夫婦円満のコツ。喧嘩したときの対処法とは

普段は仲良しの夫婦でも、ときにはケンカすることもありますよね。

特に在宅時間が増えることで、相手の嫌な面が見えてしまうこともあると思います。

もし険悪なムードになってしまったときは、ある程度物理的な距離をとって冷却期間を持ったり、あえて時間を経過させることで問題を解決できるはずです。

今回は、私たち夫婦が円満に暮らせているコツや問題解決のヒントなどをご紹介します。悩んでいる方がいたら参考になれば嬉しいです。

結婚して5年経つけど

私たち夫婦は毎年お互いの誕生日をお祝いしています。先日は私の誕生日だったので、主人がお祝いをしてくれました。

二人で握り寿司パーティーをして、そのあと夫が前日から仕込んでくれていたケーキを、コーヒーと一緒に頂きました。私の大好物がみかんということで、みかんを使ったムースケーキです。

こんな風に手間暇をかけてくれること自体が嬉しいですよね。ブランドのバッグよりも私はこういうプレゼントに「いいなぁ」と思います。去年はオレンジを使ったベイクドケーキだったのですが、毎年ちょっとずつ夫の料理の腕が上がっていることも面白いです。

結婚して5年、大学時代からの付き合いなので、もう10年来の仲ですが、未だにすごく仲良しです。「なんでそんなに仲良しなの?」と聞かれることもあるので、今回はそんな仲良しの秘訣、夫婦円満のコツをご紹介してみたいと思います。

夫婦円満のコツは「笑い」

私たち夫婦の場合だと夫婦円満のコツは「笑い」にあると思っています。

毎日同じ空間で過ごすのですが、本当に笑いが絶えません。

元々会話をしていてすごく楽しいというのもあるし、お互いがボケたり突っ込んだりするので本当に楽しいです。

友人が私たち夫婦の会話を聞いて、本当に面白いと笑っていたこともありました。夫婦漫才みたいな感じですね。

コロナ禍で見えるお互いの価値観

コロナウイルスの感染拡大で外出自粛を余儀なくされている方も多いと思います。

女性向け総合メディアのLip Popではコロナ離婚に関して、2020年4月27日に10代~50代の男女を対象に行った調査があります。

コロナ離婚を考えたことがあるか?という問いに対し、考えたことがあると回答した方は全体の約4割にものぼりました。(「考えるようになった」「後押しになりそう」「考えるようになりそう」の合計は38%。)

引用:【データ】コロナ離婚調査

日頃は仕事で外出していた夫婦が、多くの時間を共に家で過ごすことになり、お互いの価値観の違いや生活の気になるところに目がいってしまって、喧嘩別れをしてしまうとか、離婚に発展したという話も聞いたことがあります。

せっかく縁があって一緒になれたのに、そのようなすれ違いで別れに発展してしまうのはとても悲しいことですよね。

ただ、お互いの嫌な面や気になる点っていうのは結婚すると必ず出てくるものだと思います。

相手の嫌な面が見えたときの対処法 

もしお互いの距離が近づきすぎて嫌になってしまった場合どうしたらいいのでしょうか?

そうした予想していなかった面が見えたときは、 「もう別れるしかない」「離婚を考えたい」と性急に答えを出すのではなく、少し時間をおいて考えた方がいいと思います。

具体的に言うと、少しの間物理的に距離をとるのはいかがでしょうか。

例えば数ヶ月や半年程度、別々に暮らしてみるとかですね。

こうすることでかなり冷静になれますし、相手の良い面やこれまでの楽しかった思い出を振り返ることができると思います。今は、悪いところばかりに目がいってしまうかもしれませんが、そうではない部分も冷静になると見えてくるはずです。

時間が解決するという言葉もありますが、本当にその通りで、何をするでもなくただ時を過ごすことで、当初はものすごく頭に来ていたこともだんだん小さなことのように思えてくるはずです。

私たち夫婦の場合

私たち夫婦の場合も、たまに大きな喧嘩に発展することがあります。そんなときは、私は友達と旅行に行きます。去年も、慰安旅行と称して(笑)旅行に行きました。

数日間家を空けて、自分勝手に楽しく過ごします。家事のことなど気にせず、ただ楽しんで帰ってくると、自分の中のわだかまりがスッキリしていたりします。

夫は夫で、私がいない間は一人でご飯を作って食べたり、掃除をしたり、洗濯をしたりしなくてはいけません。普段は夫婦で分担していた家事を全部一人でやらなくてはならないので、改めてありがたみを感じることができるみたいです。

お互いの助かっている点は、離れてみないとわからないものですよね。だからもし夫婦仲が悪くなったときは、冷却期間を置いてみてください。

まとめ

今回は夫婦円満のコツをご紹介してみました。

同じ空間で他人同士が一緒に暮らすとどうしてもうまくいかないことは出てくると思います。でもそんな時は、あまり答えを急がずにゆっくり寝かせるというのも一つの選択肢じゃないかなと私は思います。

今まさに、環境の変化に戸惑っている夫婦もいると思うので参考になれば嬉しいです。

それでは、今回も最後までご覧頂きありがとうございました。この記事がどなたかのお役に立てば嬉しいです。





 

応援お願いします!

もしこちらのブログが少しでも「役に立った」「為になった」という方がいたらSNSでシェアしたり、下記ボタンからサポートいただけると嬉しいです。全力で喜びます!

 
 

お問い合わせはこちらから

ご意見やご感想、ご質問などありましたら、いつでも下記ボタンからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都内在住、在宅フリーランス。国立大学経済学部卒業後、上場企業に就職。結婚、夫の転勤がきっかけで退職し、畑違いのウェブライティングを未経験から始める。現在は各種SEO記事の制作を請け負う。個人事業主5年、法人2期。自身のブログによる収入は累計100万円以上。保有資格に整理収納アドバイザー1級、メンタル心理アドバイザー。

こちらのブログはお金と時間の自由を得るために「5年前の自分に伝えたい知識や経験」をテーマに執筆しています。おかげさまで累計10万PVになりました。ご参考になれば幸いです。

詳しいプロフィールはこちら→プロフ