一人好きが語る「一人好き」に向いてる仕事とストレスフリーで幸福に生きるコツ

「一人が好き」

「できるだけ一人でいたい」

「一人だとリラックスできる、落ち着ける」

そんな人に向いている仕事はあるのでしょうか?

今回は、一人好きが自分の能力を発揮できる仕事について考察してみます。

もし今窮屈な働き方をしているのであれば、今後を考えるきっかけにしてみてください。この記事が、読んでいる方のお役にたてば嬉しいです。

一人好きとは?3つの特徴

そもそも一人好きな人とはどういう人なのでしょうか?

心理コーディネーターの織田隼人さんによると、一人好きな人の特徴は以下の通りだそうです。

大勢での会話が苦手

人といると気を遣う性格

やりたいことがはっきりしている

引用元:「一人が好き」な男性の心理とは? 特徴と恋愛傾向

創作活動が好きな人が多く、大勢の会話にはあまり参加したくないと思う傾向が強いようです。

自分のやりたいことがはっきりしており、こだわりや考えもあるのですが、人と同じ空間にいると気を遣う性格なのだそう。

もしかすると「一人が好き」という人は、他の誰かと一緒にいるときは周りを優先して合わせてしまっているのかもしれません。

そうであれば、一人でいる方が心地よい、というのも頷けますよね。

じつはあの人も?「一人が好き」な人は意外と多い

私自身は一人が好きな人間なのですが、このことをネットでちょっとつぶやいてみたところ、「私も(僕も)です」と共感の声をいただきました。中にはセミナーの講師をされているような方もいらっしゃいましたね。

このことから「隠れ一人好き」は意外と多いのかも?と思うようになりました。あえて言葉にしなくても一人が好きな人は多いのかもしれません。

一人好きに向いている仕事とは?ポイントは「没頭」「創造」「自己決定権」

では、一人好きに向いている仕事とはどんなものなのでしょう?

色々と書籍を読んで考えてみたのですが、ポイントは以下の3つだと思います。

  • 作業に没頭できる環境
  • 想像性、クリエイティビティ
  • 自己決定権

1、作業に没頭できる環境

一人好きな人って、人といると気を遣う、また大勢での会話が苦手、という人が多いと思います。

できるだけ自分の世界に没頭できた方が、リラックスできるのではないでしょうか?

最近読んだ本にはこのような記述がありました。

内向的な人の多くは、職場では静かに仕事したいと思っています。他の人が電話で話していると、気が散ったり、ひどくいら立ったりしてしまいます。

内向的な人は、落ち着いた環境で、誰からも邪魔されず、深く集中し、完全なフロー状態になれるとき、最高の結果を残せるのです。

引用元:敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント

「内向的=一人好き」とするのは、少しずれるかもしれませんが、似通ったところはあるかなと思います。

ちなみに、内向的と敏感な人(HSP)もちょっと異なるので、もし気になる人がいればぜひ読んでみてください。

2、想像性、クリエイティビティ

一人好きは、好奇心が旺盛で、常に頭の中で考え事をしているような人が多いです。一見仕事には結びつかないように思えますが、実際にはアイデアの源泉となります。

想像性と言うとアーティストなどを思い浮かべそうですが、クリエイティビティを発揮できる仕事は、例えば、法則性を見つける、業務効率化を図る、人が思いつかないような企画・アイデアを発想する、なども当てはまります。

想像力を発揮できる仕事は向いてるはずです。

3、自己決定権

3つ目のポイントは、自己決定権。

冒頭で紹介した一人好きな人の特徴の1つに「やりたいことがはっきりしている」とありました。きっと、「やり方は自由、好きにして良いよ」と言われた方が能力を発揮できるのではないでしょうか。

集団のルールや規則、指示などは、納得できないものだった場合、仕事をする上でかなりネックになると思います。ガチガチにマニュアルに従うのも窮屈そうですよね。ある程度、裁量をもつ仕事が向いているはずです。

また、働く人や場所を自分で決めることができると、人の幸福度は上がるそうです。参考にしている書籍にはこのように書いてありました。(太字は筆者によるもの)

職業別の幸福度を調べると、多くの研究で、自営業と公務員の幸福度が高いことが知られています。

収入が少なくても、会社員より自営業の方が人生の満足度が高くなるのは、自分の好きなことをして自己実現できるからだけではありません。

時間(いつどれだけ働くか)と人間関係(誰と働くか)が選べれば、それだけで幸福感は大きく上がります。

引用:幸福の資本論

幸福に仕事をする上で、時間と人間関係を自己決定しコントロールできるかどうかは、非常に重要なファクターだと言えます。

一人好きな人に向いているのは”手に職”系?

3つのポイントから、向いている職種を考察してみました。上記の3点を満たすような仕事をピックアップしてみます。

  • ライター
  • デザイナー
  • 職人(陶芸、彫刻、伝統工芸など)
  • ハンドメイド作家
  • 農家
  • セミナー講師
  • コンサルティング
  • ブログ、アフィリエイトサイト運営
  • エンジニア

上記は、作業に没頭することができ、想像性があり、自己決定権があるものです。こうして挙げてみると、いずれも「手に職系」のお仕事ですね。

これらの職種であれば、自分の能力を発揮しつつ、生き生きと仕事ができるのではないかと考えています。

では、どうしたら手に職系で働くことができるのか?というと、もっとも気軽に始めやすいのはライティングだと思います。

私自身、未経験から始めて2ヶ月後に10万円の収入を得ました。そして今は、フリーランスとして仕事を任せていただいています。

クラウドソーシングサイトでは、誰でも簡単に自分の能力を試すことができます。もし肌に合うのであれば本格的に始めてもいいかもしれません。

代表的な大手クラウドソーシングは複数あります。特に押さえておきたいのはこちらの3社です。

  1. クラウドワークスの詳細はこちら (初心者におすすめ)
  2. ランサーズの詳細はこちら
  3. サグーワークスの詳細はこちら

中でも初心者、未経験者におすすめなのはクラウドワークス。案件が豊富で、システムもわかりすいです。

気になった人はリンクを貼っておくので、もしよければ詳細を確認してみてください。

➡︎クラウドワークスの詳細を確認する

自分の特性を活かせる仕事を

チェスが得意な人にサッカーをさせたり、絵を描くのが上手な人にダンスをさせたりするよりも、それぞれが得意なことをやった方がみんなが満足すると思いませんか?

もし今、窮屈な働き方をしているのであれば、一度見直してみてはいかがでしょうか。その方が、自分にとっても、周りの人にとっても良い影響を生むはずです。

この記事を読んだあなたに読んでほしい本

世の中にはもともと繊細な気質をもつ人がいます。HSP(ハイパーセンシティブパーソン)と呼ばれるこの人達は些細なことに敏感で、人間関係のちょっとしたことに悩んだり疲れてしまったりと、色々抱えてしまいます。

そんな人について書かれた本がこちら。45万部を突破した話題のベストセラーです。「なんでこんなに疲れてしまうんだろう?」「なんでこんなに大変なんだろう?」こんな風に悩む方は、リンクを貼っておきますので、もしよければ詳細を見てみてください。