SEOを考慮したタイトルの付け方

ウェブライター の里佳です。こちらの記事はこんな風にお悩みの方に向けて書きました。

「質の高い記事を書いているんだけど、検索順位が上がらない。もっと効率的にクリック率をあげる施策はないだろうか…」

せっかくいい記事を書いたのに、なかなか検索順位が上がらず手をこまねいている方は多いと思います。

ですが、タイトルを少し変えるだけでグッとクリック率が上がることがあります。

クリック数が上がれば、検索順位も上がり、どんどんPVが増えていきます。検索流入を増加させるために、魅力的なタイトルは欠かせません。

では、どんなタイトルをつければクリック率が上がったり、検索順位が上がったりするのでしょうか?

魅力的なタイトルを作るためには、ちょっとしたテクニックが必要です。センスではありません、テクニックです。方法を知っているか知らないか、というだけです。

コツさえ理解して実行できれば、誰でも魅力的なタイトルをつけられるんです。

タイトルを変えることでクリック率も検索順位も上がる【証拠あり】

タイトルの作り方を見ていただく前に、改善を加えることでクリック率や検索順位がどのくらい上がるのかを見てください。

こちらの当サイトのとある記事のあるクエリに関するデータです。

  • CTR     0%→29.8%
  • 平均掲載順位 96位→2位

と上昇しました。

上記のサーチコンソールののキャプチャ画像は、

2018年最新|ディスクリプションの最適文字数と書き方【スニペット変動への最適解】

という記事のデータです。6月22日に公開した記事でしたがまったくふるわず、8月15日にリライトを加えました。その結果、

8月13日時点で掲載順位は96位。

1月15日時点では掲載順位は2位まで上昇しました。

次にCTRの上昇を見てください。

8月は検索順位が低かったこともあり、CTRは0。つまり、全くクリックされませんでした。

それが9月ごろから徐々にCTRが上がっていき、1月15日の時点では29.8%を記録しました。

改善したことで、CTRは

0%→29.8%

に上昇しました。

このことを踏まえると、記事を改善したことで十分効果があったと言えるのではないでしょうか。

タイトルをどのように変えたのか?Before→After

改善方法は細かくありますが、ここではタイトルをどのように変更したのかをご紹介します。

◾️元タイトル

SEOライティング|クリック率が上がるディスクリプション【5つのコツ】

◾️新タイトル

ディスクリプション (description)の最適文字数とスニペット対策法【2018年最新】

このように変更しました。その後さらに変更を加え、現在は

◾️現タイトル

2018年最新|ディスクリプションの最適文字数と書き方【スニペット変動への最適解】

となっています。

こちらを見ていただいた方は「これだけ?」と思われるでしょうか?

何がどう変わって、これだけの変化を生んだのか、いまいちわからないですよね。

ですが、この変更にタイトルをつけるためのコツが凝縮されているのです。

平均掲載順位&CTRを上昇させる!タイトルづくり8つのコツ

では、ここからは平均掲載順位をあげ、CTRをあげるタイトルの作り方をご紹介します。

すべてのコツを網羅して、あなたのサイトの検索流入増加、PVアップに繋げてくださいね。

コツ①ターゲットを明確に。「誰」に書かれた記事なのか?

タイトルで重要なのが「誰に向けて書いているのか」という視点です。

年齢は?性別は?家族構成は?何に困っていてどう解決したいのか?

など、様々な観点からユーザー像をイメージしましょう。

そしてその人物像に向けて、より刺さるワードは何か?を練っていきます。

例えば「30代女性」という漠然とした人物像に向けて書くと、ぼんやりとしたタイトルになりがちです。これでは、誰にも刺さらないタイトルになってしまいます。

そうではなく、

  • 28歳未婚のOL
  • 休日は彼氏と映画デートに行くのが習慣
  • 友人が多い
  • インスタで盛んに情報共有するのが趣味

のように、細かな人物像に向けてタイトルを作りましょう。

上記記事の元タイトルがいい例です。

SEOライティング|クリック率が上がるディスクリプション【5つのコツ】

これでは、正直誰に書かれた記事なのかよくわかりませんよね。「ふーん」という感じになりませんか?

それに対し、現タイトルがこちらです。

2018年最新|ディスクリプションの最適文字数と書き方【スニペット変動への最適解】

「2018年最新」とすることで最新情報を知りたい人に向けて書いていることがわかります。

そのほかにも、

  • ディスクリプション の最適な文字数って?
  • スニペットって変動するけどどう対処するのが正解?

などのように、サイト運営やSEOについてある程度の知識がある人を対象にしていることがわかります。

まったくの初心者には刺さりませんが、ディスクリプション とは何かを知っていて、どう改善したら良いのかを知りたいと思っている中小企業やマイクロ法人のSEO、サイト担当者には刺さる内容になっています。

「あれ?これは私に向けて書かれた記事かな?」と思ってもらうことができれば、ユーザーにクリックしてもらいやすくなります。

SEOに必要なのは相手に合わせて書き分けられるライティング力

コツ②ユーザーへのメリットを示す

タイトルには

  • 「これを読むことであなたにメリットがありますよ」
  • 「これを読めばこんないいことがありますよ」
  • 「こんな効果が得られますよ」

というメリットを明示します。有益であることをアピールするのです。

このとき知っておきたいのが、人間の根本的な欲求です。心理学の領域になりますが、これを知っておくとユーザーの深層心理を理解した上でコンテンツを制作できます。

具体的にはこちらの7つです。

  1. 必要性
  2. 話題性
  3. 実益性
  4. 即効性
  5. 簡易性
  6. 権威性

これらについては、解説を始めるとかなり長くなるので別記事で用意しています。こちらをご覧ください。

"読まれる"タイトルのコツとは?クリック率が上がる7つのメリットとフレーズ

2018.07.29

コツ③ユーザーのトリガーを刺激する

タイトルの中で、ユーザーの心に引っかかるよう「トリガー」を刺激します。上記の記事では使っていませんが、SNSやトレンド系、ニュース系の記事では非常に有用です。

引きの強いタイトルは、ユーザーの不安な気持ちや興味をうまくくすぐることができるので、クリックされやすくなります。

トリガーについては、心理学ですでにノウハウが確立されています。こちらの7つ。

  1. ユーザーの興味・関心
  2. 建前とホンネ
  3. 悩み、不安
  4. 損得勘定
  5. みんなと一緒
  6. 認められたい
  7. 「あなただけ」の特別感

それぞれの意味や具体例については、ライターさんやブロガーさんがこぞっておすすめしている、メンタリストDaiGoさんの名著があるのでぜひ読んでみてください。

コツ④30文字前後で書く

タイトルは30文字前後におさめることをおすすめします。

なぜかというと、検索エンジンは30文字前後でタイトルが表示されることが多いからです。

例えば、犬 飼い方というクエリの場合

  1. 犬の飼い方マニュアル!みんなに褒められる子に躾ける5つのノウハウ(32文字)
  2. はじめてのペットに戸惑う飼い主さんにおすすめ!絶対読みたい「犬の飼い方」を徹底解説(39文字)

1のタイトルであれば、だいたい記事の内容がわかります。

一方で2のタイトルだと、

「はじめてのペットに戸惑う飼い主さんにおすすめ!絶対読みたい犬の」は表示されるでしょうが、そのあとの部分がユーザーにはわかりません。

はみ出した部分にタイトルの肝心な部分を入れてしまうと、ユーザーに記事の内容をうまく伝えることができなくなってしまいます。

この場合、大事なのは「犬の飼い方」の部分。それが伝わらないのは痛いですよね。ということで、大事なキーワードほど前半に入れるべきだと言えます。

ただ、こちらをご覧の方は「いや、上記のタイトルすごく長いじゃん」と思われた方もいるかもしれません。おっしゃる通りで、こちらのタイトル…、

2018年最新|ディスクリプションの最適文字数と書き方【スニペット変動への最適解】

全部でなんと41文字もあります。

32文字で区切ると

2018年最新|ディスクリプションの最適文字数と書き方【スニペッ

となります。中途半端ですよね。でもこれで問題ありません。

なぜならオーバーしてしまったとしても、続きが予測できるのであればOKだからです。上記のタイトルだと、「スニペットについて書かれているんだな」ということはわかるので、目的はクリアしているわけです。

例えば、先ほどの犬の飼い方を見てみましょう。

例:犬の飼い方完全マニュアル!みんなに褒められる“賢い子”になる5つのノウハウ(37文字)

この例だと、

犬の飼い方完全マニュアル!みんなに褒められる”賢い子”になる5つ

までが表示されるはずです。

この場合は、「5つ」の先には、「ポイント」や「方法」などがくることが予想されるので、伝えたいことは十分に伝わります。

また、「完全」「賢い子」というふたつの意味を加えることができました。

このように、どの文字を入れて、どの文字を入れないのかをひたすら工夫することが大事。情報を盛り込むことを第1に考えてみてください。

タイトルをつけるときは”記事内容をすべて盛り込む”ことを意識しよう

コツ⑤数字を入れる

一般的には、タイトルには数字を入れるのがセオリーです。

  1. 50種類の人気の日本酒が飲み放題!
  2. 美味しい日本酒が飲み放題!

こちらのタイトルは、いずれも日本酒の飲み放題をアピールするものです。どちらのタイトルをクリックしたくなるでしょうか?

おそらく、1ではないでしょうか?

このように、数字を入れることで、より具体的に事実を伝えることができます。

ただし、記事によっては、どうしても数字を入れると不自然になることもあるはず。その場合は無理に数字を入れなくても大丈夫です。

大切なのは、「簡潔で要点がまとまっていること」を伝えることです。

  • トップ営業が語る!売り込みの勝ちパターン
  • 仕事が舞い込むウェブライター の仕事術

例えばこちらのタイトル。数字は入っていないものの、この記事を読めば、要点がまとまった情報を得られると期待できます。

コツ⑥対策キーワードを前半に入れる

タイトルの中には、狙っている対策キーワードを入れましょう。可能な限り前方が好ましいです。

理由は、ユーザーにいち早く認識してもらえるからです。少し説明しますね。

インターネットには膨大な量の情報があります。その中から、ユーザーは自分が求める情報を「手早く」「簡単に」手に入れたいと思っています。

想像してください。

あなたが、情報を手に入れる時、検索結果に表示されたページ一覧を3分もかけてじっくりと読むでしょうか?

大抵の場合、検索結果が表示されてからページをクリックするまでは、ほんの数秒ではないでしょうか?

コンマ何秒という、そんなわずかな時間で、記事の有用性を訴えなければいけないんです。

人の視線は左から右へと流れるので、キーワードはできるだけ左に寄せましょう。

ユーザーは、「欲しい情報がありそう」と思った瞬間に、そのページをクリックします。本当に数秒を争う世界です。

コツ⑦同じ意味の言葉を重複させない

タイトルは30文字前後で言いたいことを詰め込まなければいけないので、1字でも無駄にしたくない。というのが正直なところです。

やってはいけないことは、同じ意味の言葉がかぶること。

例えば、こちらのタイトル。

「地元グルメライターがおすすめするオススメの店○選」

おすすめが2回も使われています。重複した分の文字数が非常にもったいないです。

改善するとこうなります。

100軒のカフェを巡り歩いた地元ライターが選ぶオススメの店○」

意外と自分では気づかぬうちに意味が重複していることがあるので、しっかり見直してみてください。

コツ⑧競合記事より優位であることを示す

検索結果に競合記事と並んだ時の優位性を確認することも非常に重要です。

もしよければ、狙っている検索クエリを実際にスマホに打ち込んで見てください。

そこにはずらりと競合記事が並んでいますよね。それぞれ、自分の記事がいかに有益かを示しているはずです。

その中に自分の記事が並んだ時、果たしてユーザーはクリックしたいと思うでしょうか?

この質問を自分に投げかけてみてください。

競合記事よりも、メリットがあり、読む価値があることが伝わるか?を確認しましょう。

 

もし狙っているクエリで、同じようなタイトルが並んでいたら、別の切り口からタイトルをつけましょう。

 

オマケ:◯、♡、♪などの記号は使わない

タイトルに変化をつけたいと思い、記号を使うこともあると思います。

ですが、検索結果には表示されない記号があることに注意してください。

◯、♡、♪などのは表示されません。すると当然、タイトルの意図がユーザーに伝わりにくくなります。

検索結果に表示される記号はこちらです。

【】|《》*

もしこの他に使いたい記号があるなら、公開後に検索結果に表示されているかどうかを確認してみてください。もし表示されないようなら見直しが必要です

 

タイトルづくりのすべてのポイントを総合的に考えよう

8つのタイトルづくりのポイントをご紹介しました。

  1. ターゲットを明確に。「誰」に書かれた記事なのか?
  2. ユーザーへのメリットを示す
  3. ユーザーのトリガーを刺激する
  4. 30文字前後で書く
  5. 数字を入れる
  6. 対策キーワードを前半に入れる
  7. 同じ意味の言葉を重複させない
  8. 競合記事より優位であることを示す

これらの8つのポイントを総合的に考えながら、タイトルを作成し、改善してみてください。

あなたの記事のPVがどんどん増加するよう、応援しています。

補足…気になったフレーズはネタ帳にメモして分析

タイトルのボキャブラリーを増やすには、日頃からアンテナを張っておくことが重要。

これは秀逸だな!」と思うフレーズがあれば、メモしておくと後々とても役に立つことがあります。

また、メモした後に「自分はどうしてこのタイトルを思わずクリックしてしまったのか」を分析してみてください。この視点でみると、実はここで紹介したテクニックがさりげなく盛り込まれていることに気づきます。

そういう風に分析するのも楽しいですし、日頃のメディアに触れる視点が変わって面白いですよ。ぜひやってみてください!







こちらをご覧の法人様で「SEO記事を作成したいけれど、ライターが見つからない…」という方はぜひご依頼ください。

可能なこと

  • 構成作成可能
  • 検索意図を考慮したSEO記事執筆
  • WP入稿可能(文字装飾可能)
  • 画像選定可能
  • 薬機法・景品表示法に基づいた執筆
  • トンマナの書き分け(*)

*サンプル記事

話し言葉を交えた親しみやすい記事▼
未経験だけどクラウドワークスで10万稼いだよ!失敗から学んだコツをまとめてみる

データを用いた信頼性のある記事▼
“Webライター”という働き方の魅力は社員・フリーとして仕事ができる柔軟さ

ご希望の文体で執筆させていただきます。

執筆分野は「保険関連」「税金関連」「金融関連」「ウェディング」「旅行」「美容・化粧品」です。

※この他の分野についても、受注可能な場合がございます。

都内にて対面・Webにてお打ち合わせ可能です。

ご発注の流れ

  1. お問い合わせフォームより依頼内容をご相談ください
  2. 3日以内にお見積もりをご連絡させていただきます
  3. 業務委託契約書の締結をお願いしております
  4. 成果物を納品
  5. 修正対応後、校了
  6. 請求書を確認いただき、報酬額をお振り込みください

このほか、疑問点、ご要望などお気軽にご連絡くださいませ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です