タイトルをつけるときは”記事内容をすべて盛り込む”ことを意識しよう

こんにちは里佳です。今回はタイトルについてのちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

ウェブのコンテンツはタイトルが命。タイトル次第で、記事を読んでもらえるかどうかが決まります。

記事を読んでもらうためには、タイトルをクリックするという高い高いハードルがあるんですよね、という小話をしてみます。

タイトルはウェブ記事の命

雑誌や新聞と違い、ウェブの記事はタイトルをクリックするまで中身を見ることができません。

これは検索エンジンにしろ、SNSにしろ、キュレーションサイトにしろ同じですよね。

雑誌であればページをめくれば本文から読むこともできますが、ウェブの場合はタイトルをクリックしなければ本文を読めません。

つまり、記事を読んでもらうためには「タイトルをクリックする」という高いハードルがあるんです。

そのため、タイトルをクリックしてもらうためにライターは常に「どうすればクリックしてもらえるのか?」を考えています。

そして、少し煽りが強いタイトルが出来上がっていきます。

<SEO>タイトルを考える上で重要な2つのポイント

タイトルで重要なことの1つはユーザーに記事の中身を的確に伝えることです。

2つ目のポイントは、ユーザーを裏切らないことです。

この2つを満たすタイトルを考えていけば、強い煽りをいれなくても、きちんと情報を必要としている人に届けることができます。

記事の内容を全て盛り込むのがコツ

記事の中身を適切に伝え、ユーザーを裏切らないようにするために、

  • 記事の内容をすべてタイトルに盛り込むこと
  • タイトルをクリックしたユーザーが期待している内容をずらさないこと
  • 本文に余計なことを書かないこと

などを意識してみてください。

例えば、お菓子ランキングについての記事。

「人気のお菓子ランキング」というタイトルの記事があったとします。

ユーザーは、お菓子ランキングとその詳しい説明が書かれていることを期待して記事をクリックします。

このときユーザーはできるだけ多くのランキングを見られることを期待したはずです。

しかし本文では、お菓子ランキングは3つしかなく、ランキングそっちのけで東京のおすすめのお菓子店が紹介されていました。

こうなると、タイトルでユーザーが期待したものと本文が違うためにユーザーの満足度は低くなってしまいます。結果、自分が求めている情報を求めてまた検索画面に戻ってしまうでしょう。

もし、東京のおすすめ菓子店を記事内で紹介したいのだとすれば、タイトルは「人気のお菓子&東京のおすすめ菓子店◯選」のようにきちんと記事内容を伝えた方がいいと思います。

クリックを促したいとはいえ、ユーザーを裏切らないように記事内容を適切に伝えたいですよね。

私も今日も少しでもクリック率をあげられるように、脳に汗をかく日々です。ということで、タイトルの小話でした。今回の記事が誰かの役にたてば幸いです。

それでは、今日もお疲れ様でした。







こちらをご覧の法人様で「SEO記事を作成したいけれど、ライターが見つからない…」という方はぜひご依頼ください。

可能なこと

  • 構成作成可能
  • 検索意図を考慮したSEO記事執筆
  • WP入稿可能(文字装飾可能)
  • 画像選定可能
  • 薬機法・景品表示法に基づいた執筆
  • トンマナの書き分け(*)

*サンプル記事

話し言葉を交えた親しみやすい記事▼
未経験だけどクラウドワークスで10万稼いだよ!失敗から学んだコツをまとめてみる

データを用いた信頼性のある記事▼
“Webライター”という働き方の魅力は社員・フリーとして仕事ができる柔軟さ

ご希望の文体で執筆させていただきます。

執筆分野は「保険関連」「税金関連」「金融関連」「ウェディング」「旅行」「美容・化粧品」です。

※この他の分野についても、受注可能な場合がございます。

都内にて対面・Webにてお打ち合わせ可能です。

ご発注の流れ

  1. お問い合わせフォームより依頼内容をご相談ください
  2. 3日以内にお見積もりをご連絡させていただきます
  3. 業務委託契約書の締結をお願いしております
  4. 成果物を納品
  5. 修正対応後、校了
  6. 請求書を確認いただき、報酬額をお振り込みください

このほか、疑問点、ご要望などお気軽にご連絡くださいませ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です