修正依頼に凹んだ時はどうする?よくある3つのパターンと対策

ウェブライターをやっていると、クライアントから修正依頼を受けることがありますよね。そして、修正依頼って結構凹みませんか?頑張って書いた文章にダメ出しされるのは、あまりいい気持ちにはなりませんよね。

でも、修正依頼は自分を成長させるチャンスにもなります。

今回は、

  • 修正依頼に凹んでしまう気持ちをどう切り替えたらいいのか?
  • 修正依頼をなくすにはどうしたらいいのか?

などをご紹介します。修正依頼を乗り越えて、さらに成長していきましょう!

修正依頼は「記事をよくしたい」という気持ちの表れ

まず重要なのは、修正依頼は「書き手を全否定するものではない」ということです。

修正依頼を受けると「自分の文章はダメなんだ…」と凹みそうですが、修正は「より良い記事を作りたい」という想いがあるからこそ言われるものです。

ライター自身も「よりよい記事を読んでもらいたい」という気持ちは一致しているはずです。文章をダメ出しされると、自分自身を否定されたような気持ちになるかもしれませんが、そんなことはないです。




修正依頼はライティングスキルを上げるためのチャンス

もう1つ重要なのが、修正依頼は、自分で気づけなかったところを指摘してもらえるチャンスだということ。

自分の文章を誰かに添削してもらえることなんてあまりないので、むしろいい機会です。

そもそも、編集者の立場にたつと、修正依頼って手間です。自分で書いてしまった方が早いわけで…。

「ここ修正してくださいね」と原稿を返すのには「次はこのように書いてくださいね」というメッセージが含まれています。つまり、「今後もお願いしますね」ということ。

気づけなかったところを指摘してもらえることで、次回からは注意しながら執筆できます。

修正依頼をクリアすれば、あなたのライティングスキルは向上するし、よりその媒体に適したライティングができるようになるし、といいことばかりです。

修正依頼を乗り越えることができれば、ライターとしてまた1歩成長できます。




修正依頼のよくある3パターン

修正依頼は、多くの場合3つのパターンに分類できます。自分がどこで引っかかっているのか、確認してみてください。

修正依頼①文法&レギュレーションのミス

  • 最低限の言葉のルールが守れていない
  • レギュレーションが守られていない

という場合の修正依頼。

この場合は、文章スキルの本を何冊か読んでみたり、レギュレーションのミスを指摘されたらメモしておく、などの対処法があります。「2度同じミスをしないぞ!」という気持ちで取り組むといいと思います。

おすすめはこの2冊

文章スキルに関しては、こちらの2冊をしっかり読み込むことで解決すると思います。




修正依頼②キャッチコピーに関する指摘

  • 読み手への訴えかけが弱い
  • キャッチーでなく、読み手を引き込む文章ではない

ウェブライティングは、文章を書くだけでなく、「いかに読んでもらうか」が大事です。

この場合の指摘は、普通の文章術ではなく、コピーライティングやマーケティング、心理学の本が参考になります。

おすすめはこの2冊

コピーライティング、セールスライティング、心理学を応用したライティングテクニックを学べる本はこちら。読んで損なしです。




修正依頼③ペルソナを意識できていない場合

ウェブライティングならではのスキルという部分にも共通するのですが、サイトのペルソナを意識することも、大事なこと。

  • コレは読み手が欲しい情報か?
  • 読み手が好きな文体になっているか?

という視点で考えていきましょう。

具体的な対策としては、ペルソナに近い

  • 雑誌を読む
  • SNSアカウントの発信内容を把握

などがオススメ。雑誌媒体は特に、表現の仕方が勉強になりますよ!




修正依頼を最小限に防ぐには?

ここからは、修正依頼を最小限に防ぐための方法を紹介します。

レギュレーションは入念に確認する

まず、レギュレーションを守れていない場合は、入念に確認しておきましょう。

数十項目もあると、最初のうちはどうしても漏れが出てくると思うんですよね。

しっかりと隅々まで把握して、レギュレーション通りに文章を書くというのは、ウェブライター を始めたばかりの人にとって最初の難関だと思います。すごく大変ですよね。でも、大変だからこそしっかりやりましょう。

納品前にセルフチェック

納品前にセルフチェックすることも大事。

  • 誤字脱字はないか
  • レギュレーションを守れているか
  • もっと引きのあるタイトルや見出しにできないか
  • わかりづらい表現はないか

など、しっかりチェックしていきます。

修正依頼の内容は記録し、まとめておく

同じ修正依頼を受けないために、前に受けた指摘は記録しておくことをおすすめします。ノートやエクセルなどにまとめておけば、セルフチェックする際に、指摘された内容を把握できます。

こうすれば、同じミスをすることが減りますし、もし以前と異なる指摘をされたとしても「以前はこのようにご指摘いただきましたが…」と相談することもできます。

ライターにとっても、編集者さんにとっても、ストレスのない状態がつくれます。




そのほか、気をつけておきたいこと

修正依頼を防ぐこと以外にも、やっておきたいことがあります。

こまめに相談する

  • 「だいたいこういった形でお願いします」
  • 「そのへんはうまくやっておいてください」

こんな感じで、依頼内容が曖昧な場合もあるかもしれません。この場合は、100%つくりあげてから納品するのではなく、60%くらい(構成の骨組みくらい)だけをサクッと書いて、一旦確認してもらうのがベスト。

そこで、相手の認識にズレがあればその時点で指摘してもらえます。完成してから確認すると、大幅な修正が必要になってしまうこともあるので、慎重に何回もやりとりをして作業を進めます。

「何回も相談してしまうと申し訳ない」と思うかもしれませんが、この場合はむしろ全然問題ないと思います

しっかりと確認しつつ進めてもらった方がお互いにロスがないので、クライアントにとっても都合がいいはず。「こんなに質問しちゃって大丈夫かな?」と思うくらいこまめにチェックもらいましょう。

契約書で修正回数について事前に取り交わしをする

クライアントさんと案件を契約する際に、修正回数について取り交わしをすることも大事です。

  • 修正回数は◯回まで
  • それ以降は別途料金が発生します

などのように、契約書に明記すると後々トラブルを防げます。




先方の修正依頼に誤りがあるときは?

もしも、先方からの修正依頼が間違っていたらどうすればいいのでしょうか?

なんとなく上下関係を感じて言いたくことを言えなくなってしまう人もいるかもしれませんが、この場合はちゃんと伝えることが好ましいです。

相手も人ですし、修正依頼の内容が間違っていることもあります。例えば昔、「この商品の内容を追記してください。参考URLはこれです」という修正依頼を受けたのですが、参考URLの内容が間違っており、その商品はすでに廃盤になっていたということがありました。

このときは、

先日、修正依頼をいただいた件ですが、調べたところこちらの商品はすでに廃盤になっているようです。お店に問い合わせたところ●年●月に製造を終了したそうです。このように追記させていただいてもよろしいでしょうか?

といった感じで対応しました。

すると「それは大変失礼いたしました。では、そのように対応いただけますか?」という風に話が進みます。修正依頼が間違っている時は、指摘した方が良いです。




修正依頼が悪質な場合は案件を断る勇気も必要!

むずかしいのがクライアントが悪質だった場合です。例えば以下のような時です。

  • 先方の都合で修正依頼がコロコロ変わる
  • 当初の指示にはなかったことを途中でどんどん追加される
  • 急な対応を強要される(今日の夜までに!明日の朝までに!など)
  • 対応が乱雑で、ライターを使い捨ての駒ように扱う
  • 必要な返事をもらえないなど報告連絡相談に支障がある

個人的には、「今後も付き合っていきたい」と思うクライアントであれば、ある程度「うーん」と思う修正依頼でも引き受けますが、もしそう思えないようであれば取引をやめた方が良いと思います。

もし、乱暴な修正依頼が続いたら、取引をお断りするタイミングかもしれません。きちんとお付き合いできるクライアントと良好な関係を築くのも、すごく大事なことだと思います。




修正依頼は自分を成長させる機会!気持ちを切り替えて踏ん張ろう

修正依頼がくると「落ち込んでしまう」という方もいるはず。ですが、修正依頼に誠実に対応することは、まわりまわって自分のためになります。

これも自分を成長させる機会だと思って頑張りましょう!





お問い合わせはこちらから



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です