お金の賢い使い方とは?お金持ちの3つの使い道

お金って、人それぞれの価値観が如実に反映されますよね。

今まさに貯蓄に励んでいる人もいるでしょうし、宵越しの金は持たないという美学をもとにぱーっと使っちゃう人もいると思います。

私は個人的に、お金というのは貯めるよりも使うほうが難しいなと感じています。

どうでしょう皆さん、使うのって難しくないですか?

今回は、 そんな私が 様々なお金持に関する本などから得た情報をもとに、こういう風に使ったら有意義なんじゃないかなというお金の使い道をご紹介したいと思います。

もしよければ参考にしてみてください。それでいきましょう。

お金を有意義に使うには

お金を有意義に使うために、 多くの資産家やファイナンシャルプランナーの方が、 色々な角度からお金について解説しています。

特に知っておきたいのが、浪費、消費、投資の3区分と、ニーズとウォンツという区分です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

浪費・消費・投資の3区分

あなたの月の支出は、大きく浪費と消費と投資の三つに分けられるという考え方です。

お金の使い方を自分なりにはっきりさせることで、浪費を少なくして、消費を最低限にして、投資を増やしていくことがゴールとなります。

投資というのは、 お金が増える使い方です。そして消費は、生活に必要なだけの支出です。そして浪費というのは、 本来なら使わなくてもいい支出のことです。

実はこの定義はかなり曖昧で、あなたが投資と思えば投資だし、消費だと思えば消費、浪費だと思えば浪費となります。

ただひとつ言えることとしては、ほとんど全ての支出を投資にすることであなたの財政状況はかなり健全になりますよということです。

投資というのはとても意味が広くて、自分のスキルや能力を開発するために塾に通うとか、仕事用の機材を揃えるとか、リフレッシュするために温泉に入るとか、こういうことも投資と言えます。

判断基準は、使ったお金以上のリターンが返ってくるかどうかです。だからほとんどのことはあなた次第ということにはなってしまうんですが、お金を使ったらそれ以上のリターンを得るぞという気持ちでいることがすごく大事です。

欲しいものか必要なものか

次に、欲しいものなのか、必要なものなのかで判断する方法もあります。

例えばミニマリストの方達は、必要なものしか身の回りにおいてないですよね。欲しいものではなく、必要であれば買うし、 必要なければ買わないというのがミニマリストさん達の価値基準です。

一方、必要なものは全くお金をかけず、欲しいものにたっぷりとお金を使うという人たちもいます。これはまぁ言ってみれば、オタクの人たちですね。何かに強烈に興味関心がある人達は、必要なものには意に関せず、趣味にひたすらお金を注ぎ込みます。

ここで言いたいのは、どちらがいいか悪いかではなく、どちらがあなたらしいかということです。どういうお金の使い方をしたらあなた自身を満足させられるのか、これをイメージしてみるといいと思います。

おすすめのお金の使い方

それでは、 お金持ちの人たちはどのようなお金の使い方をしているのでしょうか。

私なりに様々なマネー系の本を読んできて、 ある程度結論づけることができたのでご紹介したいと思います。

時間を買う

まず、お金持ちの人たちは時間を買っています。時間を買うってどういうことかと言うと、

例えば

  • 一般の人が電車で移動するところをタクシーで移動する
  • 食事を自分で作るのではなく Uber eats を使う
  • 掃除や洗濯などの家事の時間を省略するために家電を買う

これらはすべて時間を買う行為になります。

お金で時間を買うことによって生まれたゆとりある時間を使って、さらに仕事をしたりとか、家族と団欒することに使ったりとか、そのようにして人生を充実させています。

体験を買う

次に体験を買うということですね。

例えば、海外旅行はその典型例だと思います。お金持ちの人は特に旅行が好きですね。それもパッケージツアーというよりは、自分でチケットを取って自分が行きたいところを自由に見て回るという旅行の仕方をします。

傍から見ると豪遊して旅行を満喫しているように見えるんですが、実際のところは海外で 知見を得ることを目的にしています。

ビジネスは基本的にアービトラージ(=価値の価格差、歪み)でできているので、海外を旅することでそういう視点が見つかりやすい、らしいです。

体験を買うというのは、心理学的にも非常に効果があると言われています。物を買ったときの満足は長く続かないのですが、体験を買うことで一生色褪せない思い出ができ、満足に繋がるそうです。

知識を買う

そして最後に知識を買うことです。

本を読むこともそうですし、習い事をしたり、交流会に参加したりというのもそうだと思います。

知識や情報を得ることで、仕事につながるので、人的資本を高めていることになります。そうして得た知識や情報を使ってさらにビジネスを展開できますし、仕事にも活きてくると。

このように、時間を買う、体験を買う、知識を買う、というのがお金持ちのお金を使い方です。こう見るとどれも、上記の三区分というところの投資になってますね。

まとめ

それではまとめます。

お金の使い方としては、 浪費、投資、消費の3区分の考え方と、ニーズとウォンツという考え方がありました。

そしてお金持ちたちのお金の使い方は、時間を買う、体験を買う、知識を買うという使い方でした。

ちなみに世界一の大富豪だと言われているウォーレンバフェットは、中古で買ったこじんまりとした一軒家に住んで、ボロボロの愛用車にずっと乗っているそうです。

だから何が価値のあることなのかは本当に人それぞれですよね。自分らしいお金の使い方できるといいなと思いました。

それでは今回も最後までご覧頂きありがとうございました。この記事がどなたかの役に立てば嬉しいです。