お金をかけずに暮らしを豊かにする方法を考察

私たちは、生活するためにはお金がないと暮らしていけないですよね。毎日ご飯を食べるために仕事をしていると言っても過言ではありません。

しかしよくよく考えると、これは極論ですが、もしお金を使わない生活が出来れば、働かなくてもいいということになりますよね。

お金のために働いているのだから、生活する上でお金が必要なければ、働かなくてもいいというロジックになります。

しかしお金をかけずに豊かな暮らしを作る方法はあるのでしょうか?

今回は、できるだけお金を使わずに豊かに楽しく暮らす方法を考察していきます。

お金の3つの役割と性質

そもそもお金の役割、性質は3つあります。

  • 交換
  • 保存
  • 尺度

それぞれ詳しく解説していきます。

交換とは

まず一つ目のお金の役割は交換です。私たち人間はお金を媒介することで、様々なモノやコトと交換しています。

お金という媒介物質がない時代は(それこそ数年前の話ですが)、物々交換が主流でした。

しかし物々交換はあまりにも不便で、交易が活発になってくると交換をスムーズにする媒介物質が求められるようになりました。長い歴史をかけてお金という媒体を生み出したのです。

お金は私たちが暮らしていく上で必然的に生まれてきたものといえます。

保存とは

次に保存の役割ですが、これは価値を保存しておくことができるという性質です。

お金が生まれるまでは、人々は貝がらやお米、麦などを交換の際の媒介物質として使っていました。

しかし、これらは非常にかさばる上に、計算がしづらく、さらに保存期間に一定の寿命があり、価値を数十年にわたって保存しておくことは難しかったのです。

そこで、金や銀などが使われるようになりました。金や銀はその価値を保証するには最適だったものの、大量生産が難しかったことから、次第に紙が使われるようになりました。

その国の王がその価値を認めた紙、現在で言うところの紙幣が生まれたのです。紙であれば持ち運びがしやすく、計算がしやすく、半永久的に価値を保存しておくことができるというわけです。

尺度とは

最後に尺度についてです。お金があることで、そのものの価値を誰に対しても一定の価格にすることができます。

物を販売するときに、いくらであると値付けすれば、世界中の人々にその値段であると認識してもらえます。

値段が高ければ高いほど、そのものに対して原材料や労働力が使われていると考えることができます。一見しただけでは分からないそのモノの価値を、 値段を付けることによって言語を介さずに伝えることが可能となります。

これがお金の持つ尺度の役割です。

お金を使わず人生を楽しむには?

さて、お金を使わずに人生を楽しむというテーマで考えていくと、お金がもつ3つの役割のうち重要なのは保存のみです。

お金を使わずに人生を楽しむコツは、交換と尺度をハックすることにあります。

交換をハックする

ここで皆さんに考えていただきたいのは、お金を介さずに交換できないか?という視点です。

今の世の中は、高度経済成長の時代を終えてモノ余りの時代に突入しています。物を手に入れるだけであれば、様々な手段が使えます。

例えば、ジモティーや0円マーケットなどでは、物々交換が頻繁に行われています。物を処分するにもお金がかかりますから、必要としている人に渡せたらその方がいいという人はけっこう多いんですね。

他にも、楽天経済圏に移行するという手段があります。

例えば家計のクレジットカードを楽天のものにすることでポイントが貯まっていきますよね。そのポイントで、毎月の食料や消耗品を購入すれば、お金を介さずにモノが手に入ります。さらに楽天のサービスは、スマホや電気・ガスなどもカバーしているので、楽天経済圏にいる人はそれこそほぼお金を使わずに普通の暮らしを送れます。

他にも、ふるさと納税を活用することで、お肉やお野菜、お米を調達することができます。2000円という自己負担はありますが、それでも格安で消耗品が手に入ることに変わりはありません。

こういったサービスを利用すれば、お金を介さずに欲しいものが手に入ります。

尺度をハックする

次に尺度をハックするという点についてみていきましょう。

尺度をハックするというのは、自分ならではの価値基準で生きるということを意味します。

順を追って説明しますね。

まず物の価値は、値付けによって世界中の人に認知してもらうことができると説明しました。

しかし、その価格の中には、実際に使われている原材料の他、人件費、広告料、デザイン費、営業費、店舗運営に関するバックオフィス費用、など諸々がかかっています。

その上で粗利益を乗せて価格を設定するのですが、この粗利益そのものがとても高いものがあります。それがブランドものです。

ブランドの商品は、それ自体に高級感や特別感を持たせることで、持つ人の承認欲求を満たすという効果があります。さらにブランドショップの店員は、お客様のことをまるで王様や王女様のように扱うので、ストレス発散として使っている人もいるそうです。

粗利益が非常に高いのにも関わらず多くの人が買い求める理由は、この承認欲求にあります。

もし自分ならではの価値基準で生きることができれば、承認欲求を満たすような類の商品に左右されることがなくなります。自分で商品の素材や手間を見極めた上で、納得して購入できるようになるということです。

このように交換と尺度をハックすることで、かなりお金から解放されます。

まとめ

まとめます。お金の持つ性質は三つありました。

交換と保存と尺度です。

これらのうち、今の時代に最も重要なのが保存で、それ以外の交換と尺度はある程度ハックすることができるということをお伝えしました。

今の時代、お金を介さずに交換する方法はいくつもありますし、尺度についても自分の価値基準で判断できるようになると、ブランドものだからいいとか、有名なコスメブランドだから素晴らしいというような先入観をなくすことができます。

このようにお金から解放されることで、随分と生活しやすくなるのではないでしょうか。

それでは今回も最後までご覧頂きありがとうございました。この記事がどなたかの役に立てば嬉しいです。