自分軸で生きるって何?「7つの習慣」の興味関心の輪から考える

皆さんは「自分軸で生きる」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

最近よく耳にする言葉かなと思いますが、この言葉の意味するところはなかなか抽象的ですよね。

自分軸で生きるとはいったいどういうことなのでしょうか?

今回はこの点について、 スティーブン・コヴィー博士の七つの習慣という書籍に書かれている「興味関心の輪、影響力の輪」から考えてみたいと思います。

どなたかの参考になれば幸いです。それではいきましょう。

スティーヴン・コビー博士「7つの習慣」について

まずは書籍の紹介からさせていただきます。

スティーブン・コヴィー博士によって書かれた7つの習慣という書籍は、キングオブ自己啓発書とも呼ばれるほどのベストセラーで、多くの方に読まれている本です。「自己啓発書はこの一冊で OK」という声もあるくらいです。

かなり分厚めの方にはなりますが、 読みやすい文体で書かれているので興味のある方はぜひ一度お手に取ってみてください。

興味関心の輪、影響力の輪とは?

今回の題材は、7つの習慣に書かれている「興味関心の輪、影響力の輪」という考え方についてです。

ざっくりと説明させていただくと、人は興味関心の輪と影響力の輪を持ち、その人がどこにどれだけ時間やエネルギーを使うかで主体的かどうかがわかるという考え方です。本書から引用します。

私たちは皆それぞれ、多くの関心事を持っている。健康、家族、仕事の問題、経済、世界の平和など。関心の輪を描くことで、関心を持っている事柄と関心を持っていない事柄とを分けることができる。

そして、関心の輪の中に入っている事柄を見つめれば、実質的にコントロールできないものと、コントロールできるもの、あるいは大きく影響できるものがある、ということがすぐに分かる。(略)

自分が時間やエネルギーの大部分を、この二つの輪のどちらに集中させているかを考えることにより、主体性の度合いをよく知ることができる。

主体的な人は、努力と時間を影響の輪に集中させ、 自らが影響できる事柄に働きかける。(略)

一方、反応的な人は関心の輪に集中している。他人の欠点、周りの環境、自分のコントロールの及ばない状況などに集中する。これらのものに集中すると、人のせいにする態度や反応的な言葉、あるいは被害者意識を作り出すことになる。反応的な人は(略)影響の輪は次第に小さくなる。

人はそれぞれ、興味関心があることと、ないことの二つがありますよね。そして多くの場合、興味があることの範囲内に、自分の影響力があります。

具体的に考えみましょう。 たとえば小学校の先生を思い浮かべてください。

この先生の場合、 興味関心は自分のクラスの生徒にありますよね。そして自分の受け持つ生徒たちに対して影響力も持っています。先生が何を言うか、 何をするのかは、 先生の受け持つ教室の生徒に影響を与えます。

このように、人にはそれぞれ興味関心の輪があり、さらに影響力の輪があります。そして、この輪の大きさは人によって様々です。

他人軸で生きている人の特徴

七つの習慣の中では「反応的な人」 という人が出てきました。これを現代に置き換えてみると、反応的な人とは他人軸で生きている人と言えます。

スティーブン・コヴィー博士によると、 反応的な人(つまり他人軸で生きている人)は、興味関心の輪が大きく、影響力の輪が小さくなります。

なぜかと言うと、他人軸で生きる人たちは自分のコントロールできない事柄(つまり関心の輪)に意識が集中し、消極的なエネルギーを生み出し、影響力の輪を縮めてしまうからだそうです。

ちょっと分かりづらいですね。 もう少し分かりやすく説明します。

他人軸で生きている人は、自分の置かれている環境や他人の言動、周囲の目など、自分がコントロールできない点に興味や関心を持ちます。

そして、環境や他人については自分がどう頑張っても変えることができません。するとどうなるかと言うと、努力しても仕方がないという考えになったり、 無力感が増していきます。

実際には自分が影響を与えられる範囲(影響力の輪)は存在しているのですが、 そちらに意識が向かないので、どんどん消極的になってしまう。そして消極的になるが故に、もともと持っていた影響力の輪まで小さくなってしまう。このようにして、他人軸で生きる人は影響力の輪が縮小するサイクルに入ってしまいます。 

自分軸とは興味関心を自分に向けること

一方で、自分軸で生きる人(本書でいうところの主体的な人)はどのようにしているのかというと、まず興味関心を自分がコントロールできる範囲に向けます。そして、徐々に自分の影響力の輪を伸ばすために努力します。 

自分がコントロールできる範囲ってなに?と思いますよね。例えばこんなものがあります。

  • 今日どこに行くか?
  • 誰に何を言うか?
  • 何をするか?
  • どんな気分でいるか?

「なんだ、こんなこと?」と思われるかもしれませんが、意外とこのように考えられている人は多くはないのではないかと思っています。

上記を他人軸で生きている人に置き換えるとこうなります。

  • 今日はどこに行かなきゃいけない?
  • あの人から何と言われるだろう?
  • 何をするべきだっけ?頼まれていたことは?
  • あの人の言動で気分が最悪だ

自分軸は主体的、他人軸は反応的という違いがあります。

こちらをご覧の皆さんには、朝起きてから、自分がどんなことを考えているだろうと振り返ってみていただいて、自分が考えていることや、興味や関心を抱いている内容が、 自分軸なのかあるいは他人軸なのかを分析してみると、客観視しやすいと思います。

自分軸と自分勝手の違いは?

自分軸で生きると聞くと、 自分勝手に生きるとどう違うんだろう?という疑問も湧いてくると思います。この点については、 私自身は最終的に責任を持つかどうかが肝かなと思います。

七つの習慣から引用させて頂きます。

主体性という言葉を聞くと、それは押し付けがましく、 強引で、わがままで、無神経になることだと考える人もいる。しかしそれは全く違う。主体的になるということは、押し付けがましくなることではなく、賢くなることなのだ。価値観に基づいて行動し、現実を正しく認識し、その中で他人の気持ちや周りの状況を理解することなのである。

自分軸で生きるためには、他者を理解し、現状を受け入れ、周囲と建設的な関係を築くことが大事であるということですね。

自分勝手に生きていると自分軸では生きられないとも言えると思います。なんだか哲学的というか、逆説的ですね。

まとめ 

では今回の記事をまとめます。

自分軸で生きるとはどういうことか? という疑問については、 スティーブン・コヴィー博士による7つの習慣という書籍の中の、興味関心の輪、影響力の輪という考え方で説明がつくと思います。

他人軸で生きている人は興味関心の輪が大きくて影響力の輪が小さい傾向にあり、自分軸で生きている人は興味関心の輪と同等程度の影響力の輪があります。

自分軸で生きている人は自分がコントロールできることに集中し、そのため自分の影響力を伸ばしていくことができる、ということでした。

こちらを読んでいる方の自分軸についての疑問が少しでもスッキリしていたら幸いです。

それでは今回も最後までご覧頂きありがとうございました。この記事がどなたかの役に立てば嬉しいです。