転勤族の妻のキャリアとは?パートを転々とするしかないの?【キャリアの成功術】

こんにちは里佳です。この記事は、転勤族の妻で今後のキャリアを考えている人に向けて書きました。転勤族の妻って、夫の都合でいつ転勤するかわからず、転勤の度に環境や人間関係が変わるので結構大変な思いをされている方も多いのかな?と思います。

自分自身も転勤族の妻でして、いろいろと悩むことも多かったのですが、これまでの経験から転勤族の妻におすすめのキャリアの考え方をお伝えします。

転勤族の妻の悩みとは

わたし自身も転勤族の妻なので、よく気持ちがわかるのですが、転勤族の妻にはこちらのような悩みがあると思います。

  • 夫の転勤で居住地を転々とすることになる
  • いつ転勤するかわからず責任をおう仕事ができず、パートを転々とすることになる
  • 環境や人間関係がガラリと変わる
  • その土地の文化に馴染むのに時間がかかる
  • その土地の地域情報を得にくい

人間関係や環境が変わることで、内気な人はかなりストレスになるんじゃないでしょうか。

同じ日本とはいえ、その土地によって雰囲気や考え方は微妙に異なりますよね。前の土地では常識だったことも、次の土地では非常識だったり。方言が強いところだと、相手の言っていることがよくわからず何度も聞き返してしまったり、自分自身の方言が通じなかったりします。

どれも些細なことですが、そんな些細なところからボタンの掛け違いが起こり、ちょっとずつ違和感が広がっていってしまうんですよね。今まさに悩んでいる人もいるかもしれません。

また、ローカルな情報もなかなか手に入りにくいですよね。病院、保育園、小学校の良し悪しなんかは、地元のコミュニティの中では常識でも、外からきたものは知りませんし、そういった情報は表に出にくくアクセスしづらいのが現状だと思います。

これだけでも、いかに転勤族の妻がなかなか大変なのかがわかりますが、より悩みがちなのは仕事に関してですよね。

パートを転々とするしかない?

転勤族の妻だとパートを転々とするしかない、または実際に転々としている、という人は多いかもしれません。

ですが、こちらをご覧の方の中にも「本当はもっとバリバリ働きたい!」と思っている人はいるのではないでしょうか?

働くことが好きな人にとっては、自分のキャリアが制限されることは歯がゆいですよね。

わたし自身、自分で転勤族の妻になることを選んだのに、責任のある仕事をどんどんこなしている友人たちを羨ましいと思った時期がありました。ただ、他人を羨んでいても仕方がないので、地道にやってきたわけです。

そして、今はスキル0からフリーランスとして独立することができました。

転勤族の妻におすすめしたいキャリアの作り方

転勤族の妻は、夫の転勤のタイミングで居住地を移動することになりますよね。その環境はしっかりと受け入れるしかないなと思います。

じゃあ、キャリアとして不利な状況の中で、ガシガシ働くにはどうすればいいのでしょうか?

転勤族の妻におすすめしたいキャリアの考え方がこちら。

  1. どんな業界にもスライドできるスキルを身につける
  2. オンラインで仕事をする
  3. フリーランス・独立を視野に入れる

スライドできるスキルを身につけることは、とてもおすすめです。これは、どんな環境でも実績が明らかで、業界関係なく応用でき、身一つで仕事ができるということです。

わたしは新卒で店舗運営の職についたのですが、それだと店舗ありきの仕事になりますし、そこで身につけたスキルは別の業界の店舗運営にはほとんど役に立ちません。これはスライドできないスキルとなります。

2つ目に、オンラインで仕事をするということです。いつ夫が転勤するかわからない状況では、場所に縛られない職を選ぶことが何よりも大事です。

オンラインで仕事をすることのメリットは一緒に働くメンバーが変わらないことです。居住地は変わっても、働く環境はそのままという状況が叶います。

3つ目は、フリーランス・独立を視野に入れるということです。転勤族の妻でキャリアを積もうと思ったら、「雇われ」の状況は非常に難しいところがあります。雇われるということは、会社の方針にある程度従う必要がありますが、転勤族の妻に転勤辞令を言い渡すことはできないですし、いつ転勤するかもわからない人に重要なプロジェクトを任せるのは(悲しいことですが)現実的ではないですよね。そうなると、どうしても評価にひずみが出てきてしまいますし、バリバリ働きたい人にとってはかなり悔しい思いをすることにもなるはずです。

だからこそ、いずれは独立する、フリーランスになる、と心に決めましょう。自力で稼げるようになると、自分の裁量で仕事ができる喜びを実感できると思います。

わたしは以上の3つを意識してウェブライティングという職種を選び、3年間コツコツと地道に歩んできました。夫の転勤にも対応でき、今ではありがたいことにフリーとしてお仕事をいただけています。経済的な自由もあるので、以前住んでいた土地に旅行することもありますし、お世話になった人にふらっと会いに行くこともできます。ある程度の経済的な自由と、働く場所の自由、裁量権を得たことはQOLをあげることにつながりました。

この情報が、転勤族の妻でキャリアに悩んでいる人に届けばいいなと思います。

それでは、今日もお疲れ様でした。







こちらをご覧の法人様で「SEO記事を作成したいけれど、ライターが見つからない…」という方はぜひご依頼ください。

可能なこと

  • 構成作成可能
  • 検索意図を考慮したSEO記事執筆
  • WP入稿可能(文字装飾可能)
  • 画像選定可能
  • 薬機法・景品表示法に基づいた執筆
  • トンマナの書き分け(*)

*サンプル記事

話し言葉を交えた親しみやすい記事▼
未経験だけどクラウドワークスで10万稼いだよ!失敗から学んだコツをまとめてみる

データを用いた信頼性のある記事▼
“Webライター”という働き方の魅力は社員・フリーとして仕事ができる柔軟さ

ご希望の文体で執筆させていただきます。

執筆分野は「保険関連」「税金関連」「金融関連」「ウェディング」「旅行」「美容・化粧品」です。

※この他の分野についても、受注可能な場合がございます。

都内にて対面・Webにてお打ち合わせ可能です。

ご発注の流れ

  1. お問い合わせフォームより依頼内容をご相談ください
  2. 3日以内にお見積もりをご連絡させていただきます
  3. 業務委託契約書の締結をお願いしております
  4. 成果物を納品
  5. 修正対応後、校了
  6. 請求書を確認いただき、報酬額をお振り込みください

このほか、疑問点、ご要望などお気軽にご連絡くださいませ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です