【SEO】Googleが提案する検索意図の4つ区分「Know・Go・Do・Buy 」

こんにちはウェブライター の里佳です。SEO記事を執筆するときに大事なのが検索意図ですよね。自分で言うのもなんですが、私はこれを汲み取るのがめちゃくちゃうまいです。笑

というのは冗談で、いつも四苦八苦しています。

たまにSEOについて人に教えているのですが、「検索意図を読み取る」ことをうまく理解してもらうことも、非常に難しいです。

ですが、今回すごくわかりやすい説明を知ったのでご紹介します。

検索意図の区分

これまで私は人に説明する際に、「検索意図の区分は3つあります」とご紹介していました。

  • インフォメーショナルクエリ
  • トランザクショナルクエリ
  • ナビゲーショナルクエリ

こちらの3つです。

それぞれ、どういうものなのか?ということを説明します。

インフォメーショナルクエリは、情報に関するクエリ。

「◯◯とは」「◯◯ 使い方」のように何か知りたいことがあった場合に入力するクエリです。

トランザクショナルクエリは、取引に関するクエリ。

「◯◯ 資料請求」「◯◯ 購入」のようなクエリで、アフィリエイターさんたちが狙っていくワードです。

ナビゲーショナルクエリは、目的のサイトに関するクエリ。

「フェイスブック」「YouTube」のように、たどり着きたいサイトがある場合に入力するクエリです。

これらの3つで説明すると、非常にわかりやすくクエリを区別できるのでとても便利でした。




検索意図の4つの区分方法「Know、Go、Do、Buy」

そして最近知ったのがグーグルが提唱している4つの区分方法。

  • Know(知りたい)
  • Go(いきたい)
  • Do(したい)
  • Buy(買いたい)

クエリはこの4つに分けられる、という話です。公式資料はこちら

web担当者フォーラムさんの記事から知りました。

ユーザーの検索意図を狙うSEOの最新動向を住氏が解説! 売れるサイトにするための4つのポイントとは?

このうち、Buyクエリはトランザクショナルクエリと同義です。アフィリエイターさんたちが狙うクエリですね。

それ以外のknowクエリとDoクエリが、インフォメーショナルクエリで一括りにされていたものです。このように区別するとより検索意図を理解しやすくなりますよね。

また、Goクエリというのは最近グーグルが力を入れているところかなと思います。近くのカフェを探したい、近くの病院に行きたい、というニーズに答えられるように検索結果が変わってきていますよね。

で、ツイッターでフォローさせていただいているokiさんが面白いことをつぶやいていたんです。

「検索クエリに合った、タイトルや記事を書こう~」って説明見かけると、小難しく感じる。

クエリを「問い合わせ」「質問」って日本語にすると、意外とカンタン。

家電量販店やエステなど、扱うジャンルの店員になりきってお客様の「問い合わせ」に応対してあげればOK。

これ、めちゃくちゃわかりやすいですよね。

SEOについて語るとき「ペルソナを〜」と専門用語を出すと、難しく感じて敬遠されがちです。

しかし、こんな風にお店のスタッフさんになりきって対応する気持ちで書くと、スムーズだろうなと思いました。

 

そして、私もこの考えに便乗してしまいまして、

Know: 詳しい近所のお兄ちゃん
Go: タクシー運転手、観光案内所
Do: ワークショップの先生
Buy: ショップの店員さん

こんな感じで他のクエリに関しても、なりきって書くと書きやすいのかなと思いました。

ユーザーの「知りたい」というニーズには、詳しいお兄ちゃん目線で。(専門家として書いちゃうと堅苦しくなるので近所のお兄ちゃんくらいの目線がちょうどいいのかなと思っています)

また「したい」というニーズに対しては、ワークショップの先生の目線だとしっくりくる気がします。

「行きたい」というニーズには、観光案内所とかタクシー運転手さんとかかなぁ?と。

目的地に行くだけでなく、そこで何ができるのか、いくらくらいが予算なのか、など地元の人だけが知るローカルな情報も知りたいと思うので、観光案内所の感じが近いかもしれないですね。

こんな風に考えると、検索意図を区別して想像しやすくなるのかな?と思いました。




SEOのアルゴリズムは日々進化しているけど、やっぱり本質は変わらない

ただ、検索意図を深く掘り下げて相手の気持ちに沿って記事を書くという行為には変わらないな、というのも本質でして、グーグルは日々いろんな改良を施してはいますがそれは「ユーザー体験をよくするため」に行うことなんですよね。

最初から相手のことを思って書くということを愚直に考えていれば、アップデートはいい方向に影響するのではないでしょうか。SEOを追いかけてアップデートに一喜一憂するより健全ですよね。

ということで、今日も脳に汗を書きつつ一緒に文章書いていきましょう。

*サイト運営者さんとシェアしたい!SEOについて*

おすすめ

ノマドワでは他にもSEOついて勉強したことを発信しています。合わせて読んでみてください。

里佳
SEO・ライティングについて役立つ本はこちらにまとめています。

これだけ読んどこ!現役Webライターがおすすめするライティングに役立つ本15選

2018.08.26

ブロガーさんはこちらの記事もどうぞ!

ストークを可愛くオシャレにしたい!CSSカスタマイズまとめ【ボタンデザイン他】

2018.07.10











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です