主婦がライティングで起業しました【未経験からフリーライターになる方法】

こんにちは、ライターの里佳です。

在宅ワークや副業でウェブライティングをやってみたい!未経験者でもライターになれる?

今回はこんな風に思っている方に向けて、未経験からライターになる方法をご紹介します。

自分自身まったくの素人から始め、今は起業している身で、ライティングは誰でも挑戦できる分野だと思っています。

ただ、継続的に「書くことで食べていく」となると少しコツが必要なのかな…と。参考になれば幸いです。

では、順に見ていきましょう。

主婦目線で語るライターの魅力3つ

まずは、主婦の視点でライターという仕事の魅力を語ってみます。

ライターの良いところ
  • 自分の文章をたくさんの人に読んでもらえる
  • 成果、評価をもらえる
  • スケジュールに融通が利く

自分の文章をたくさんの人に読んでもらえる

企業のWebサイトで記事を書くようになると、自分が書いた文章をたくさんの人に読んでもらうことができます。

記名・無記名に関わらず、自分の文章が誰かの役に立ったり、誰かを勇気付けたり、誰かの背中を押したりするようになるのです。

どこかの誰かが、自分の文章や発信した情報を参考にしてくれてる、と思うとすごく嬉しくなりませんか?

あなたの文章が、月に数百、いや数千回見られることを想像してみてください。

もし、少しでも「いいな」と思うのならば、ぜひ挑戦してみて欲しいです。

成果、評価をもらえる

ライターとして仕事をしていくと、あなたの文章を褒めてくれる人も現れると思います。それは、編集者だったり、一緒に働く人であったり、読者だったり、さまざまです。

仕事をする意味って報酬以外にも、自分が誰かの役立ってる実感とか、感謝されてるんだっていう気持ちが大事だったりすると思います。(特に女性は共感してもらえるかと…。)

しかし、評価や感謝をしっかり言葉にしてもらえる機会ってあまりないのも事実。

ライターとして仕事をすると、例えば、

  • 「今回の記事、とてもよかったですよ」
  • 「いつも素晴らしい記事をありがとうございます」

こんな言葉をいただけるはずです。

また、頑張りや評価に応じて報酬がアップしたり、あなたのランクが上がったりすることもあります。

きちんと目に見える形で自分を評価してもらえます。直接的に褒められるのって、想像以上に嬉しいと思います。

スケジュールに融通が利く

ライターの仕事の大半は「記事を納品すること」です。

納期までに記事を納品できれば、スケジュールはあなたの自由。ペース配分も自分で決められます。

スキマ時間を有効活用して記事を執筆するライターさんもいます。

プライベートの用事があるときは、クライアントさんと相談して納期日を調整できます。

あなたのスケジュールを優先して仕事を進めることもできるのです。

この働き方は、特に転勤族の妻や子育て中のママにとって好都合なはず。私自身、恩恵を受けている人の1人です。詳しくはこちらで。

転勤族の妻は"在宅フリーランス"で稼ごう!会社員よりも豊かな生活になる理由【体験談】

2018.07.31

未経験・初心者でもライターになれる?【ライターの始め方】

私のように、これまで一切執筆経験がないとしても、ライターになることは可能です。ここからはちょっと具体的な話をしていきます。

まずは準備してから…という人へ【独学に役立つ本まとめ】

私自身は、仕事を受けていく中で学び、経験を積む方法が好きなのですが、「まずはちゃんと勉強してから始めたい」という人も多いと思います。

そういった方は、まずは本を読んでみることをおすすめします。

10冊ほど読めば、ライティングテクニックの基本や応用、フリーランスとして仕事を進めるコツなどを学べます。(ちなみに、私はセミナーに行ったことはありません。資格も何ももっていません。)

こちらにライティングに役立つおすすめ本をまとめました。

これだけ読んどこ!現役Webライターがおすすめするライティングに役立つ本15選

2018.08.26

サッとWebライティングのコツだけ知りたいという人はこちらで。

これは使える!Webライティング11のテクニック【コレだけで一気に上達!?】

2018.07.03

未経験者・初心者がライターになる方法

ある程度知識を身につけたら、アクティブに動いていきましょう。

どうやって実践していくのか、よりリアルな話をご紹介します。初心者からライターになるための方法は主に3つ。

未経験者・初心者がライターになる方法
  1. ブログを書く&SNSを開設する
  2. 気になるサイトの「ライター募集」に応募する
  3. クラウドソーシングを利用する
順に見ていきましょう。

1、ブログを書く&SNSを開設する

ブログを書いて、それをSNSで発信して有名になる方法です。

実際、

これまで執筆経験がなかったのに、ブログを書いてSNSでシェアしたところ、一気にバズり、それが編集者の目に留まり、ライターとして記事を書くことになった

というシンデレラストーリーを描く人もいます。

私自身はバズを経験したことはないのですが、地道にTwitterを仕事に繋げる方法なら経験があるので、こちらに書きました。合わせて読んでみてください。

twitterをやる目的とは?その2 仕事につながる運用方法【フリーランス向け】

2019.04.30

2、気になるサイトの「ライター募集」に応募する

あなたがよく見るWebサイトがあれば、ライターを募集していないか確認してみてください。

お問い合わせ・運営会社のリクルートページ、あるいはSNSなどで概要を知ることができます。

そして、もし募集していたらぜひ応募してみましょう。

その際、これまでの執筆記事を求められることがあるので、編集者さんに見せられる見本記事を用意しておくとスムーズです。

3、クラウドソーシングを利用する

最後に、もっとも気軽にできて、かつ定番なのがクラウドソーシングを利用する方法です。

この方法は、手堅く・ノーリスクで稼ぎたい人におすすめ。

案件をやりながら、ライティングの基礎を学ぶことができます。

書くことが好きな人なら、3つの方法の中でもっとも早く稼ぐことができるでしょう。月数十万円を稼ぐ人も珍しくありません。

未経験だけどクラウドワークスで10万稼いだよ!失敗から学んだコツをまとめてみる

2018.08.29

未経験者・初心者がライターを始めるときの注意点

クラウドソーシングを始めるときは

  • サイト選び
  • クライアントとの相性

がとても大事です。

あまり大きな声では言えませんが、中には悪質なクライアントもいます。

途中で音信不通になったり、最悪なケースだと納品したのに報酬が支払われないことも…。

そのため、仕事を受けるときは相手の言葉や仕事に対する姿勢をしっかり見極める必要があります

やり取りする中で少しでも違和感を覚えたなら、その取引は辞めておいた方が良いです。

特に今クラウドソーシングは乱立しているので、気をつけてくださいね。

こちらのサイト、ノマドワでおすすめしている3社は、大手企業も発注者として利用しており、高単価案件も多く、システムも整っています。安心して利用できるので、気になる方は確認してみてください。

実際フリーライターになるとどうなる?生活スタイルや悩みと幸福

フリーライターのリアルな生活を赤裸々に語りました。

里佳
向き、不向きはあると思いますが、在宅フリーランスは楽しい働き方かなと思います。

未経験から独立!フリーWebライターの悩みと幸福*生活スタイルや勉強方法も公開

2018.09.30

まずは気軽にはじめてみよう

もし「書くことで報酬を得たい!」と思っているなら、ライターはおすすめの仕事です。

あなたの文章が、誰かの役に立ち、そして報酬をいただけるって幸せなことだと思います。

もし悩んでいるのなら、ぜひ今すぐ行動してみてください。

1つ言えるのは、ライターを始めることで損することはないということ。まずは無理せず、副業として取り組んでみてはいかがでしょうか?

向いている人とは?

「そもそも自分はライターに向いているかな?」

と気になる人はこちらも読んでみてください。

Webライターに向いている人・向いてない人を見分けるたった1つの質問











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です