簡単!リード文(導入文)のたった3つのコツ<書き方と重要性>

SEOライティング,リード

こんにちはウェブライターの里佳です。

ウェブの記事においてリード文はとても重要なのですが、あまり気にしていない方も多いのではないでしょうか?

また、どう書けば効果的なのかわからない人も多いと思います。

リード文とは、記事の冒頭部分。導入文とも言います。タイトルと本文の間にある文章のことですね。今あなたが読んでいるこの文章のことです。ウェブの記事では、冒頭で読み手の興味をがっちりつかむことが大事です。

冒頭で読み手の心をつかむことができれば、記事の滞在時間を伸ばすことも可能でしょう。

今回はリード文のポイントをご紹介します。たった3つのポイントを満たすだけです。

本当はあまり公開すべきでない情報かもしれませんが…

ぜひあなたの記事に役立ててください。

リード文の重要性と役割【ユーザーの気持ちをグッとつかもう】

リード文は、記事の本文に入る前の導入文のこと。

「導入文だから、文章の前書きでしょ?」

と軽視しがちなのですが、ウェブの記事における導入文は、ユーザーがその記事を読むかどうかを決める場所でもあります。

ウェブサイトは多くの場合、スマホの縦スクロールで見ますよね?

紙面のように一面広げて見るものではないため、後半の文章を読んでもらうためには、冒頭を必ず通過します。

そのため、リード文にで読み手の心をグッと掴む必要があるのです。

どんなに後半に重要なメッセージが書かれていたとしても、序盤で離脱されてしまったら、その文章は読まれません。非常にもったいないですよね。

では、どのようなリード文を書くべきなのでしょうか?

読み手の気持ちを掴むリード文は、じつはとても簡単です。

リード文でおさえたいポイントはこちらの3つ。

  • 読み手に共感・問いかけ
  • 課題の解決方法(記事の内容)
  • 読み手の未来を描く

こちらの3つをおさえておくと、記事の魅力を読み手に正確に伝えることができ、気持ちを掴むことができます。



リード文の書き方<めちゃくちゃ簡単な3つのコツ>

リード文で読み手の気持ちを掴むのは、じつはとても簡単です。以下の3つのポイントを抑えるだけです。

リード文(導入文)の書き方3つのコツ
  • 読み手に共感・問いかけ
  • 課題の解決方法(記事の内容)
  • 読み手の未来を描く

この3つを満たすように書くだけで、読み手を惹きつけることができます。

それぞれ詳しくご説明しますね。

読み手に共感・問いかけ

1つ目は、「読み手への共感と問いかけ」です。

リード文では、読者の悩みに共感することがすごく大事です。こちらの記事でいうと、

ウェブの記事においてリード文はとても重要なのですが、あまり気にしていない方も多いのではないでしょうか?

また、どう書けば効果的なのか、わからない人も多いと思います。

こちらの部分です。

なぜ「共感」が1番大事かというと、話を聞く態勢をつくってもらえるからです。

例えば、あなたが何かに悩んでいて、解決策を求めているときに「あなたは今こんな風に悩んでいませんか?」と言われたら「自分のことをわかってくれている!」と、耳を傾けると思いませんか?

このように「共感と問いかけ」は、相手に一気に「その記事を読むモード」に入ってもらえる秘訣なのです。

共感は、読み手に聞き耳をもってもらうための入り口ということ。

うまく使ってみてくださいね。

課題の解決方法(記事の内容)

読み手の悩みに共感したら、「この記事を読む事でその悩みを解決できる」ことを伝えましょう。

リード文では

  • この記事を読めば悩みを解決できること
  • その解決方法とは

この2点を伝えるように意識してみてください。

例えば、こちらの記事でいうと

記事が読まれるようになるリード文のポイントをご紹介します。たった3つのポイントを満たすだけです。

この部分です。

どんな具体的な解決策があるのか、まとまった情報であることも伝えてください。

読み手の未来を描く

最後のポイントは、読み手に「悩みを解決した、その先の未来をみせること」です。

今悩んでいる読み手に対して、共感し、解決策を提示し、これを実行するとどうなるのかの未来を描きます。

こちらの記事でいうと

冒頭で読み手の心をつかむことができれば、記事の滞在時間を伸ばすことも可能でしょう。

この部分です。

その先の未来をみせる・描いてもらう」ことで、「やってみよう」と思ってもらうこと、実際に行動を促すことを目的としています。

ライティングの目的は常に「相手に行動してもらうこと」にあります。リード文では、記事を読んでもらえるように行動を促す一言を入れましょう。

リード文のポイントはたったのこれだけです。とても簡単なので、すぐに実践できるかと思います。

リード文(導入文)の簡単テンプレート

ここまでの内容をまとめます。あなたの記事で、リード文を作るときに使ってみてください。

  1. 読み手の心境は?共感して問いかけてください
  2. 課題解決方法(記事内容)を紹介してください
  3. この記事を読むと読み手はどうなりますか?未来を描いてください

この手順でリード文を書くと、より惹きつけることができますよ。お試しください。




これはNG!やってしまいがちなリード文

最後に、やってしまいがちなNG例をご紹介しますね。例えばこちらのような文章です。

最近、暑い日が続いていますね。みなさんはもう夏をエンジョイしてますか!?

わたしは、アイスを食べるのが好きなんですが、ついに、今年の夏最初のアイスを食べました!

食べたものは、新発売のソーダ味!すごく美味しかったので、おすすめです。定番のオレンジ味もすごく美味しいけど、ソーダ味もかなりよかったです。きっと売れる気がする!

さて、そんな感じで夏が過ぎていくわけですが、今回は夏フェスに行ってきたのでその感想を書きたいと思います。やっぱり、夏フェスは最高でした!

こちらの文章だと、8割ほどは本題と関係ありません。

これでは読み手は知りたい内容にたどり着くまでが長すぎて「ここに自分の欲しい情報はない」と思い、すぐに離脱してしまいます。

この「だらだらとした関係ない話」って、予想以上に読み手にとってはストレスとなるので、リード文ではシンプルに相手が求めていることだけを書きましょう。

リード文で読み手の気持ちをグッとつかもう

リード文の重要性と気をつけるべき3つのポイントをご紹介しました。

  • 読み手に共感・問いかけ
  • 課題の解決方法(記事の内容)
  • 読み手の未来を描く

この3つの点を意識するだけで、グッと引きのあるリード文をつくれます。

ぜひ、読み手をグイグイ引き込んでください!

Webライティング関連の記事を他にも読みたい方はこちらへ。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

夫の転勤がきっかけで未経験からウェブライティングを始め起業。現在は、複数のクライアント様と共に様々なウェブサイトの記事執筆、構成づくりなどを行なっています。主要ジャンルは女性向けメディア、ウェディング、ライフスタイル関連です。