捨てるべき人間関係の見極め方とは?メンタリストDaiGoに学ぶ【文字起こし】

そろそろ年末ということで、大掃除や断捨離をしている方も多いことと思います。断捨離といえば、人間関係の断捨離と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「断捨離」なんて少しギョッとするような言葉ですが、考え方としては非常に的を得ているというか、大事だなと思ったので、メンタリストDaiGoさんのYouTube動画を引用しつつ、ご紹介してみます。

「最近なんとなく停滞感がある」「言葉にできないけれどモヤモヤした感覚がある」など、少し行き詰まりを感じている方はぜひご覧ください。

今回の元ネタ

今回の元ネタはYouTubeに上がっているので、興味のある方は見てみてください。

メンタリストDaiGo -大掃除すべき人間関係の見極め方

重要な箇所をピックアップしつつ、考えていきたいと思います。(太字は筆者によるもの)。

断捨離=自分の可能性と自由を増やす

まず語られたのは昨今の「断捨離」ブームについて。軽くまとめると

  • 断捨離の目的は自由な時間を増やすこと
  • 余剰時間に新しいことにチャレンジできる
  • 人生の可能性が広がる

ということなので、時間や手間がかかる断捨離は意味がないのでは?と提言しています。(例:洗濯機を捨てて、洗濯板を残す)

ここでは私自身の個人的な考えは置いておいて、一旦この考えで話を進めます。




良い人間関係とは?

断捨離の定義は、人生の可能性や選択肢を増やすこと、でした。

では、人間関係の断捨離に置き換えて考えてみるとどうでしょう?

この点については以下のように説明されていました。

一番良い人間関係、つまり自分にとって必要で、自分にとってメリットがあって自由な時間を増やしてくれて、可能性を増やしてくれる人間関係があればいいってことは明らかなんですが、1つ問題があるとすると、それを見抜くのがなかなか難しいと。

ここ、かなり大事な話をしているなと思うのでまとめます。

良い人間関係とは何か?
  • 自分にとって必要
  • 自分にとってメリットがある
  • 可能性や自由を増やしてくれる

正直、人間関係を良い悪いで捉えることって少ないと思うんですが、しっかり整理してみる機会を持つことは重要だと思います。

もちろん、人によっては定義は異なると思います。ふざけあえる関係が好きな人や、無言でも一緒に居られる人が好きという人もいるでしょう。

掘り下げてみると、自分がどんな関係性を欲しているのかが明確になってくるのではないでしょうか?




人間関係の良し悪しは「自分で自分を偽っているか」を見る

では、良い人間関係を定義できたら、次はどのように見極めるかです。

ここは結構単純で、自分に嘘をついているかどうかが大事だと言及しています。

結論から言うとですね、その人と付き合うときに自分の感情を押し殺したり、偽ったりする必要があるかっていうところを見てください。

その人に対する自分のネガティブな感情とか、無理やりその人の意見に合わせてポジティブに振舞ったりするとか、

つまりですね、自分の気持ちに嘘をつくっていう言い方がありますけど、自分の感情に嘘をつく人間関係を切っていくことをおすすめします。

人間関係を継続するために、自分に嘘をつく必要があるのかどうか?という視点が必要だということです。

2019年の秋クール、TBSの金曜ドラマで「凪のお暇」というドラマが放映されました。主演は黒木華。幼少期から強いくせ毛がコンプレックスの女性が主人公です。片田舎に住む親の願い通りに、良い大学に入り、有名企業に入社。親としては自慢の娘です。

そんな主人公は、毎朝ストレートアイロンでまっすぐに髪を整えて出社します。会社のエースである男性と付き合っているのですが、彼は「このサラサラの艶のある長い髪が好きなんだ」と。そう聞く度に、「本当はすごいくせ毛なんだ」という言葉を飲み込みます。

空気を読みすぎて、周りに合わせる主人公と、そんな人生を変えたいともがく姿がリアルに映像化されました。第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞「最優秀作品賞」を受賞しています。見逃したという人はamazon prime videoで全話配信されています(2020年8月現在)。

原作は漫画なのですが、累計発行部数は250万部を超えています。

ドラマも良かったのですが、漫画ももちろんめちゃくちゃ面白いです。

話が逸れましたが、凪のお暇を読んでいると、結構共感できてしまうんですよね。だから、意外と自分に嘘をついてしまう経験って多いのかもなと思いました。自分が思っている以上かもしれません。




常に人間関係の改善が必要

今回、面白いなとおもたのは「人間関係の改善」というキーワードです。改善って、業務改善とか効率改善とかビジネスの現場ではよく聞く言葉だなと思ったのですが、人間関係の改善というとなんだか仰々しい感じがします。

ポジティブな人間関係を作らないで職場の人間とか会社の人間で人間関係を作るとこう(ネガティブな人間関係ばかりに)なるんです。

「自分の周りにはそういう(しがらみの多い)関係しかいないから」という人は言い訳です、人間関係の改善を怠っている証拠なんですよ。自分が努力してないことを自分の環境のせいにするなと言いたいですね。

もし今周りにネガティブな人間関係があるなら、それは環境のせいではなく自分自身に課題がある、ということらしいです。

意識しないと手をつけられない部分ではありますよね。部屋の断捨離にも通じる部分です。

ここまでをまとめると、

  • 良い人間関係とは?を考える
  • 自分に嘘をついた経験を振り返る
  • 良い人間関係を構築するよう心がける

となります。




ネガティブな感情を押し殺すとどうなるのか?研究結果からわかった満足度が下がる相手

ちょっとここで、面白い研究結果が紹介されていたので、共有します。

イスラエルで行われた、404人の女性を対象にした研究結果です。

平均年齢が33歳。心理学的に最も信憑性があると言われている心理テストを行って、

  • 対人関係の中でどれだけの不安とか苛立ちを感じるのか
  • 自分が楽しいと思っているか
  • 興味がないのに楽しそうに振舞ったりする

など「自分の感情をどれだけ偽ったのか」

  • 対人関係、自分の人間関係に関する満足度
  • 「人間関係疲れたな〜」という疲労感

などの女性によくある偏頭痛といった体に関する不調が起こる頻度を調べたものです。

つまり、自分の感情を押し殺したり、偽ったりすることと、幸福度、満足度、体の不調がどれだけ関係するのかってことを調べました。

結果、面白いことがわかりました。

  • ネガティブの感情を隠すほど対人関係の満足度はめちゃくちゃ下がる
  • ポジティブな感情を演じた場合、満足度は下がるけれどもネガティブな感情を押し殺したほど満足度は下がらなかった

端的にまとめると、

自分に嘘をつくことのすべてが悪いと言っているわけではない、という点が興味深いですよね。

ネガティブな感情を押し殺すのはタブーだと肝に銘じましょう。

ある程度は仕方がない部分も、もちろんあると思いますが、「それを続けていると人生の満足度や幸福度は下がってしまうよ」と警告しています。

そして、こんな風に自分自身の経験を振り返ることが大事だとも言っています。

  • 自分が気持ちを押し殺したのはいつ?それは誰?

この質問を自分に投げかけてみます。

それがめっちゃ多い、この人と会うときはいつもネガティブな感情を感じるんだけどそれを押し殺して相手と付き合ってる、という人がいたら切った方がいいです。

仕事とか出世とかにもネガティブな影響が出るし満足度も下がるんで。

 




ネガティブな感情を感じる相手に付き合う必要はほぼない

とてもシンプルに言うと、ネガティブな感情を感じたり、それを伝えることができない相手がいるなら、人生の満足度が下がってしまうので、無理に付き合う必要はないですよ、ということです。

ネガティブな感情を感じるのに無理やり付き合う必要はほぼない。(略)

逆にネガティブなこととか文句ばっかり言ってくるような、自分の会社にいる上司とかと付き合っていくとどうなるかっていうと、どんどん精神が病んできて満足度が下がるので、

そういう意味で言うと、

  • 自分の感情を出せるかどうか
  • この人に対して自分の素直な感情が言えるかどうか

を考えてもらって(正直な気持ちや感情を)言えないんだったら切ってきちゃった方がいいのっていうが、人間関係の断捨離に関する大きな基準の一つなんですね。

もし今、自分の本音をうまく言えない人と付き合っているのなら、今一度見直してみても良いのかもしれません。

自分なりにアレンジしてみる

ここまで、メンタリストDaiGoさんのYouTube動画を紹介しました。

ネガティブな感情を抱いてしまう、それを伝えられない、自分を偽ってしまう、そんな相手がいるなら、切っちゃいましょう

ということでしたが、正直この対処法は人によるよなぁと感じました。

人間関係を切るって、少なからず自分にダメージがあります。だから、自分なりに整理すると、最初の方のステップ

  • 良い人間関係を定義する
  • 自分を偽ったかどうか振り返る

この2つをしっかり記録していくだけで十分効果がある気がしました。

自分にとって大事なものがわかったら、自分自身のコミュニケーションを工夫することで解決の糸口が見えてくるかもしれません。

アサーティブコミュニケーションという技法があります。これは、嫌な思いをしたときや、悲しい思いをしたときに、相手の気持ちも、自分の気持ちも尊重しつつ、しっかりと相手に伝える手法です。

こういう方法があるんだとわかれば、それだけで気持ちが楽になりますし、前向きに日々の関係を捉えることができます。

チャチャっと捨ててしまおう!なんて乱暴なことはせず、まずは自分自身の心がけを変えてみよう、ということです。そのほうが、負担が少ない、という人もいるんじゃないかなと思います。




以上、ちょっと面白い角度から紹介させていただきました。人間の悩みの9割は人間関係による、とどこかで聞いたことがあります。

逆に言えば、うまく対処できれば悩み事の9割が減るということ。前向きに対処法を探していきましょう。

こちらのほんもおすすめ▼

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え / 岸見一郎 【本】





お問い合わせはこちらから



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です