぜひ今からウェブライティングの経験を積んでおくことをおすすめします。評価を蓄積するなら早い方がいいですよね。次の時代を先取りしていきましょう。

ちなみに未経験からウェブライティングを始めるなら、

こちらの3つすべてのクラウドソーシングサイトに登録しておくことをおすすめします。案件が豊富にあるため、経験を積めるはずです。

ライティング以外にも様々なジャンルの案件があるので、自分の得意なことを活かして稼ぐことができるでしょう。

わたしはクラウドワークスでライティングのスキルを身につけていったのですが、そのときの方法はこちらにまとめました。よければ参考にしてみてください▼

未経験だけどクラウドワークスで10万稼いだよ!失敗から学んだコツをまとめてみる

 







こちらをご覧の法人様で「SEO記事を作成したいけれど、ライターが見つからない…」という方はぜひご依頼ください。

可能なこと

  • 構成作成可能
  • 検索意図を考慮したSEO記事執筆
  • WP入稿可能(文字装飾可能)
  • 画像選定可能
  • 薬機法・景品表示法に基づいた執筆
  • トンマナの書き分け(*)

*サンプル記事

話し言葉を交えた親しみやすい記事▼
未経験だけどクラウドワークスで10万稼いだよ!失敗から学んだコツをまとめてみる

データを用いた信頼性のある記事▼
“Webライター”という働き方の魅力は社員・フリーとして仕事ができる柔軟さ

ご希望の文体で執筆させていただきます。

執筆分野は「保険関連」「税金関連」「金融関連」「ウェディング」「旅行」「美容・化粧品」です。

※この他の分野についても、受注可能な場合がございます。

都内にて対面・Webにてお打ち合わせ可能です。

ご発注の流れ

  1. お問い合わせフォームより依頼内容をご相談ください
  2. 3日以内にお見積もりをご連絡させていただきます
  3. 業務委託契約書の締結をお願いしております
  4. 成果物を納品
  5. 修正対応後、校了
  6. 請求書を確認いただき、報酬額をお振り込みください

このほか、疑問点、ご要望などお気軽にご連絡くださいませ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です