捨てるべき人間関係の見極め方とは?メンタリストDaiGoに学ぶ【文字起こし】

こんにちはウェブライターの里佳です。そろそろ年末ということで、大掃除や断捨離をしている方も多いことでしょう。

断捨離といえば、人間関係の断捨離と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?

少しギョッとするような言葉ですが、考え方の1つとして大事だなと思ったので、メンタリストDaiGoさんのYouTube動画を引用しつつ、ご紹介します。

メンタリストDaiGo「捨てるべき人間関係の見極め方」

引用:メンタリストDaiGo -大掃除すべき人間関係の見極め方

こちらが今回引用する動画です。もし時間があれば、一度見てみてください。

前半部分を文字起こししてみました(部分的に読みやすく修正しています、太字は筆者によるもの)。

断捨離=自分の可能性と自由を増やす

まず語っていたのは、「断捨離」ブームについて。

昨今の断捨離ブームに関してめちゃくちゃ思うんですけど、そもそも断捨離って何でするのかって言うと、断捨離することによって自由な時間が増えるからするんですよ。

自由な時間が増える=新しいことにチャレンジする時間が増える=人生の可能性が増える

ということのために断捨離ってあると思うんですよ。

だから可能性を減らすための断捨離っていうのは意味がない、という話をいつもします。

「洗濯機を捨てて洗濯板を買いました」みたいな断捨離の話を聞くと「馬鹿じゃないの?」と思うわけです。

自分の自由な時間を増やすために洗濯機があるのに、それを捨てて洗濯板にする…て何がしたいの?って思うんですよ。

「断捨離は、自分の可能性を増やし、自由な時間を増やすために行うもの」

というDaiGoさん。

なんともごもっともな意見ですよね。

ぐうの音も出ません…。

たしかに、何かを得たくて断捨離するはずなのに断捨離自体が目的化している人は多いかもしれません。

断捨離すること自体には意味がないはずですが、断捨離すれば幸せになる、断捨離すれば痩せる、断捨離すればお金が貯まる、断捨離すれば…、というようにだんだん拡大解釈されてきている節はありそうですよね。

断捨離すれば確かに気持ちがスッキリしますし(自分自身断捨離が好きなので、あの気持ちの良さは体験済みです)、部屋は片付くし、モノも探しやすくなるし、とイイコトづくめではあります。ですが、DaiGoさんは「断捨離する前に目的ありきでしょ」と言っているわけですね。

さらに話は続きます。

良い人間関係とは?

じゃあ自分の可能性を増やすために、どういう人間関係から 断捨離していけばいいの?という話を今日はしていきます。

どういう人間関係を処理したらいいのかって分かりにくいんですよ。

人を切るのってやっぱ嫌ですよね。

結局僕らが自分の人生を良くするためにどうしたらいいの?という話なんですけど。

一番良い人間関係、つまり自分にとって必要で、自分にとってメリットがあって、自由な時間を増やしてくれて、可能性を増やしてくれる人間関係があればいいってことは明らかなんですが、1つ問題があるとすると、それを見抜くのがなかなか難しいと。

ここ、かなり大事な話をしているなと思うのでまとめます。

良い人間関係の定義
  • 自分にとって必要
  • 自分にとってメリットがある
  • 可能性や自由を増やしてくれる
すごくシンプルに考えると、本当にこの通りですよね。自分の可能性や選択肢を広げるために、人間関係はあるべきですよね。

とはいえ、「そううまくはいかないよ」という人も多い気がします。




人間関係の良し悪しは「自分で自分を偽っているか」を見る

では、人間関係はどのように見極めればよいのでしょうか?この点についてDaiGoさんは以下のように言及していました。

結論から言うとですね、その人と付き合うときに自分の感情を押し殺したり、偽ったりする必要があるかっていうところを見てください。

その人に対する自分のネガティブな感情とか、無理やりその人の意見に合わせてポジティブに振舞ったりするとか、つまりですね、自分の気持ちに嘘をつくっていう言い方がありますけど、自分の感情に嘘をつく人間関係を切っていくことをおすすめします。

人間関係を見極めるなら

自分が自分を偽っているかどうかを見る

ことが大事だそうです。

人間関係の改善を怠っている?

こちらをご覧の人の中には、「そうは言っても、社会に出たら自分に嘘をつく必要のある相手ばかりになるものだよ」という方もいらっしゃるかもしれません。

こちらについては、一刀両断というか、キッパリと否定しています。

ポジティブな人間関係を作らないで職場の人間とか会社の人間で人間関係を作るとこう(ネガティブな人間関係ばかりに)なるんです。

僕も芸能界をかじったこともありますけど、 そういったしがらみしかない人間関係を経験してるんですよ。で、そういった身から言わせてもらうとですね、「自分の周りにはそういう関係しかいないから」という人は言い訳です、人間関係の改善を怠っている証拠なんですよ。自分が努力してないことを自分の環境のせいにするなと言いたいですね。

こちらもまた、本質的というか…。

今ある人間関係に、なんとなく不満や不安を抱きつつも、何もせぬまま過ごしている方、多いのではないでしょうか。

「人間関係を改善するかどうかは自分次第なんだから、ちゃんと努力すべき」という喝がありました。




ネガティブな感情を押し殺すとどうなるのか?研究結果からわかった満足度が下がる相手

イスラエルで行われた、404人の女性を対象にした研究結果です。

平均年齢が33歳。心理学的に最も信憑性があると言われている心理テストを行って、

  • 対人関係の中でどれだけの不安とか苛立ちを感じるのか
  • 自分が楽しいと思っているか
  • 興味がないのに楽しそうに振舞ったりする

など「自分の感情をどれだけ偽ったのか」

  • 対人関係、自分の人間関係に関する満足度
  • 「人間関係疲れたな〜」という疲労感

などの女性によくある偏頭痛といった体に関する不調が起こる頻度を調べたものです。

つまり、自分の感情を押し殺したり、偽ったりすることと、幸福度、満足度、体の不調がどれだけ関係するのかってことを調べました。

結果、面白いことがわかりました。

  • ネガティブの感情を隠すほど対人関係の満足度はめちゃくちゃ下がる
  • ポジティブな感情を演じた場合、満足度は下がるけれどもネガティブな感情を押し殺したほど満足度は下がらなかった

ここまでを端的にまとめると、

  • ネガティブな感情を偽る→満足度はかなり下がる
  • ポジティブな感情を演じる→満足度はそこまで下がらない
とのこと。

傷ついたり、怒ったり、悲しい気持ちになったりするような相手に対して、ヘラヘラっとごまかしてしまうことって誰しも経験があるのではないでしょうか。もしくは空気読めないと思われたくなくて、本心とは異なる行動や表情をしたり…。

ある程度は仕方がない部分も、もちろんあると思いますが、「それを続けていると人生の満足度や幸福度は下がってしまうよ」と警告しています。

最近、ネガティブな感情を偽ったのはいつ?

結論としてはこうです、皆さん、胸に手を当てて暇な時間に考えてもらって

  • 自分が気持ちを押し殺した経験はいつだっただろうか
  • 今年自分の気持ち、特にネガティブな気持ちを押し殺して人と付き合ったのはいつだっただろうか

と考えてください。

それがめっちゃ多い、この人と会うときはいつもネガティブな感情を感じるんだけどそれを押し殺して相手と付き合ってるという人がいたら切った方がいいです。

仕事とか出世とかにもネガティブな影響が出るし満足度も下がるんで。

ネガティブな感情は隠すほどよくないということです。

そんなシーンがなかったかどうか、最近の出来事を振り返ってみてください。




ネガティブな感情を感じる相手に付き合う必要はほぼない

ネガティブな感情を感じるのに無理やり付き合う必要はほぼない。(略)

逆にネガティブなこととか文句ばっかり言ってくるような、自分の会社にいる上司とかと付き合っていくとどうなるかっていうと、どんどん精神が病んできて満足度が下がるので、

そういう意味で言うと、

  • 自分の感情を出せるかどうか
  • この人に対して自分の素直な感情が言えるかどうか

を考えてもらって言えないんだったら切ってきちゃった方がいいのっていうが、人間関係の断捨離に関する大きな基準の一つなんですね。

もし今、自分の本音をうまく言えない人と付き合っているのなら、今一度見直してみても良いのかもしれません。

ここで1つ注意点なのですが、この場合の悪い人間関係というのは、自分が感情を隠さなければいけない関係のことです。

もし、嫌な思いをしたときや、悲しい思いをしたとき、イラっとしたときに、それを相手に伝えることができ、相手も自分の気持ちを尊重してくれる関係ならば問題ないということ。この場合は、少しずつ改善を試みるだけでもよいはずです。




人間関係の断捨離に関する3つのステップ

人の悩みの9割は人間関係と言われますよね。人間関係が心地よければ、人生はかなり楽だと思います。

そして、人間関係をよくするためにメンタリストDaiGoさんが紹介してくれた研究によると、

ネガティブな感情を偽ってしまう相手は切るべし

ということでした。

そして、その上で新しい人間関係の出会いの場へと出かけていく。そこで出会った人の中から、自分がポジティブな感情になれない人を切っていくと良いそうです。まとめるとこうなります。

良い人間関係の築き方
  1. 自分がネガティブな気持ちを押し殺している人達を切る
  2. 自分の人脈、人間関係を広げる
  3. 最終的につまんない人たちを切っていく
DaiGoさん曰く、ネガティブな感情を押し殺したり、偽ったりしてしまうと、見た目もすごく老けるそうです。

新年を新しい気持ちで迎えるためにも、人間関係の断捨離について考えてみたいですね。

もし悩んでいる人がいれば、こちらも参考にしてみてください▼

 

一人好きな人のための、おすすめの職種をまとめました。合わせてこちらも読んでみてください。

一人好きが語る「一人好き」に向いてる仕事とストレスフリーで幸福に生きるコツ

2019.02.20









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

夫の転勤がきっかけで未経験からウェブライティングを始め起業。現在は、複数のクライアント様と共に様々なウェブサイトの記事執筆、構成づくりなどを行なっています。主要ジャンルは女性向けメディア、ウェディング、ライフスタイル関連です。