公式解説|ディスクリプションの最適文字数と書き方【スニペット変動への最適解】

SEOライティング,リード

ディスクリプション とは「検索結果に表示される、タイトルの下の文章」です。

タイトルで書ききれなかった、記事のメリットをアピールできます

ただ、グーグルの判断でスニペットが変動するため最適文字数について悩んでいる方もいるはず。

そこで

  • どのようにディスクリプションを改善したら良いのか?
  • ディスクリプションの書き方のコツは?
  • スニペットの文字数変化に対応するのはどうしたらいい?

という、この3つの疑問を噛み砕いて解説してみたいと思います。

ディスクリプション =グーグルに対する提案文

ディスクリプションは、サイトの説明文のこと。

サイト運営側で設定することができます。

ですが、ディスクリプションをどう表示させるかはGoogleが決めています。

ページのタイトルと説明(スニペット)は、ページのコンテンツとウェブ上の参照元ページの両方を踏まえて、自動的に作成されます。

スニペットとタイトルは、各検索結果を最大限にわかりやすく伝え、ユーザーが入力したクエリとの関連性を説明することを目標としています。

これらの元になる情報は、各ページのタイトルやメタタグ内の説明情報など、多数あります。

また、公開されている情報を使用したり、ページのマークアップを基にリッチ スニペットを作成したりする場合もあります。

Google で表示される個々のサイトのタイトルやスニペットを手動で変更することはできませんが、できるだけ関連性の高いものとなるよう常に努めています。

(太字は筆者によるもの)

引用:Google公式ヘルプ「検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する

基本的にグーグルがクエリに合わせて自動的に記事中の文字を抜き出して表示します。

サイト運営者は、表示させる文章を提案できる、ということです。




適切なディスクリプションを設定しよう

Googleは、適切なディスクリプション を設定するように推奨しています。

Google では、ページ上のコンテンツのみから取得できる情報よりもページの概要を正確に説明できると判断した場合、ページの <meta> ディスクリプション タグを使用して、検索結果のスニペットを生成することがあります。

一般的に、メタ ディスクリプション タグはページの内容を簡潔かつわかりやすく要約したもので、ユーザーの関心を引くものである必要があります。

つまり、そのページがまさに探していたものだとユーザーに確信させる、宣伝文句のようなものです。

メタ ディスクリプションの長さに制限はありません。

ただし検索結果のスニペットは必要に応じて切り詰められます(端末の幅に合わせる場合など)。

(太字は筆者によるもの)

引用:Google公式ヘルプ「検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する

ディスクリプションを設定することで「クリックしてもらう可能性を高める」と考えてください。

記事の魅力がより伝わるようなディスクリプション に設定しておくことで、それが検索結果に表示されたときに、ユーザーへの訴求力が上がります

ディスクリプション のポイント
  1. ページの内容を簡潔にわかりやすく要約
  2. ユーザーの関心を引く
  3. これは探していた記事だ!と確信させる宣伝文句である

公式ヘルプが推奨する適切なディスクリプションとは

ここまでみてきたように、ディスクリプション でユーザーに記事の魅力を伝えなければいけません。

公式ヘルプではこのように解説されています。

説明はコンテンツを正確に表したものである必要があります。メタ ディスクリプションは、ユーザーが見るページには表示されないため放置されがちですが、質の高い説明は Google の検索結果に表示されることがあり、検索トラフィックの質と量の改善に大いに役立つ可能性があります。

引用:Google公式ヘルプ「検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する

「コンテンツを正確に表す」ことが大事、ということ。

ただ、これだと少し曖昧ですよね。

ここからは、コンテンツを正確に表すディスクリプション について例を使ってご紹介します。

良い例と悪い例

クエリ:ディスクリプション コツ

◯良い例

効果のあるディスクリプションを書くコツは5つ!「文字数は上限まで描く」「キーワードを前方に」「内容は具体的に」「解決方法を明示」「無駄を省く」この5つのポイントを守ればクリック率が向上します。初心者が迷いがちな点を例文を用いて説明します。そもそもディスクリプションは不要?最適な文字数は?など疑問を解決します。(155文字)

×悪い例

ウェブライターを始めたての人が気になる「ディスクリプションの書き方」をご紹介します。多くの人がどんな風に書けばいいのか悩んでいるのではないでしょうか?ぜひこちらに書いてあるコツを参考にして、あなたの記事作成に役立ててください。(109文字)

ライター解説|ディスクリプション の文章<5つのコツ>

ポイントはこちら。

ポイント
  1.  150字〜300字で書く
  2. 対策キーワードを入れる
  3. 課題解決方法を書く
  4. サジェストワードを盛り込む
  5. 無駄な表現を省く
それぞれ紹介します。

ディスクリプションの書き方①150字〜300字で書く

ディスクリプションは、300字ほどまで入力できると思います。

一言だけ書くのは、これは非常にもったいないです。

ディスクリプションが書かれていなければ、ユーザーは「より確実に自分の情報が取得できそうなサイト」に流れます。

150字ほどから300字くらいで、記事の魅力やメリットを伝えます。

スニペットの文字数変動!ディスクリプションの最適文字数は?

ディスクリプションが表示されるスニペット(上画像赤枠)はGoogleの都合でコロコロと長さが変わります。

こちらのTweetによると、

kreative Stationさんが

現在のスニペットは、以前の長さ (150-170字) に戻っています。
数週間前、@searchliaisonの発信で、Googleがメタディスクリプションについて公開したことを確認しました。

と伝えています。kreative Stationという方はSEOやSEM、コンバージョン最適化などの分野でお仕事をされている方のようです。

@searchliaisonは、Googleが発表した内容をTweetしてくれるアカウントです。フォローしておくと、最新情報が入ってくるのでおすすめです!

この情報によると、

それまでは、300字程度が表示されていたため、今は約半分の150字程度しか表示されなくなった、ということです。

そこで、ディスクリプションの文字数は

  • 300文字程度を入力しておく
  • 無駄を省き、重要なことは前半に書く

この2つをおすすめします。

ディスクリプションとスニペットの違いとは?

ディスクリプション(description)とは、検索結果に表示されるタイトルの下の説明文です。

スニペットとは、赤枠のスペースのことです。↓

ディスクリプション ,description,スニペット

厳密な違いについて、公式ヘルプから解説しました▼

ごっちゃにしてない?ディスクリプション とスニペットの違い【公式解説】

2019.05.01




ディスクリプションの書き方②対策キーワードを入れる

SEOライティングで狙っているキーワードは確実に1回以上、できるだけ前半に入れることをおすすめします。

上の例で言うと、

良い例は、前半に「ディスクリプション コツ」というキーワードが入っています。

ただ、キーワードを入れれば良いという訳ではありません。

<悪い例>

ディスクリプション のコツをご紹介します!ディスクリプション のコツって?クリック率が上がるディスクリプション には5つのコツがあった。ディスクリプション のコツをマスターして、検索上位を狙いましょう。

これだとユーザーに対して伝えられる情報量が減ります。

160字しかないので、単にキーワードを繰り返すよりも、その文字数を使ってメリットを伝えた方がいいです

キーワードを無理に詰め込んでいる文章は違和感が出ますし、言いたいことが伝わらない可能性があります。それなら関連キーワードを盛り込みましょう。

里佳
あくまでディスクリプションを読むのは「人」です。解決策を求めてクエリを入力したユーザーに、魅力を伝えましょう。




ディスクリプションの書き方③課題解決方法を書く

ユーザーが困っていることに対して、「解決方法はこれです」と具体的に伝えます。

悪い例をもう一度見てみましょう。

多くの人がどんな風に書けばいいのか悩んでいるのではないでしょうか?ぜひこちらに書いてあるコツを参考にして、あなたの記事作成に役立ててください。

文字数は十分あるのに、肝心な解決方法は書かれていません。

「なにかが書かれている」ことはわかるのですが、これだと「なにが書かれているかが明確な記事」へとユーザーは流れてしまいます。

記事に書いてあることを、出し惜しみすることなく記述することをおすすめします。

ディスクリプションの書き方④関連キーワードを盛り込む

狙っているメインのキーワードだけでなく、関連キーワードも盛り込みましょう。

効果のあるディスクリプションを書くコツは5つ!「文字数は上限まで描く」「キーワードを前方に」「内容は具体的に」「解決方法を明示」「無駄を省く」この5つのポイントを守ればクリック率が向上します。初心者が迷いがちな点を例文を用いて説明します。そもそもディスクリプションは不要?最適な文字数は?など疑問を解決します。(155文字)

盛り込んだキーワードは

  • ディスクリプション  不要
  • ディスクリプション  文字数

です。

ただ、

盛り込むキーワードは記事内で記述しているものだけにしてください。

ディスクリプションの書き方⑤無駄な表現を省く

  • ご紹介します
  • ぜひご参考にしてください
  • 〜なのではないでしょうか?

というフレーズは不要です。

その分記事の内容を具体的に示した方が良いです。

無駄な表現は極力削るようにしてみてください。



ディスクリプションの設定方法:All in One SEOというプラグインを使用する

ディスクリプションは、プラグインを導入すると設定できます。

All in One SEO Pack -公式ページ

↑こちらからダウンロードできます。

こちらを有効化すると、投稿画面の下部にこのような表示が出ます。

こちらで検索結果に表示させたいタイトルとディスクリプションを設定できます。

入力欄に、文章を打ち込んで更新すればOKです。

メタディスクリプションは必要・メタキーワードは不要

メタディスクリプションは結論から言えば、

絶対に必要ではないものの、入れておいた方がいい

ということになります。

メタキーワードは、今は設定不要です。

ほとんど意味がありません。

メタディスクリプションは必要・メタキーワードは不要

2019.05.01

ホームディスクリプションの書き方のコツは?

サイトトップページの説明文となるホームディスクリプション。

どのように書けば良いのでしょうか?

グーグルが公式で発表している3つのポイントを具体的な文章術に落とし込んで考察してみました。

検索流入を改善!ホームディスクリプションの書き方

2019.05.06

ディスクリプションを改善して設定しよう

ディスクリプションの書き方は以上の通りです。ポイントはこちらの5つ。

  1.  文字数いっぱい記入する
  2. 対策キーワードを1回以上入れる
  3. 課題解決方法を書く
  4. サジェストワードを盛り込む
  5. 無駄な表現を省く

参考になれば嬉しいです。

*サイト運営者さんとシェアしたい!SEOについて*

おすすめ

ノマドワでは他にもSEOついて勉強したことを発信しています。合わせて読んでみてください。

里佳
SEO・ライティングについて役立つ本はこちらにまとめています。

これだけ読んどこ!現役Webライターがおすすめするライティングに役立つ本15選

2018.08.26

ブロガーさんはこちらの記事もどうぞ!

ストークを可愛くオシャレにしたい!CSSカスタマイズまとめ【ボタンデザイン他】

2018.07.10







こちらをご覧の法人様で「SEO記事を作成したいけれど、ライターが見つからない…」という方はぜひご依頼ください。

可能なこと

  • 構成作成可能
  • 検索意図を考慮したSEO記事執筆
  • WP入稿可能(文字装飾可能)
  • 画像選定可能
  • 薬機法・景品表示法に基づいた執筆
  • トンマナの書き分け(*)

*サンプル記事

話し言葉を交えた親しみやすい記事▼
未経験だけどクラウドワークスで10万稼いだよ!失敗から学んだコツをまとめてみる

データを用いた信頼性のある記事▼
“Webライター”という働き方の魅力は社員・フリーとして仕事ができる柔軟さ

ご希望の文体で執筆させていただきます。

執筆分野は「保険関連」「税金関連」「金融関連」「ウェディング」「旅行」「美容・化粧品」です。

※この他の分野についても、受注可能な場合がございます。

都内にて対面・Webにてお打ち合わせ可能です。

ご発注の流れ

  1. お問い合わせフォームより依頼内容をご相談ください
  2. 3日以内にお見積もりをご連絡させていただきます
  3. 業務委託契約書の締結をお願いしております
  4. 成果物を納品
  5. 修正対応後、校了
  6. 請求書を確認いただき、報酬額をお振り込みください

このほか、疑問点、ご要望などお気軽にご連絡くださいませ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です