最近、普通や常識という言葉を使わないようにしている話

  • 普通はそうこうすると思わない?
  • こうするのが常識でしょ
  • なんて常識はずれなんだ

こういった言葉は日常生活の中でよく聞くかと思います。私自身子供の頃は、常識だからと言われたときは「そういうものなのか」と思って受け入れてきましたが、 最近になってこの言葉の持つ重みを感じるようになりました。

最近はできるだけ「普通」や「常識」という言葉を使わないようにしています。

今回は私と同じように、 普通や常識という言葉に対して疑問を感じている方に共感してもらえたらと思い書いています。 もし良ければご覧ください。

普通、常識に含まれる言外の意味

そもそも普通、常識とは、大多数の人が行なっていることや、大多数の人が感じている考え方という意味です。

そのほかの意味はないはずですが、現状、普通や常識という言葉を使うときは「 多くの人がやっていることなのだから、あなたも同じようにやりなさい」というニュアンスが含まれています。

本来ならば、 大多数の人がやっていること=自分がやるべきこと、という方程式は成り立たないはずです。

しかしこの暗喩がまかり通っていますよね。それはなぜか?と言えば、発する側の都合があるからです。

常識にはルール、規範と同じニュアンスがある 

相手を納得させたいけれど、それに足るロジックを持ち合わせていないとき、従わせる側にとって常識というのは便利な言葉です。

なぜそれをするのか?という問いに対して、「常識だから」「普通だから」と答えれば、多くの日本人は押し黙ります。そして、それをやることの意味やロジックを説明する手間が省けます。誰もが納得するようなロジックを持ち合わせていなくても相手を従わせることができます。まるでルールや規則と同じような使われ方ですよね。

言う方も言われて従う方も「なぜ?」と思考することをやめてしまっています。

常識、普通が通用する範囲とは

では、なぜ常識だからと言われると人は黙ってしまうのか?と言えば、

常識=多くの人がやっていること=正しいこと=従うべきこと

という刷り込みがあるからです。

しかし、多くの人がやっていることや信じていることでも、振り返れば間違っていたことは往々にしてありますし、それは歴史が証明しています。

たとえ大多数の人に信じられているような価値観や考え方があったとしても、 歴史を通して鑑みればそれは一時代、その地域でのみ通じる事柄に過ぎません。

私たちが信じている常識や普通のこととは非常に狭い範囲の事柄にすぎないんですよね。これは時間軸においても、 地理的な意味においてもです。常識や普通というのはとても頑丈なもののように見えますが、実際にはものすごく脆いものだと思えてきます。

人類史においては、常識や普通が示す範囲はとても狭く、そして時代の変遷によりみるみる変化していきます。

時代遅れの言葉になりつつある 

出典を忘れてしまったのですが、 「世の中が良くなることというのはみんなが多様性を認められる世の中になることである」という言葉を聞いたことがあります。多様性を認めるということはつまり、一人一人が自分らしく生きることの価値を認め合うことです。

2021年のこの世界では世界各国で多くの人たちが、これまでの価値観を覆そうと声を上げていて、インターネットはその流れをますます加速させています。最近では女性の社会的活躍やLGBTQの認知も加速度的に広まっていますよね。 

今の私たちは、大きなパラダイムシフトの真っただ中にあり、これまでの常識や普通という概念が揺らぐ時代に生きているように思います。おそらく今後10年20年とかけて、私たちの価値観や、それこそ常識とされている事柄は一変していくのではないでしょうか。

未来は分からないですが、常識や普通という言葉を使っていると、時代遅れの人だと認定されてしまいそうな気がしています。

まとめ

ここまでをまとめると、

  • 普通や常識にはルールや規範と同じニュアンスが含まれる
  • 常識が通用する範囲は狭い
  • 今後ますます時代遅れの言葉になりそう

ということでした。そういうことなので私自身は最近、できるだけ「普通は〜」「常識は〜」という言葉を使わないようにしています。いや、まぁたまに使っちゃいますけどね。できるだけ使わないようにしたいし、言われても思考をやめないようにしたいなと思っている今日この頃です。

ここで書いたことを数年後、数十年後に振り返ってみたときに、この頃はまだ常識や普通という価値観が横たわっていたんだよなと思っていたら面白いなと思います。

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。この記事がどなたかの役に立てば嬉しいです。