未経験からWebライターになりました!スキル0から稼ぐまでの手順

Webライター

こんにちは、Webライターの里佳です。Webライターという仕事はここ数年で一気に広まった職業ですよね。見聞きすることも多くなったのではないでしょうか?

こちらの記事は

  • Webライターを副業としてやってみたいけど、何から始めたらいいんだろう?
  • 未経験でもWebライターになれるもの?
  • 資格とかいるよね?
  • 結婚や妊娠、出産で状況がぐるぐる変わるから手に職をつけたい
  • 時間や場所にとらわれなずに仕事がしたい

などの疑問や希望を持っている方に向けて書きました。

私自身、転勤族の妻としてスキル0からWebライティングをはじめ、今では会社員くらいの収入を得ています。夫の収入とは別に、個人事業主(在宅フリーランス)として、生計を立てており、社会的自立という面でもWebライターとして働けている状態です。

ここでは、これからWebライターとして稼いでいきたいという人に向けて、仕事内容やWebライターになる手順をお伝えしていきます。

人気の職業【Webライター】は誰でもなれる!

一般的に、結婚や育児、出産などでライフスタイルが変わりやすい女性にとって、ライターは人気の職業です。

自宅で仕事ができるため、家事や育児と両立しやすく、また転勤族であれば、夫の転勤に関係なく仕事を続けられるというメリットがあります。

また、副業としてもWebライターは人気。会社員として勤めながらも、平日のちょっとしたスキマ時間を活用して1記事書くこともできるでしょう。数本記事を書くだけで月に3万円ほどの副収入を得ることができます。月に3万円、家計が潤うと考えれば良いものですよね。

しかも必要なのは、自分の文章力のみ。スキル0から稼ぐことができ、誰にでもチャンスがあります。

Webライターの仕事内容は?

では、世の中のWebライターはどんな仕事をしているのでしょうか?

わたしのスケジュールはこんな感じです。やっていることは2つだけ。

  • メールチェック(記事依頼・修正依頼確認)
  • 納期までに執筆、納品

クライアントさんとは、メールやチャットワーク(ビジネスオンライン連絡ツール)でやりとりしているので、1日に何回か、依頼内容を確認します。

あとはすべての時間を執筆に当てています。

めちゃくちゃシンプルですが、多くのWebライターさんがこういう仕事内容ではないかと思います。

そのほかの雑務としては

  • 見積書・請求書作成
  • 会計処理
  • (年に1度)確定申告

を自分でやります。会社員であれば、税金の処理は会社がやってくれると思いますが、フリーランスになると(サラリーマンであれば年間所得20万円以上で)、確定申告が必要です。

会計処理というと大変そうに思えるかもしれませんが、実際にはオンラインツールで管理しているので、処理は簡単でサクッとできます。

Webライターの仕事で大事なこととしては、

  • クライアントさんとコミュニケーションをとる(指示内容や修正依頼をとり違えない)
  • 納期を守る(守れないようなら連絡を入れる)

この2点です。

修正内容や指示内容を取り違えてしまうと、納品したときにやり直しが発生するので、これだけは避けたいところです。

また、納期を遵守するのは信頼関係をつくるのに大事なことです。

スキル0・未経験からWebライターになるための手順

Webライターは、スキル0でも、未経験でもなれます。

わたし自身、スキルや実績、経験はまったくなかったものの、書くことが好きだったのでWebライティングで生計を立てられるようになり、今に至っています。これまでの手順がこちら。

転妻がスキル0からWebライターで独立して月収20万円になるまで

1、クラウドソーシングで1件数百円で執筆
2、並行して自サイトを運営
3、10万PVになるころ企業に応募
4、正社員登用でコンテンツ制作
5、転勤。転職。
6、これまでの仕事関係先から案件をもらいフリーで独立
→月収20万に

ポイントがいくつかあるのでご紹介します。

まずはクラウドソーシングで慣れる

Webライターをやり始めるなら、クラウドソーシングがおすすめです。

まったくの未経験であればクラウドワークスか、ランサーズ、もし少しでも執筆の経験があるならサグーワークスに登録してみてください。

案件自体はたくさんあるので、どれからチャレンジしてもいいですし、そこで執筆の流れや業界特有のワードなどを学べるはずです。

ちなみにわたしは、クラウドワークスに登録しました。開始後、4ヶ月間の売り上げがこちらです。

売り上げ
1ヶ月目39,500
2ヶ月目134,514
3ヶ月目68,864
4ヶ月目114,480

初心者でも稼げることが伝わるでしょうか。こちらで詳しくご紹介しています。

【クラウドワークス】未経験者がライティングで月収10万円稼ぐコツ

ただ、クラウドソーシングは単価が低いことでも有名です。ワンランク上の「稼ぐ力」をつけるためには、なんらかのスキルを身につけることをおすすめします。

自分でサイトを運営してWebの知識をつける

クラウドソーシングと並行して自分でサイトを運営するのもおすすめです。

Webライターとしてやっていくと、文章を書くだけでなくWebの知識が必要になります。わたしはど素人から始めたので、HTMLやCSS、ワードプレス、サーバー、ドメインなどの知識がまったくありませんでした。

ですが、自分でワードプレスのサイトを運営してみると、Webに関するいろんな知識を得ることができます。しかも、実践しながら学べるので、身につきやすいと思います。

また、サーチコンソールやアナリティクスを使って、サイトのPVや滞在時間を分析し、改善するという経験も積むことができます。

ワードプレスを扱えるようになれば、幅広い案件に携われるようになりますし、スキルアップの一環として自サイトの運営はかなりおすすめです。

他にも、ブログ経由でお仕事をいただいている人もいるので、受注窓口としても活用できるかと思います。

会社員としてWebライターを経験する

Webライターになる方法として、企業に勤めて、そこでコンテンツ作成の経験と実績を積むこともできます。

企業に属することで、サイトを設計し、集客を図り、外部ライターに記事執筆を委託し、納品された記事を確認し、公開する、といった全体のフローを知ることができます。

また、どういう流れで予算が組まれ、請求されるのか、という点も知れます。自分が発注する側になることで見えることもあるので、企業に属することはおすすめです。

もし企業目標に対し、数値改善などの実績を出すことができれば、今後の転職活動にも有利に働きます。

これまでの関係先から仕事をもらい独立

このようにして、Webライティングに携わっていると、仕事関係の繋がりができていきます。その繋がりから案件を紹介してもらうこともあり、わたしの場合はそれで独立を選びました。

企業に属すよりも、自由な働き方ができ、時間と場所を自分の裁量で決められる点が在宅フリーランスの魅力です。

このように、Webライターになるためには

  • クラウドソーシングで受注する
  • 企業に属して記事コンテンツ制作に携わる
  • 自分でブログを運営したりSNSで発信したりする

という手段があります。

いろんな角度からWebライターになるための道は開けているので、自分に合うやり方を探してみてください。

Webライターになるために必要な資格は?

ここで1つ、疑問なのがWebライターになるために資格は必要ないの?ということ。

もしあなたが、「資格がないからWebライターになれない」と思っているのなら、その考えは間違っています。

というのも、わたし自身資格は持っていませんし、他のWebライターさんを見ても、資格を持っていない人は多くいるからです。

あっても困らないものですが、なくてはならないものではありません。

Webライターとして稼ぐために必要なスキルは3つ

また、Webライターは誰でもなれますが、しっかりと稼げる人はあまり多くないのが現状です。

副業としてやるのはおすすめですが、もし専業としてしっかりやっていきたい!と思う方がいらっしゃるなら、以下のスキルを身につけることをおすすめします。

Webライターが稼ぐために必要なスキルがこちらです。

  1. 基本的な文章スキル
  2. SEOの知識
  3. 心理学・セールスライティングの知識

基本的な文章スキルのほか、SEOに関する知識や心理学を応用したライティングテクニック、セールスライティングの知識などが必要です。

また、専門領域があればなお良しです。特に、医療やファイナンスに関する実績などをお持ちであればそれを活かすことで、多くの収入を得ることができるでしょう。

この点に関しては、おすすめの本をまとめているのでご覧ください。

スキル別・Webライティングのノウハウを学べる名著14選【Webライターおすすめ本】

内向的な人はWebライターに向いてる?

Webライターは、多くの場合1日のほとんどを執筆に当てています。インタビューを専門とする人だって、取材後はそれを記事にまとめるという作業を1日〜2日ほどかけてやっています。

1日中、ひとりで黙々と1万字を執筆することが日常になります。

ひとりの時間にエネルギーを充電する内向的な人にとっては、楽にのびのびとやれるのですが、人とコミュニケーションをとることでエネルギーを充電できる外交的な人にとっては苦痛でしかありません。

そのため、そもそもの特性として、Webライターには向き・不向きがあります。

自分がどちらの特性を持つのかを理解した上で、活き活きと仕事ができる環境をつくりたいですよね。

ということで、未経験からWebライターになる方法をお伝えしました。参考にしてみてください。

 







こちらをご覧の法人様で「SEO記事を作成したいけれど、ライターが見つからない…」という方はぜひご依頼ください。

可能なこと

  • 構成作成可能
  • 検索意図を考慮したSEO記事執筆
  • WP入稿可能(文字装飾可能)
  • 画像選定可能
  • 薬機法・景品表示法に基づいた執筆
  • トンマナの書き分け(*)

*サンプル記事

話し言葉を交えた親しみやすい記事▼
未経験だけどクラウドワークスで10万稼いだよ!失敗から学んだコツをまとめてみる

データを用いた信頼性のある記事▼
“Webライター”という働き方の魅力は社員・フリーとして仕事ができる柔軟さ

ご希望の文体で執筆させていただきます。

執筆分野は「保険関連」「税金関連」「金融関連」「ウェディング」「旅行」「美容・化粧品」です。

※この他の分野についても、受注可能な場合がございます。

都内にて対面・Webにてお打ち合わせ可能です。

ご発注の流れ

  1. お問い合わせフォームより依頼内容をご相談ください
  2. 3日以内にお見積もりをご連絡させていただきます
  3. 業務委託契約書の締結をお願いしております
  4. 成果物を納品
  5. 修正対応後、校了
  6. 請求書を確認いただき、報酬額をお振り込みください

このほか、疑問点、ご要望などお気軽にご連絡くださいませ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です