一人好きが語る「一人好き」に向いてる仕事とストレスフリーで幸福に生きるコツ

「一人が好き」

「できるだけ一人でいたい」

「一人だとリラックスできる、落ち着ける」

そんな人に向いている仕事はあるのでしょうか?

今回は、一人好きが自分の能力を最大限に発揮できる仕事について考察してみます。

もし今窮屈な働き方をしているのであれば、今後を考えるきっかけにしてみてください。

一人好きとは?3つの特徴

そもそも一人好きな人とはどういう人なのでしょうか?

心理コーディネーターの織田隼人さんによると、一人好きな人の特徴は以下の通りだそうです。

  • 大勢での会話が苦手
  • 人といると気を遣う性格
  • やりたいことがはっきりしている

引用元:「一人が好き」な男性の心理とは? 特徴と恋愛傾向

創作活動が好きな人が多く、大勢の会話にはあまり参加したくないと思う傾向が強いようです。

自分のやりたいことがはっきりしており、こだわりや考えも強いのですが、人と同じ空間にいると気を遣う性格なのだそう。

もしかすると「一人が好き」という人は、他の誰かと一緒にいるときは自分のやりたいことを脇に置いて、周りに合わせてしまっているのかもしれません。

そうであれば、一人でいる方が心地よい、というのも頷けますよね。

じつはあの人も?「一人が好き」な人は意外といるのかも

私自身は、とても「一人が好き」な人間ですが、リアルの場でこのことを公言することはありません。

しかし、匿名性の高いネットでちょっとつぶやいてみると「私も(僕も)です」と共感の声をいただきます。(中にはセミナーの講師をされているような方も…)

その度に思うんです、「隠れ一人好き」は意外と多いのかも…と。

表に出さない理由は様々あるのでしょうが、歴史を遡ればもともと農耕民族であり、協調性を重んじてきた日本において、一人が好きというのは言い出しにくい雰囲気があるのかもしれません。

一人好きに向いている仕事は「没頭」と「創造」と「自己決定権」

一人好きに向いている仕事とは

  • 没頭できること
  • 創造性
  • 自己決定権

という3つがポイントではないかと私は考察しています。

1、没頭できること

一人好きの特徴をおさらいしてみます。

  • 大勢での会話が苦手
  • 人といると気を遣う性格
  • やりたいことがはっきりしている

人といると気を遣う、また大勢での会話が苦手、ということは、できるだけ自分の世界に没頭できた方が脳をリラックスした状態にすることができる、ということ。

緊張状態では最大限に能力を発揮することはできません。没頭できる環境は一人好きが仕事をする上で大事かと思います。

2、創造性

一人好きは、自分なりの強いこだわりがある人が多いようです。

創作意欲が高く、好奇心が旺盛で、常に頭の中で考え事をしているような人も多いでしょう。

そうした空想は、一見仕事には結びつかないように思えますが、実際にはアイデアの源泉となります。

つまり、一人好きな人は、クリエイティビティを発揮できる仕事(例えば、法則性を見つけたり、業務効率化を図ったり、人が思いつかないような企画・アイデアを発想したり)ということに向いているはずです。

3、自己決定権

3つ目のポイントは、自己決定権。

創造性にもつながりますが、自分なりのこだわりがあるのであれば、理解できない集団のルールや規則、指示に心から従うことは難しいでしょう。納得できるかどうかって、仕事をする上でかなり重要だと思います。

おそらくすべてをコントロール下に置かれる状況は好きではないのではないでしょうか?

「やり方は自由、好きにして良いよ」と言われた方が能力を発揮できる人は多いはず。

自己決定権、裁量権がある仕事の方が、一人好きな人には向いていると考えられます。

一人好きな人に向いているのは”手に職”系

3つのポイントから、向いている職種を考察してみました。上記の3点を満たすような仕事をピックアップしてみます。

一人好きに向いている仕事
  • セミナー講師
  • コンサルティング
  • ブログ、アフィリエイトサイト運営
  • デザイナー
  • ライター
  • エンジニア
  • 職人(陶芸、彫刻、伝統工芸など)
  • ハンドメイド作家
  • 農家

上記は、作業に没頭することができ、創造性があり、自己決定権があるものです。

こうして挙げてみると、いずれも「手に職系」のお仕事ですね。

これらの職種であれば、自分の能力を発揮しつつ、生き生きと仕事ができるのではないかと考えています。

Webライターに向いている人・向いてない人を見分けるたった1つの質問

2019.01.14

大事なことは自分の特性を理解して発揮すること

人は、自分の本来の力を発揮することで、社会に貢献できます。

チェスが得意な人にサッカーをさせたり、絵を描くのが上手な人にダンスをさせたりすることはないですよね。苦手なことを無理やりやらせたって、誰の得にもならないはず。

また、環境も大事だと思います。自分の好む環境で作業できなければ、仕事は思うように進まないでしょうし、ストレスも溜まる一方ですよね。

もし今、窮屈な働き方をしているのであれば、一度見直してみてはいかがでしょうか

とはいえ、いきなり本業を変えるのはハードルが高いですよね。ということで、まず副業で自分らしい働き方を模索してみるのも1つの手だと思います。ぜひ試してみてください。

「一人好き」なあなたへのおすすめ本▼

里佳
ノマドワでは、未経験からフリーライターになる方法を紹介しています。合わせて読んでみてください。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です