TOEIC3回連続885点の夫に英語学習方法を聞いてみた【対談形式】後半

最近、在宅ワークなどで時間が増えたことで、スキルアップに取り組む方が多くなったように思います。私自身もその一人で、英語学習を地道に行なっています。先日受けた公開テストでは、190点UPという結果を得ることができました。

学習していく中でアドバイスをくれたのが、手前味噌ではありますが、夫でした。現在は、海外事業に従事している夫ですが、2019年2月に受けたTOEICのスコアは570点でした。そこから約1年半で885点まで伸ばしています。

今回は、夫の英語学習方法を対談形式でご紹介したいと思います。英語学習をやろうと思っている人、すでに始めている人に参考にしていただけたら嬉しいです。それでは、さっそくいきましょう。

前半はこちら。

英語学習のモチベーションを保つには?

りか「毎日欠かさずにオンライン英会話を続けてるって言ってたけど、そのモチベーションってどうやって保ってる?」

夫「モチベーションというか、ネット英会話で話すことが超楽しいんだよね。同じ先生で続けていくと、友達のようなノリで接してくれる人もいるし。」

りか「お気に入りの先生を見つけることも大事だね。」

夫「そう、気の合う人とじゃないと難しい。基本的には授業の中で話すことを目的にすると、モチベーション維持は簡単。」

りか「オンライン英会話の中で、もっと盛り上がりたいなとか、もっとうまい言い回ししたいなとか、ここで機転のきいたこと言いたいな、とか、そう思うことがモチベーションに繋がってるってこと?」

夫「そう。日本語で考えてるようなことを英語にするのはハードルが高いから。その日その日の目標があればいいと思う。」

りか「その日その日の目標って例えば、この単語を使って話してみようとか?」

夫「そう。あくまで目的は楽しく話すことだから。言葉が出てこないと、話も盛り上がらないし、どっちも苦笑いで終わってしまうから。

日本語で会話する時も、話が弾まないときってあるでしょ?えっと、うーんとっていう言葉をなるべく減らせるように努力してる。

まずは、簡単な言葉で話せるように。それができるようになると次は、同じ言い回しばっかりだなって気づくから、別の言い回しないかな?って自然と探していくし、苦労なく次に繋がっていくというか。」

単語は意味と使い方をセットで覚える

りか「対語訳できない単語の具体例ってある?」

夫「例えば、説得するって言葉あるよね。persuadeってベーシックなんだけど、オンライン英会話のレッスン中にパッと出てこなかったことがあって。

そのときは「わかってもらう」という言い方でも言えたから、Let’s someone make understandで通じてしまった。persuadeとすっと言えたはずなのに、これだと自分が伝えたいことを伝えるまでに必要なワードが増えてしまうよね。

これを全てのワードでやっちゃうと、話している途中で、自分でも何を言いたかったのかわからなくなってしまう。それでうやむやな雰囲気になってしまったり。

そういった悔しかった思いをした後は、出てこなかった単語を書き留めておいて、レッスン後に辞書で調べる。そうすると、どんどん身についていくよ。」

りか「なるほど。」

単語は意味だけでなく使い方も覚える

夫「このとき大事なのは、単語の意味だけじゃなくて使い方もしっかり調べること。例えば、自動詞だと前置詞つけないといけないから。」

実際、対語訳で日本語をそのまま置き換えられるものってあまりない。

他にも、確認するっていう単語があるけど、英語だとシーンによって色々な言い方がある。check、comfirm、review、make sureとか。それぞれ、どんな場合に、どう表現できるのかを調べてみるのがいい。

りか「おすすめのツールはある?」

夫「DMM英会話のなんてuKnow?(なんてゆうの?)とか、youtubeのHapa英会話がおすすめ。リアルに使える実用的なフレーズを学べるよ。」

英語が伸びない人に共通すること

夫「英語が伸びない人に共通しているのは、話すことをしないこと。ネット英会話をやろうとしない、外国人の友達を作ろうとしない、音読しようとしない。

効率の良い英語勉強法を求めてるはずなのに、自分がやりたいことしかやらないのはちょっともったいないと思う。

独り言っていうやり方もあるけど、それはしっかり音読できるスキルが土台にあるからできる練習方法。まずは音読ができないと、ずっと話せるようにはならないかな。

りか「じゃあ、やっぱりインプットとアウトプットをバランスよくやっていかなきゃね。」

夫「そう。通じる言葉を話して、相手にわかってもらって、相手の言うこともわかって、というのが会話だし、それができるようになるためには机に向かってガリガリというのは一番やっちゃいけないと思う。」

音読から始めてみよう

夫の英語学習方法を対談方式でご紹介しました。

もちろん、色々な人がいて、それぞれに合ったやり方があると思うので一概には言えないのですが、音読がリーディングやリスニングにも繋がってくるというのは、一理あるかなと思いました。

もし、「一通りの勉強方法を試したけど、うまくいかなくて…。」という人がいたら、試してみてはいかがでしょうか。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。誰かの参考になれば嬉しいです。