おうちで握り寿司を作ると楽しいよ

「握り寿司は外で食べるもの」と思っている人は多いと思います。私自身も、お寿司が食べたくなったら、スシローやかっぱ寿司、くら寿司に行くのが定番でした。

しかし、ある日握り寿司を家で作ってみたらすごく美味しかったんです。しかもワイワイやれてすごく楽しい。

今回は、おうちで握り寿司をオススメしたいと思います。

「おうちで握り寿司」の良いところ

おうちで握り寿司の良いところを紹介します。

予想以上に簡単

先日、夫婦で握り寿司パーティをしました。酢飯を作って、刺身パックのお魚をネタに、ぎゅっぎゅっと握れば完成。すごく簡単でした。

なんとなく「握り寿司って難しそう」というイメージがありますが、こだわらなければ誰でも握れるんだと思います。

握り方は、後半に参考にしたyoutubeを紹介するので見てくださいね。

できたてを食べられるので美味しい

もちろん高級店で食べるような寿司にはなりませんが、自作握り寿司って結構美味しいんです。

おそらく人肌くらいの温度だからだと思います。外食チェーンやスーパーなどで売られている握り寿司って、シャリが冷えていたり、ネタが解凍直後でキンキンに冷たくなっていたりしませんか?

おうちで握り寿司をすれば、できたての握り寿司を食べられるので、思っていた以上に満足度が高かったです。

外食に比べると少しだけ安い

おうちで握り寿司を作ると、外食よりもちょっとだけ安くなります。ネタの買い方次第にはなりますが、今回作ったようなネタの種類(ネタ:マグロ、サーモン、甘エビ、ホタテ、ぶり、イカ、うに、いくら、中トロ、個数:計18〜20個)だと、1人1500円くらいでした。

お刺身のファミリーパックを買うと、多くのネタをちょっとずつ食べられるのでオススメです。

用意するもの

本格的にやろうと思ったら、もっとこだわるべきなのでしょうが、自分たちで食べるだけなので、思いっきり手抜きしました。用意したものは、これだけです。

  • 寿司酢
  • ご飯
  • のり
  • 刺身パック
  • ビニール手袋

寿司酢のレシピは、ググればたくさん出てきます。好みの味を作ってくださいね。

作り方

大きめのボウルにご飯を入れて、寿司酢と混ぜます。ビニール手袋をはめて、刺身パックのネタを左手に取り、酢飯を右手にとり、握るだけ。

軍艦は、のりをあらかじめ細長く切っておきます。しゃりをまとめたら、のりを巻きつけて、上にネタを乗せるだけ。

とっても簡単です。

お寿司の握りかた

youtubeにお寿司の握り方がアップされていたので、そちらが参考になります。

1分間に10個はちょっと無理ですけど(笑)、1分間に1個くらいのペースだと握れると思います。

動画では手を湿らせて酢飯をとり握るのですが、ビニール手袋でも特に問題ありませんでした。慣れてきたら、寿司酢で手を湿らせる方法にも挑戦したいですね。

強いて注意点を挙げるなら、しゃりの量です。15gが基本の量らしいのですが、目分量で手に取ると多くなりがちなので、思っている量の半分〜3分の2くらいで調整すると良い感じになると思います。

まとめ

おうちで握り寿司を作るのって思っている以上にすごく簡単です。温かい握りたてのお寿司はとても美味しいですし、何よりワイワイ握っている時間がすごく楽しいですよ。

コスパ的には外食チェーンとトントンくらいなので、ネタの豊富さという点で言えば、若干負けてるかな(笑)

でもなかなか味わえない楽しさだと思うので、ぜひやってみてください。

それでは、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。どなたかの参考になれば嬉しいです。